サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

Dangerously In Love

  • 国内送料無料

CD

Dangerously In Love【CD】

Beyonce

女性ガールズ・グループの最高峰Destiny's Childのリード・ヴォーカリストにして、その斬新なサウンドを自ら創り上げるヒット・プロデューサー、そして2002年夏に...

もっと見る

Dangerously In Love【CD】

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. クレイジー・イン・ラヴ
  2. ノーティ・ガール
  3. ベイビー・ボーイ
  4. ヒップ・ホップ・スター
  5. ビー・ウィズ・ユー
  6. ミー、マイセルフ・アンド・アイ
  7. イエス
  8. サインズ
  9. スピーチレス
  10. ザッツ・ハウ・ユー・ライク・イット
  11. ザ・クローサー・アイ・ゲット・トゥ・ユー
  12. デンジャラスリィ・イン・ラヴ2
  13. ビヨンセ・インタールード
  14. ギフト・フロム・ヴァーゴ
  15. ホワッツ・イット・ゴナ・ビー (Bonus Track for Japan)
  16. '03 ボニー&クライド (Bonus Track for Japan)
  17. ワーク・イット・アウト (Bonus Track for Japan)

その他のバージョン

CD Dangerously In Love AUS輸入盤 発売日 : 1970/01/01 購入できません
CD Dangerously In Love (Ltd) 国内盤 発売日 : 2006/08/30 購入できません
CD Dangerously In Love (Bonus Tracks) INT輸入盤 発売日 : 2004/05/25 購入できません
SACD Dangerously In Love UK輸入盤 発売日 : 2004/05/10 購入できません
SACD Dangerously In Love (Hyb) US輸入盤 発売日 : 未定(発売延期) 購入できません
CD Dangerously In Love EUR輸入盤 発売日 : 2003/07/14 購入できません
CD Dangerously In Love (Asian Edition) TWA輸入盤 発売日 : 2003/07/03 7~21日
CD Dangerously In Love (Asian Edition) HK輸入盤 発売日 : 2003/07/03 購入できません
CD Dangerously In Love UK輸入盤 発売日 : 2003/06/24 購入できません
CD Dangerously In Love AUS輸入盤 発売日 : 2003/06/20 購入できません
CD Dangerously In Love UK輸入盤 発売日 : 2003/06/23 1~3日
CD Dangerously In Love US輸入盤 発売日 : 2003/06/24 購入できません
CD Dangerously In Love AUS輸入盤 発売日 : 2006/12/26 購入できません
CD Dangerously In Love AUS輸入盤 発売日 : 2006/12/26 購入できません
CD Dangerously In Love UK輸入盤 発売日 : 2010/03/15 購入できません

商品説明

女性ガールズ・グループの最高峰Destiny's Childのリード・ヴォーカリストにして、その斬新なサウンドを自ら創り上げるヒット・プロデューサー、そして2002年夏には大ヒットシリーズ「オースティン・パワーズ」の最新作でヒロインを演じスクリーン・デビューを果たした、まさに時代をリードするニュー・ヒロインと呼ぶに相応しいアーティスト、BeyonceがDestiny's Childのソロ・ワークスの最終章としてリリースしたのが今作「Dangerously In Love」だ。
このソロ・アルバムでは、大物プロデューサーの名前はMissy Elliottの"Sings"くらいで、ほとんどの楽曲はBeyonce自身が作曲/プロデュースにかかわっている。ラジオ・フレンドリーなリード・シングル"Crazy In Love"ではChi-Litesの"Are You My Woman?(Tell Me So)"、"Naughty Girl"ではDonna Summerの"Love To Love You Baby"、"That's How You Like It"でのDeBargeの"I Like It"をサンプリング、"Be With You"や、御大Luther Vandrossとのデュエット"The Closer I Get To You"といったカヴァー曲など、以前から70s~80sソウルやR&Bを好んで聴いていたというBeyonceのセンスが随所に光っており、前半のアジアン・チックなダンス・トラック、中盤からのミディアム~スロウの応酬と、どの曲もBeyonceのヴォーカルの魅力が存分に引き出た作品だ。
これだけのアーティストだ。聴く前から悪い訳ないとは思っていたものの、やはり実際に耳にしてみるとBeyonceの猛烈な「ソウル愛」に痛く感動してしまった。美しいんですよ、見た目は勿論、歌も志も何もかも。デスチャで見せるパワフルさはソロでは少し控えめに、Beyonceの優しさ、可愛らしさに満ちたファンキー・ソウル・アルバムとなった。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

ダンス ランキング

ダンスのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。