サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

Where Is Love

CD

Where Is Love【CD】

Jerry Harris

ソウル・マナー溢れるヴォーカル、ジャジーなアプローチでメローに聞かせるインスト・ナンバー、ゆっくりと時を刻むかのようなドラム&ベース、あくまでボーカルを生かす為に抑制気味...

もっと見る

Where Is Love【CD】

税込 2,530 23pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Just Once
  2. Where Is Love
  3. Too Young
  4. You're My Life Line
  5. You're So Sensitive
  6. Summer Life
  7. Choose Me To Used Me
  8. You Don't Have To Be Isolated
  9. Music World
  10. Cant Do It
  11. Everything Is Wonderful
  12. Thank You
  13. Life Line Ballad
  14. Only You Girl
  15. Sax Jazz Reggae Jam
  16. Only One

商品説明

ソウル・マナー溢れるヴォーカル、ジャジーなアプローチでメローに聞かせるインスト・ナンバー、ゆっくりと時を刻むかのようなドラム&ベース、あくまでボーカルを生かす為に抑制気味のキーボードやギター等のウワ物、そしてそれらを有機的に機能させる精緻なアレンジで、彼のポジティブなメッセージをリスナーに届けてくれています。晩秋~初冬の人恋しい季節にゆっくりと味わって頂きたい好盤です。

アーティスト紹介

Jerry Harris

再評価著しい”ワッキーズ”レーベルの音楽ブレインの一人であり、現在はジャマイカ~NYを行き来し、セッション・ミュージシャン&ライブ・バンドのギタリストとして多忙なジェリー・ハリス。今回、3年振り(2005年11月現在)となる新作の発表で、NYラヴァーズ・レゲエの真髄を教えてくれる...。彼の素晴らしい功績を辿ってみます。 本名:アラン・ハリス
生年月日:1955年12月27日生
出身地:ジャマイカ・ポートランド

ジャズ、カリプソ、メントなどジャマイカのホテルなどでプロとして演奏していた父の影響を受けミュージシャンを志し、北部の観光地ポート・アントニオ執念でステージ・ショウを中心に多くのアーティストのバックを勤めるといったキャリアからスタート。

ジェリーという名前は彼のギター・スタイルがThe Skatalitesのギタリスト、ジャー・ジェリーに似ていたことから彼の友達によって付けられたものだとか。

1972年、ミュージシャンとしてのさらなる可能性を求めて渡米。様々な経験を重ねながら、NYへと拠点を移し、1975年、伝説的なレーベル”ワッキーズ”に参加。

殆どのレコーディング・セッションに参加し、ソングライターとしても、Horace Andyや、Lee Perry、Jackie Mitto、Sugar Minott、Mikey Dread、Max Romeo、クライヴ・ハントら多くのワッキーズ作品に参加し、レーベル・オーナーであるブルワッキーと共にプロデュース・ワークも精力的にこなす。

実際、最近ようやくUKの著作権管理団体に登録されたアwッキーズの諸作品では、その殆どが共作者としてジェリー・ハリスの名がクレジットされている。

80年代半ばからは日本のプロダクション親交を深め、Nahkiのアルバムへの参加などでお馴染みの顔に。ニューヨークのレゲエ・ミュージシャンを選りすぐった”ワッキーズ・リズム・フォース”を自らリーダーとして編成し、ジャパン・スプラッシュなどを始め、数多くの来日を果たす。

ソロ・アーティストとしても87年にファースト・アルバム『I'm For You』をワッキーズより、そして2ndアルバム『Spreading All Over』を自身のレーベルよりリリースした後、90年『Rock This Session』、91年『Smile And Be Happy』をアルファ・エンタープライズよりリリース。

翌92年には、ポリスター(現ユニバーサル)より、アルバム『Nice 'N' Good To You』で、日本でのメジャー・デビューも果たす。95年には再びアルガ・エンタープライズより『Asahi』をリリース。

その後多くのレゲエ・アーティストの米メジャー契約に伴い、アメリカでのステージ・ショウのバックアップが飛躍的に増えたことに、一時的に自身の活動を控え、スタジオ/ステージ・ワークを精力的にこなすようになるが、01年、ユニバーサルからのソウル・クラシックスをレゲエ・カヴァーしたコンピ『Covers for Lovers』プロデュースを機に音楽活動を再開。

02年、自身のレーベル、”Listen Up Records”を立上げラヴァーズ・ロック~ロックステディを中心としたアルバム『Lovers Rock Tonight』をアメリカでリリース。同年9月、アルファ・エンタープライズより同作品をアレンジし、『New York Jazz Reggae Jam』としてリリース、好評を得。

その後、落ち着いたペースで気のあうミュージシャンたちとセッションを重ね柄、良質な自身の作品を作り続けている。ちなみに日本人の奥さんと3人の子供を持つ親日家でプライベートでの来日も多い。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。