サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第4番、他 ザンデルリング&ミュンヘン・フィル

交響曲第4番、他 ザンデルリング&ミュンヘン・フィル

  • 発売日:2007/08/01
  • レーベル:Weitblick *cl*
  • カタログNo.:SSS0072
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD

CD

交響曲第4番、他 ザンデルリング&ミュンヘン・フィル【CD】

ブラームス(1833-1897)

ドイツ・ヴァイトブリック(WEITBLICK)新譜ミュンヘン・フィル・シリーズザンデルリングの濃厚なブラームス交響曲第4番 1984年ライヴ録音!WEITBLICKでは、...

もっと見る

交響曲第4番、他 ザンデルリング&ミュンヘン・フィル【CD】

2,689(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Beethoven:Egmont Overture
  2. Bach:Concerto for Two Violins and Strings BWV 1043-Vivace
  3. Largo ma non tanto
  4. Allegro
  5. Brahms:Symphony no.4 Allegro non troppo
  6. Andante moderato
  7. Allegro giocoso
  8. Allegro energico e passionato

商品説明

ドイツ・ヴァイトブリック(WEITBLICK)新譜
ミュンヘン・フィル・シリーズ

ザンデルリングの濃厚なブラームス
交響曲第4番 1984年ライヴ録音!


WEITBLICKでは、『英雄の生涯』に続き2枚目の登場となる巨匠ザンデルリング。ミュンヘン・フィルには、80年代から90年代にかけて客演を繰り返しました。『エグモント』からして壮大、重厚な響きに圧倒されます。バッハはもちろん旧スタイルの演奏で、堂々たる押し出しの立派な音楽を作っております。ジンホファーはバイエルン国立歌劇場管のコンマスもつとめた名手。クルスティクは、現在もミュンヘン・フィルの名物コンマス。そしてブラ4!これぞ圧倒的な名演奏です。尋常ではない遅いテンポが採用され、ロマンティシズム、耽美指向がムンムンと漂う個性的な演奏。チェリビダッケが鍛えたミュンヘン・フィルの明るく、美しいサウンドを時には豪快に、時には繊細に料理したライヴゆえの自在な起伏が最高です。86年チェリビダッケ指揮による来日公演との比較も一興。現在、気管支炎に悩むドクター・ザンデルリングも隠棲先でリリースを快諾!!

【許光俊氏のライナーノートより】
この時代、すでにミュンヘン・フィルの指揮台にはチェリビダッケがしばしば立ち、オーケストラは彼好みの楽団へと急速に姿を変えていた。なるほど、弦楽器の透明な響きや、独奏的な美しさという点では禁欲的にとどまる管楽器や、しっかりとリズムを刻むだけでないティンパニにチェリビダッケの影響を見出すことはできる。が、ザンデルリンクはそうしたオーケストラを指揮して完全に自分ならではのブラームス、つまり緊張と不安とくそまじめのブラームスではなく、のびやかで肯定的で陶酔的な表情を持つブラームスを出現させたのである。それは1980年代からあとで私たちが体験することができた、もっともすばらしいブラームス演奏のひとつなのである。

【収録情報】
・ベートーヴェン:『エグモント』序曲
・J.S.バッハ:二台ヴァイオリンのための協奏曲
・ブラームス:交響曲第4番
 インゴ・ジンホファー(Vn)
 スレテン・クルスティク(Vn)
 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 クルト・ザンデルリング(指揮)

 録音時期:1984年11月23日
 録音場所:ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

アーティスト紹介

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。 【主要作品検索】
交響曲全集 | 交響曲第1番 | 交響曲第2番 | 交響曲第3番 | 交響曲第4番 | ドイツ・レクイエム

【詳細作品検索】
作品リスト

【生涯】
1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。
1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。
1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。
1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。
1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。
1857年:デトモルト宮廷に就職。
1858年:セレナード第1番、ピアノ協奏曲第1番が完成。
1859年:ピアノ協奏曲第1番を初演。ハンブルク女性合唱団の指導を開始。
1861年:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、ピアノ四重奏曲第1番、ピアノ四重奏曲第2番が完成。
1864年:ピアノ五重奏曲が完成。
1868年:ドイツ・レクイエムが完成。
1872年:父ヤーコプが死去。ウィーン楽友協会芸術監督に就任。
1873年:弦楽四重奏曲第1番、弦楽四重奏曲第2番、ハイドンの主題による変奏曲が完成。
1875年:ウィーン楽友協会芸術監督を辞任。
1876年:交響曲第1番を初演。
1877年:交響曲第2番を初演。
1878年:ヴァイオリン協奏曲が完成。
1879年:ブレスラウ大学から名誉博士号を授与。
1883年:交響曲第3番が完成。
1885年:交響曲第4番を初演。
1887年:プロイセンの功労勲章を授章。ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲が完成。
1889年:レオポルト勲章、ハンブルク名誉市民権を授章
1891年:クラリネット五重奏曲が完成。
1897年:肝臓癌のため死去。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。