サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

Revolver

CD

Revolver【CD】

Beatles

ビートルズの全オリジナル・アルバムがCD化以来初のデジタル・リマスター化!【商品レビュー】熱心なビートルズ・フリークから最高傑作と呼び声の高い本作『リヴォルヴァー』は19...

もっと見る

Revolver【CD】

2,674(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. タックスマン
  2. エリナー・リグビー
  3. アイム・オンリー・スリーピング
  4. ラヴ・ユー・トゥ
  5. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
  6. イエロー・サブマリン
  7. シー・セッド・シー・セッド
  8. グッド・デイ・サンシャイン
  9. アンド・ユア・バード・キャン・シング
  10. フォー・ノー・ワン
  11. ドクター・ロバート
  12. アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー
  13. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
  14. トゥモロー・ネバー・ノウズ

その他のバージョン

カセット Revolver (Uk Edition) US輸入盤 発売日 : 1990/10/17 購入できません
CD Revolver US輸入盤 発売日 : 1988/08/09 購入できません
CD Revolver (Rmt) EUR輸入盤 発売日 : 2009/09/09 1~3日
CD Revolver (Ltd)(Rmt) 国内盤 発売日 : 2013/06/19 購入できません
CD Revolver 国内盤 発売日 : 2016/06/29 1~3日
CD Revolver (Ltd) INT輸入盤 発売日 : 2014/01/21 購入できません
CD Revolver (Arg) JAP輸入盤 発売日 : 2013/12/31 購入できません
CD Revolver (Ltd) 国内盤 発売日 : 2014/06/25 購入できません
SHM-CD Revolver (紙ジャケット) 国内盤 発売日 : 2015/04/13 購入できません
CD Revolver 国内盤 発売日 : 1998/03/11 購入できません
SHM-CD Revolver 【紙ジャケット仕様/SHM-CD】 国内盤 発売日 : 2017/12/06 購入できません
CD Revolver US輸入盤 発売日 : 1988/08/09 購入できません

商品説明

ビートルズの全オリジナル・アルバムがCD化以来初のデジタル・リマスター化!

【商品レビュー】
熱心なビートルズ・フリークから最高傑作と呼び声の高い本作『リヴォルヴァー』は1966年4月6日から6月22日までの2ヶ月半もの長い期間をかけて録音された。スタジオでの実験が始まったと同時に、メンバーがこの頃常用していたというLSDなどドラッグの影響を色濃く反映した、複雑な曲が目立つ。ポールはメロディ・メイカーとしての才能に磨きをかけている。“エリナー・リグビー”や“ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア”などは後世に残るほどの美しさを誇るメロディと言っても過言ではない。またスタジオ内でバンドをリードしたのもポールである。ギターやピアノなどベース以外の楽器もプレイしている。 ジョンは多くの多くの実験的な要素を持ち込んだ。自宅で自分なりの録音方法を研究し、様々なアイデアを具現化していった。 ジョージは装飾程度にしか使っていなかったシタールを“ラヴ・ユー・ドゥ”で前面に押し出した。一人で書いた曲も14曲中3曲と、着実な成長ぶりと貢献度が窺える。妙にトボけたリンゴの“イエロー・サブマリン”も重要な位置を締める。そしてメンバーがミキシングへ積極的に参加したこともこのアルバムを語る上で重要なポイントだ。曲作りや音入れと同じ感覚であらゆるツマミをイジり倒していた事だろう。様々な試行錯誤、紆余曲折の結果、 『リヴォルヴァー』には永遠とも言えるマジックが宿ったのであった。この頃は4人それぞれが音楽以外の様々な分野に興味を抱き始める頃でもあった。曲のテーマもラヴ・ソングばかりではなく、ドラッグ、宗教、税制、死など多岐にわたっている。特にドラッグはこのアルバム制作に大きな影響を及ぼしている。「紙を噛みながらビートルズを聴くとイイ」といった類の発言する輩のほとんどは『リヴォルヴァー』がお気に入りだ。アルバムのラストを締めくくる “トゥモロー・ネヴァー・ノウズ”ではそれが顕著に現れている。

※今作『REVOLVER』のHMVオリジナル先着特典「ジャケット・カンバッジ」は終了しました。

アーティスト紹介

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。