サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. ヴァイオリン協奏曲『ハーレムの千一夜』、バレエ音楽『パターラ』、他 コパチンスカヤ、アクセルロッド&ルツェルン響、サイ

ヴァイオリン協奏曲『ハーレムの千一夜』、バレエ音楽『パターラ』、他 コパチンスカヤ、アクセルロッド&ルツェルン響、サイ

  • 発売日:2008/09/24
  • レーベル:Avex Classics
  • カタログNo.:AVCL25364
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD

CD

ヴァイオリン協奏曲『ハーレムの千一夜』、バレエ音楽『パターラ』、他 コパチンスカヤ、アクセルロッド&ルツェルン響、サイ【CD】

サイ、ファジル(1970-)

ハーレムの千一夜/ファジル・サイ作品集『たけしのだれでもピカソ』出演、「トルコ行進曲ジャズ」のパフォーマンスで大人気ブレイクしたファジル・サイ、自作アルバム第2弾! 20...

もっと見る

ヴァイオリン協奏曲『ハーレムの千一夜』、バレエ音楽『パターラ』、他 コパチンスカヤ、アクセルロッド&ルツェルン響、サイ【CD】

2,592(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. ヴァイオリン協奏曲 ≪ハーレムの千一夜≫ ⅰ-allegro
  2. ヴァイオリン協奏曲 ≪ハーレムの千一夜≫ ⅱ-allegro Assai
  3. ヴァイオリン協奏曲 ≪ハーレムの千一夜≫ ⅲ-andantino
  4. ヴァイオリン協奏曲 ≪ハーレムの千一夜≫ ⅳ-[テンポ指定なし]
  5. トルコ行進曲 “ジャズ"
  6. バレエ音楽 ≪パターラ≫
  7. サマータイム・ファンタジー

商品説明

ハーレムの千一夜/ファジル・サイ作品集

『たけしのだれでもピカソ』出演、「トルコ行進曲ジャズ」のパフォーマンスで大人気ブレイクしたファジル・サイ、自作アルバム第2弾!
 2007年秋初演の「ヴァイオリン協奏曲」は、副題通り官能的でエキゾティックな表現力に満ちた楽曲。2曲目と4曲目は、2006年の紀尾井ホール・ライヴをサイ本人が気に入って収録。3曲目は、トルコの民族楽器と音楽をジャズとクロスオーヴァーさせた作品で、モントルー・ジャズ・フェスティバルで大喝采を浴びた楽曲です。サイならでは、ジャンル無用、衝撃・感激、しびれるアルバム!(エイベックス)

【収録情報】
サイ:
・ヴァイオリン協奏曲『ハーレムの千一夜』
 パトリシア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)
 ルツェルン交響楽団
 ジョン・アクセルロッド(指揮)
 録音時期:2008年2月
 録音方式:デジタル(ライヴ)

・トルコ行進曲『ジャズ』
 ファジル・サイ(ピアノ)
 録音時期:2007年7月
 録音場所:東京、紀尾井ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

・バレエ音楽『パターラ』
 ブルジュ・ボイセヴ(ソプラノ)
 ヴェラレッティン・ビジェル(ネイ)
 アイクット・コセレルリ(パーカッション)
 ファジル・サイ(ピアノ)
 録音時期:2005年7月
 録音方式:デジタル(セッション)

・サマータイム・ファンタジー
 ファジル・サイ(ピアノ)
 録音時期:2007年7月
 録音場所:東京、紀尾井ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

アーティスト紹介

サイ、ファジル(1970-)

