サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

Hiding Place + Cage Of The Sun

  • 発売日:2003/07/23
  • レーベル:Wonder Release
  • カタログNo.:UKWR004
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD

CD

Hiding Place + Cage Of The Sun【CD】

sugar plant

セカンド・サマーオブラブの狂乱のあとの静けさの中登場したのがこのSugar Plant。深いエコーサウンドとゆるやかなビートはGALAXIE 500やYO LA TENG...

もっと見る

Hiding Place + Cage Of The Sun【CD】

1,836(税込)

ポイント :17pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Slowdown
  2. In A Way
  3. Orange Filter
  4. Fragile
  5. Route 128
  6. Hiding Place
  7. All Alone
  8. Wonder Wheel
  9. Cakes In The Shelf
  10. Summer Days
  11. Not So Good
  12. Sorry
  13. Venus
  14. Purple Bike
  15. My Spanish Boots
  16. Cage Of The Sun
  17. Turn It On
  18. Polar Bear

商品説明

セカンド・サマーオブラブの狂乱のあとの静けさの中登場したのがこのSugar Plant。深いエコーサウンドとゆるやかなビートはGALAXIE 500やYO LA TENGOなどのアメリカン・インディーとリンクしながら静かにその支持をひろげていきました。そのサウンドはアメリカやヨーロッパでも高い評価を得、いままですべてのリリースは海外でも発売されている。今回の再発には1stアルバム、それにつづくミニアルバムと海外のレーベルで7インチのみの発売となったレア・トラックスを収録!

アーティスト紹介

sugar plant

1993年に結成、インディー・バンドとして活動を開始。95年に1stアルバム『hiding place』を日米同時リリースし、以後すべての音源は海外でもリリースされている。同年には初のアメリカ・ツアーを行い、翌1996年にはアメリカでレコーディングした曲を含むミニ・アルバム『cage of the sun』をリリースし、

1993年に結成、インディー・バンドとして活動を開始。95年に1stアルバム『hiding place』を日米同時リリースし、以後すべての音源は海外でもリリースされている。同年には初のアメリカ・ツアーを行い、翌1996年にはアメリカでレコーディングした曲を含むミニ・アルバム『cage of the sun』をリリースし、同年アメリカでレコーディングと二度目のツアーを行う。そこでレコーディングされた『After After Hours』ではクラブ・カルチャーからの影響を反映した斬新なサウンドでインディー・ファンだけでなくポスト・ロックや音響派など幅広いシーンから支持され、アメリカのカレッジ・チャートで大きな評判となる。次作『trance mellow』ではよりディープなスタイルを追求しクラブ・シーンでも評判となり、この頃から野外レイヴやクラブ・イベントでのライブが増える。
1998年リリースの『happy』は前作の『trance mellow』との2枚組でアメリカ発売となり、3度目のUSツアーを行う。
2000年エンジニアにDry & Heavy、Little Tempoの内田直之をむかえたアルバム『dryfruit』をリリース、2002年にはドイツ盤も発売された。
2002年には松本大洋原作の映画『ピンポン』のサントラに「rise」が収録され話題となる。
以後、マイペースにライブ活動を継続し2018年ついに18年ぶりのアルバム『headlights』が発売となる。
Galaxie500やYo La TengoなどのUSインディーに大きな影響受けたロック・バンドとして活動を開始、当初からはっきりと海外志向があり実際すべての音源が海外リリースとなっている。3度にわたるアメリカ・ツアーではSilver ApplesやLow、Yo La Tengoなどとの共演も経験し当時まだ人気のあったカレッジ・チャートでは大きな評判となった。
90年代中旬、日本のクラブ・シーンの黎明期をメンバーがその中心で体験したことによりバンドのサウンドもより広がりを見せ、ポスト・ロックや音響派の先駆けとしても評価は高い。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。