サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

アクースティカ

  • 発売日:2009/03/03
  • レーベル:Zig-zag Territoires
  • カタログNo.:ZZT080403
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

アクースティカ【CD】

カーゲル、マウリシオ(1931-2008)

カーゲルの問題作『アクースティカ』1931年のクリスマス・イブに生まれ、2008年9月18日に亡くなったカーゲル。この『アクースティカ』は、「音楽は沈黙から生まれ、沈黙へ...

もっと見る

アクースティカ【CD】

1,447(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Kagel, Mauricio - Acustica (1. Fassung) (1968)
  2. Kagel, Mauricio - Acustica (2. Fassung) (1970)

商品説明

カーゲルの問題作『アクースティカ』

1931年のクリスマス・イブに生まれ、2008年9月18日に亡くなったカーゲル。この『アクースティカ』は、「音楽は沈黙から生まれ、沈黙へと還る」「音の発し手が音楽(楽音)として意識して発していれば、それは音楽である」といった、音楽というものを定義しようとする試みに対する挑戦のような作品。カーゲルの代表作とする人もいます。題名のとおり、アコースティックな様々な音が様々な奏者によって奏でられる中、バックではあらかじめ収録された電子音のテープが断続的に流れている作品。楽器は実に様々で、鍵盤のように調律・整頓されたカスタネット、親指ピアノ、さらには風船の口にトロンボーンのマウスピースをつけたものや、髪の毛をとかす櫛に薄い紙をあわせ、吹いたりこすったりして音を出す楽器、3ひねりくらいある「楽器」が登場します。これらの奏法指定が書かれた200ものカードがあり、奏者たちはそれらを選んで相互即興のように様々に演奏していくもの。聴いていて、歯に響く音や頭痛がしそうな音もありますが、それでも音の発信者は「音楽」として奏でているわけで、でも、これを音楽としてよいのか、と真剣に悩んでしまうような、「音楽とは何ぞや」という問題をあらためて考えさせられる、カーゲルから私たちへの永遠の挑戦状のような作品です。ちなみに、偶然性の音楽という要素もあるため、ここでは2つの演奏が収録されています。違いを探しながら聴いてみるのも面白いかもしれません。(キングインターナショナル)

・カーゲル:アクースティカ(1968-1970)
①第1回目 [38:58]
②第2回目 [35:53]
 演奏:
 Gereon Brundt
 Bjorn Kiehne
 Gervin Kothen
 Alfred Pollmann
 Pit Therre
 電子音テープと監修:マウリツィオ・カーゲル

 録音:2007年3、4月

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。