サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』 菊池洋子、沼尻竜典&オーケストラ・アンサンブル金沢(ハイブリッドSACD)

ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』 菊池洋子、沼尻竜典&オーケストラ・アンサンブル金沢(ハイブリッドSACD)

  • 発売日:2005/08/24
  • レーベル:Avex Classics
  • カタログNo.:AVCL25041
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』 菊池洋子、沼尻竜典&オーケストラ・アンサンブル金沢(ハイブリッドSACD)【SACD】

モーツァルト(1756-1791)

第8回モーツァルト国際コンクールで日本人として初めて優勝菊池洋子のモーツァルト・アルバム第1弾ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』菊池洋子、沼...

もっと見る

ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』 菊池洋子、沼尻竜典&オーケストラ・アンサンブル金沢(ハイブリッドSACD)【SACD】

3,086(税込)

ポイント :28pt

SACDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467 第1楽章 : Allegro Maestoso
  2. ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467 第2楽章 : Andante
  3. ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467 第3楽章 : Allegro Vivace Assai
  4. ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.311 <トルコ行進曲付き> 第1楽章 : Tema.andante Grazioso E Variazioni
  5. ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.311 <トルコ行進曲付き> 第2楽章 : Menuetto
  6. ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.311 <トルコ行進曲付き> 第3楽章 : Alla Turca (Allegretto)

商品説明

第8回モーツァルト国際コンクールで日本人として初めて優勝
菊池洋子のモーツァルト・アルバム第1弾
ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』
菊池洋子、沼尻竜典&オーケストラ・アンサンブル金沢(ハイブリッドSACD)

このアルバムはハイブリッド・タイプのSACDなので、通常CDのステレオ音声のほか、SACDのステレオ音声(2.0)、SACDのマルチチャンネル音声(5.0)という3つの音声が収録されています。
 直接音の切れ味、楽器の音の細密な描写を味わうのであれば2チャンネル・ステレオが、ホールに響く全体の雰囲気を味わうにはマルチチャンネルが適しているとよくいわれますが、それらを聴き較べて楽しむのもハイブリッドSACDならではの楽しみと言えるでしょう。

【収録曲】
・ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467
・ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331『トルコ行進曲付き』
 菊池洋子(ピアノ)
 オーケストラ・アンサンブル金沢(協奏曲)
 沼尻竜典(指揮、協奏曲)
 録音:2005年3月、石川県立音楽堂 音楽ホール

【菊池洋子プロフィール】
群馬県前橋市生まれ。桐朋学園女子高等学校音楽科で故田中希代子、林秀光の各氏に師事。卒業後、イタリアのイモラ音楽院に留学し、フランコ・スカラ、アントニオ・バッリスタ、フォルテピアノをステファノ・フィウッツィに師事。97年にミラノでデビュー・リサイタルを行う。同年ユベール・スダーン指揮、シチリア交響楽団のコンサートツアーのソリストに抜擢され、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を3夜連続で演奏し絶賛された。2002年1月、ザルツブルクで行われた第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝。翌年には夏のザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演し、アイヴァー・ボルトン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第21番で共演し、大成功をおさめた。日欧でリサイタルやオーケストラとの共演を重ね、高い評価を得ている。デビューCDが「第18回ミュージック・ペンクラブ賞」クラシック部門録音・録画作品賞(日本人アーティスト)を受賞した。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。