1970年、トルコのアンカラに生まれ、アンカラ国立音楽院でピアノと作曲を学んだ。17歳で奨学金を得て、デュッセルドルフのシューマン音楽院に留学し、デイヴィッド・レヴァインに師事した。その後1992年から1995年までベルリン音楽院で学び、1994年ヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝、国際的な演奏活動を開始した。<活躍 ~ピアニストとして~>世界各地の主要オーケストラ――ニューヨーク・フィル、イスラエル・フィル、ボルティモア響、サンクトペテルブルク管、BBC響、フランス国立管などに定期的に出演し、ルツェルン音楽祭、ヴェルビエ音楽祭、モンペリエ音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭、ボンのベートーヴェン音楽祭のほか、ウィーン楽友協会、サントリーホール、カーネギー・ホール、エイブリー・フィッシャー・ホール、ベルリン・フィルハーモニー、ウィグモア・ホール、シャンゼリゼ劇場など数々の檜舞台で演奏している。2003/4シーズンにはザルツブルク音楽祭、ニューヨークのリンカーン・センター音楽祭、ロンドンのハロッズ・ピアノシリーズへデビューを果たした。また、ユーリ・バシュメット、シュロモ・ミンツ、諏訪内晶子らと室内楽にも取り組み、2004年にはヴァイオリニストのマキシム・ヴェンゲーロフとワールドツアーを行った。最近のハイライトはザルツブルク、ヴェルビエ、ルツェルン、ウィーンでのモーツァルト音楽祭への出演、アメリカ、ドイツ、日本、南アフリカへのツアーなどがあげられる。 ジャズと即興演奏にも情熱を傾け、トルコのネイ奏者、クドュシュ・エルグネルと「ワールドジャズ」カルテットを組み、2000年夏にはサンデニ、パリ、モンペリエ、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル、イスタンブール・ジャズ・フェスティヴァル、ジュアン・レ・パン・フェスティヴァルで演奏した。2005年にはボビー・マクファーレンらと共に再びモントルーに登場している。<活躍 ~ 作曲家として~>ピアノ演奏に加えて、作曲も手掛けている。16歳で作曲した『Black Hymns』はベルリン建都750周年記念行事で演奏された。1991年には『ヴァイオリンとピアノのための協奏曲』をベルリン交響楽団と共に自ら初演した。1996年にはボストンでピアノ協奏曲第2番『シルクロード』を初演、この作品は2003/4シーズン中にも12回演奏され、オーケストラは様々だが、ピアノ独奏は彼自身が受け持った。トルコ文化庁の委嘱によるオラトリオ『ナズム』は、トルコの有名な詩人ナズム・ヒクメトの詩をもとに書かれ、2001年アンカラで、トルコ大統領臨席のもと初演された。2002年1月には、ラジオ・フランスとクルト・マズアの委嘱によるピアノ協奏曲第3番がフランス国立管によって初演され、好評を博した。さらに、オラトリオ『Metin Altiokのためのレクイエム』は2003年のイスタンブール音楽祭で5000人の聴衆を前に初演され、『ナズム』と同様、CD録音された。モーツァルトの『トルコ行進曲』や『パガニーニ・ジャズ』など、クラシックを題材にした軽妙なジャズ音楽も作曲している。2006年にはザルツブルク音楽祭のために『In the Serai』を作曲。 2003年にはラジオ・フランスのアーティスト・イン・レジデンスに任命された。<レコーディング>1998年にリリースされたデビューCD『トルコ行進曲~サイ・プレイズ・モーツァルト』が、新聞・雑誌の批評で絶賛され、1999年にはテルデック・レーベルと専属契約を結んだ。マズア指揮ニューヨーク・フィルとの『ガーシュウィン「ラプソディー・イン・ブルー」「アイ・ガット・リズム変奏曲」』、バッハ・リサイタル、ストラヴィンスキー自身の編曲による4手版『春の祭典』などが高い評価を受けた。特にサイが一挙にブレイクするきっかけともなった『春の祭典』では、1人で両方のパートを演奏、大ヒットとなり、2001年度エコー賞クラシックと2001年度ドイツ音楽批評家最優秀レコーディング賞に輝いた。新たに契約を結んだフランスの名門レーベル、ナイーヴからリリースされた『モーツァルト:ピアノ協奏曲集』と『ベートーヴェン:ソナタ集』もリリース。 1970年、トルコのアンカラに生まれ、アンカラ国立音楽院でピアノと作曲を学んだ。
17歳で奨学金を得て、デュッセルドルフのシューマン音楽院に留学し、デイヴィッド・レヴァインに師事した。その後1992年から1995年までベルリン音楽院で学び、1994年ヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝、国際的な演奏活動を開始した。
<活躍 ~ピアニストとして~>
世界各地の主要オーケストラ――ニューヨーク・フィル、イスラエル・フィル、ボルティモア響、サンクトペテルブルク管、BBC響、フランス国立管などに定期的に出演し、ルツェルン音楽祭、ヴェルビエ音楽祭、モンペリエ音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭、ボンのベートーヴェン音楽祭のほか、ウィーン楽友協会、サントリーホール、カーネギー・ホール、エイブリー・フィッシャー・ホール、ベルリン・フィルハーモニー、ウィグモア・ホール、シャンゼリゼ劇場など数々の檜舞台で演奏している。2003/4シーズンにはザルツブルク音楽祭、ニューヨークのリンカーン・センター音楽祭、ロンドンのハロッズ・ピアノシリーズへデビューを果たした。また、ユーリ・バシュメット、シュロモ・ミンツ、諏訪内晶子らと室内楽にも取り組み、2004年にはヴァイオリニストのマキシム・ヴェンゲーロフとワールドツアーを行った。最近のハイライトはザルツブルク、ヴェルビエ、ルツェルン、ウィーンでのモーツァルト音楽祭への出演、アメリカ、ドイツ、日本、南アフリカへのツアーなどがあげられる。
 ジャズと即興演奏にも情熱を傾け、トルコのネイ奏者、クドュシュ・エルグネルと「ワールドジャズ」カルテットを組み、2000年夏にはサンデニ、パリ、モンペリエ、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル、イスタンブール・ジャズ・フェスティヴァル、ジュアン・レ・パン・フェスティヴァルで演奏した。2005年にはボビー・マクファーレンらと共に再びモントルーに登場している。

