サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『ゲロンティアスの夢』 コリン・デイヴィス&ロンドン響、レンドール、オッター、他(2CD)

『ゲロンティアスの夢』 コリン・デイヴィス&ロンドン響、レンドール、オッター、他(2CD)

  • 発売日:2006/07/20
  • レーベル:Lso Live
  • カタログNo.:LSO0083
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:UK
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『ゲロンティアスの夢』 コリン・デイヴィス&ロンドン響、レンドール、オッター、他(2CD)【CD】 2枚組

エルガー(1857-1934)

デイヴィス&ロンドン響によるエルガー崇高なる大作『ゲロンティアスの夢』LSO Liveレーベルからいよいよエルガーの『ゲロンティアスの夢(ジェロンティアスの夢)』が登場。...

もっと見る

『ゲロンティアスの夢』 コリン・デイヴィス&ロンドン響、レンドール、オッター、他(2CD)【CD】 2枚組

3,121(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

その他のバージョン

SACD 『ゲロンティアスの夢』 C.デイヴィス&ロンドン響&合唱団 UK輸入盤 発売日 : 2006/07/20 購入できません

商品説明

デイヴィス&ロンドン響によるエルガー
崇高なる大作『ゲロンティアスの夢』

LSO Liveレーベルからいよいよエルガーの『ゲロンティアスの夢(ジェロンティアスの夢)』が登場。交響曲全集を経て、新たに円熟の巨匠デイヴィスが手兵とともに取り組んだ意欲的プロジェクトです。
 この死を目前にした人間の魂の問題を扱ったエルガーの最高傑作は、メンデルスゾーンに『エリア』を委嘱したことでも知られる由緒あるバーミンガム音楽祭の委嘱を受けて1900年に完成初演されました。しかし準備不足もあって初演は失敗に終わり、その後、ドイツで演奏されて高い評価を獲得、3年を経た後にロンドンで再演されて大成功を収め、以後、『エニグマ変奏曲』と並ぶエルガーの代表作として人気を博すこととなります。
 ジョン・ヘンリー・ニューマン枢機卿[1801-1890]のテクストによる内容は、主人公ゲロンティアスが死の淵で魂の救済について天使や神と問答を繰り広げるというもの。デイヴィスは公演前のインタヴューで作品について次のように述べています。
「死についての音楽を書こうとすると、ふつうならレクィエムあるいは名の通った歴史上の人物の死を描くところですが、ここでは死そのものにまつわる実際のプロセスを扱っている点で独創的。まさに過去に例のないまったく新しいタイプの、真に偉大な作品なのです。」
 実際、この言葉通りに心の底からの共感を寄せるデイヴィスのドラマ作りは最高です。二部構成で演奏時間一時間半を超える長丁場を完璧にまとめ上げています。加えてソリストの健闘も光ります。2003年スカラ座来日公演でのオテロが好評だったデイヴィッド・レンドールの思慮深い歌唱、尻上がりに調子を上げてゆくオッターに、深みある役どころを演じきったマイルズ。そして、最後のカギを握る“合唱”の表現力の豊かさは圧巻。ゲロンティアスの友人たちや、悪魔、煉獄の魂たち、清らかな霊などを巧みに描き分けて間然するところがありません。クライマックスの天上の合唱『いと高きところでは、聖なる方をほめたたえよ』などでも清澄かつ深遠に、エルガーらしい気高い音楽を感動的に歌い上げています。
 バービカン・センターの短めの残響もこうした大編成の作品の場合にはプラスに作用しており、美しさと重厚さを兼ね備えた解像度高いサウンドが魅力十分。モニュメンタルな作品の優れた演奏にふさわしい仕上がりとなっています。

・エルガー:『ゲロンティアスの夢』Op.38

 ゲロンティアス:デイヴィッド・レンドール(T)
 天使:アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(Ms)
 司祭、苦悩の天使:アラステア・マイルズ(Bs)
 ロンドン交響合唱団
 合唱指揮:ジョセフ・カレン
 ロンドン交響楽団
 指揮:サー・コリン・デイヴィス

 録音時期:2005年12月11&13日(ライヴ)
 録音場所:ロンドン、バービカン・センター
 プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン
 エンジニア:ニール・ハッチンソン&ジョナサン・ストークス

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。