<活躍 ~ 作曲家として~>
ピアノ演奏に加えて、作曲も手掛けている。16歳で作曲した『Black Hymns』はベルリン建都750周年記念行事で演奏された。1991年には『ヴァイオリンとピアノのための協奏曲』をベルリン交響楽団と共に自ら初演した。1996年にはボストンでピアノ協奏曲第2番『シルクロード』を初演、この作品は2003/4シーズン中にも12回演奏され、オーケストラは様々だが、ピアノ独奏は彼自身が受け持った。トルコ文化庁の委嘱によるオラトリオ『ナズム』は、トルコの有名な詩人ナズム・ヒクメトの詩をもとに書かれ、2001年アンカラで、トルコ大統領臨席のもと初演された。2002年1月には、ラジオ・フランスとクルト・マズアの委嘱によるピアノ協奏曲第3番がフランス国立管によって初演され、好評を博した。さらに、オラトリオ『Metin Altiokのためのレクイエム』は2003年のイスタンブール音楽祭で5000人の聴衆を前に初演され、『ナズム』と同様、CD録音された。モーツァルトの『トルコ行進曲』や『パガニーニ・ジャズ』など、クラシックを題材にした軽妙なジャズ音楽も作曲している。2006年にはザルツブルク音楽祭のために『In the Serai』を作曲。
 2003年にはラジオ・フランスのアーティスト・イン・レジデンスに任命された。

<レコーディング>
1998年にリリースされたデビューCD『トルコ行進曲~サイ・プレイズ・モーツァルト』が、新聞・雑誌の批評で絶賛され、1999年にはテルデック・レーベルと専属契約を結んだ。マズア指揮ニューヨーク・フィルとの『ガーシュウィン「ラプソディー・イン・ブルー」「アイ・ガット・リズム変奏曲」』、バッハ・リサイタル、ストラヴィンスキー自身の編曲による4手版『春の祭典』などが高い評価を受けた。特にサイが一挙にブレイクするきっかけともなった『春の祭典』では、1人で両方のパートを演奏、大ヒットとなり、2001年度エコー賞クラシックと2001年度ドイツ音楽批評家最優秀レコーディング賞に輝いた。新たに契約を結んだフランスの名門レーベル、ナイーヴからリリースされた『モーツァルト:ピアノ協奏曲集』と『ベートーヴェン:ソナタ集』もリリース。
⇒ファジル・サイを検索

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。