サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『影のない女』全曲 市川猿之助演出、サヴァリッシュ&バイエルン国立歌劇場、デヴォル、リポヴシェク、他 (1992 ステレオ)(2DVD)(日本語字幕付)

『影のない女』全曲 市川猿之助演出、サヴァリッシュ&バイエルン国立歌劇場、デヴォル、リポヴシェク、他 (1992 ステレオ)(2DVD)(日本語字幕付)

  • 発売日:2010/04/21
  • レーベル:日本コロムビア
  • カタログNo.:COBO4889
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:DVD
  • 国内送料無料

DVD

『影のない女』全曲 市川猿之助演出、サヴァリッシュ&バイエルン国立歌劇場、デヴォル、リポヴシェク、他 (1992 ステレオ)(2DVD)(日本語字幕付)【DVD】 2枚組

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

リヒャルト・シュトラウス:歌劇『影のない女』バイエルン国立歌劇場日本公演1992年 日本語字幕付き1992年バイエルン国立歌劇場来日時の貴重な映像。猿之助の技により東西の...

もっと見る

『影のない女』全曲 市川猿之助演出、サヴァリッシュ&バイエルン国立歌劇場、デヴォル、リポヴシェク、他 (1992 ステレオ)(2DVD)(日本語字幕付)【DVD】 2枚組

8,424(税込)

ポイント :78pt

DVDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リヒャルト・シュトラウス:歌劇『影のない女』
バイエルン国立歌劇場日本公演1992年 日本語字幕付き


1992年バイエルン国立歌劇場来日時の貴重な映像。
猿之助の技により東西の芸術が見事に融合し、
シュトラウスの幻想的な世界が実現した、圧倒的な舞台!

あまりに幻想的な内容と、実演上の要求も多いことから上演機会が少なく、リヒャルト・シュトラウス幻のオペラとも言われる『影のない女』。本映像は、1992年のバイエルン国立歌劇場来日公演にして、愛知県芸術劇場のこけら落としともなった舞台を、NHK初期ハイビジョン収録による高画質映像で収めたもの。
 サヴァリッシュの強い意向により来日の演目に加えられたという当プロダクションですが、映像からもその並々ならぬ情熱が伝わってきます。市川猿之助(スーパー歌舞伎)の海外オペラ作品は、東西文化融合の試みとしても声価が高く、この作品は『金鶏』に続く第2弾。
 シュトラウス研究の旗手、広瀬大介氏が手がける日本語字幕・解説を付しての待望の国内盤化となります。

 『バラの騎士』が『フィガロの結婚』に範をとったと言われるのと同じく、『影のない女』は、やはりモーツァルトの『魔笛』から多大な影響を受けたとされています。
 それはたとえば『魔笛』と同じく現実離れしたメルヘンの世界を題材としていることや、「象徴」の手法が多用されている点にもみてとれますが、このオペラは、ホーフマンスタールの台本がたいへんな力作ということもあって(彼は1915年に完成された台本版のほか、4年後には小説版まで書きあげ、作品への深い愛着を示しています)、より複雑で繊細な味わいに富みながらも、全体のスケールはきわめて大きなものとなっているのが特徴。
 作曲時期は1914年から1917年、第一次世界大戦中ということもあってか、この作品に集中的に取り組むことが出来たようで、ホーフマンスタールとの数多い書簡のやりとりからもそのことはよく伝わってきます。
 数多い登場人物の描き分けの巧みさ、オーケストレーションのみごとさもまさにシュトラウスの絶頂期を示すものと言え、その作曲技法の熟達ぶりは、ホーフマンスタールとの一連の共同作業から生まれた傑作群(『エレクトラ』『バラの騎士』『ナクソス島のアリアドネ』『影のない女』『エジプトのヘレナ』『アラベラ』の6作品)の中にあってもまさに最高クラスの水準を示すものと言えます。

 舞台設定は、架空の時代の東方のある国、というもので、体裁はまさにおとぎ話。カルロ・ゴッツィの諸作やゲーテのほか、世界各地の民話や伝説、『千夜一夜物語』などに取材しています。
 台本作者のホーフマンスタール自身が述べているように、モーツァルトの『魔笛』を意識して書かれたため、ウィーンの民衆劇が定型としていた「皇帝&皇后」のペアに対し、コメディア・デラルテのペアが置かれる予定でしたが、実際にはそれはアラビアの影響を感じさせるキャラクターでもある「染物師バラク夫妻」に変更され、猥雑さや滑稽さよりも家族愛・人類愛の表現にシフトしたものとなっています。もちろん、本来のコメディア・デラルテのペアが持っていた騒々しさが無くなったわけではなく、その役割はここでは、バラクの兄弟たちによって実現されています。
 このオペラの数多い登場人物中で、唯一名前があるのがこのバラクというのも何やら象徴的ですが(カイコバートは実際には登場しませんので)、これに女性版メフィストフェレスともいうべき魔法使いの「乳母」が絡んで、女性版ファウストのような「皇后」と「バラクの妻」の価値観の変質を描いてゆきます。

【収録情報】
リヒャルト・シュトラウス:歌劇『影のない女』全曲
 皇后:ルアナ・デヴォル
 乳母:マルヤーナ・リポヴシェク
 皇帝:ペーター・ザイフェルト
 染物師バラク:アラン・タイタス
 染物師の妻:ジャニス・マーティン
 使者:ヤン・ヘンドリク・ロータリング、他
 バイエルン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)

 演出:市川猿之助
 装置:朝倉摂
 衣裳:森英恵
 収録時期:1992年
 収録場所:愛知県芸術劇場(ライヴ)

 収録時間:183分
 画面:カラー、4:3
 音声:PCM-STEREO, DTS 5.1
 字幕:日本語、ドイツ語
 NTSC
 Region 2

【ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)】
1923年ミュンヘン生まれ。1947年にアウグスブルクの歌劇場にデビュー。1957年に当時の史上最年少でバイロイトに登場。ウィーン交響楽団、ハンブルク・フィルの首席指揮者、スイス・ロマンド管の芸術監督を務め、1971年にバイエルン国立歌劇場の音楽監督(1982年より音楽総監督)に就任、1992年まで務めた。1993年にフィラデルフィア管の音楽監督に就任、その後フリーで指揮していたが2006年に引退。1964年の初来日以来、毎年のようにN響に客演するなど日本との繋がりも強く、日本リヒャルト・シュトラウス協会名誉会長も務める。

【ルアナ・デヴォル(皇后)】
サンフランシスコ生まれ。1980年代半ばよりヨーロッパの歌劇場に登場し、主にドイツ・オペラのレパートリーで活躍。『オランダ人』のゼンタ、『ジークフリート』のブリュンヒルデ、『タンホイザー』のエリーザベト、『トリスタンとイゾルデ』のイゾルデなど、ワーグナーの諸役を歌っている。2000年にはブリュンヒルデ役で、オペルンヴェルト誌の「最優秀女性歌手」を受賞。

【市川猿之助(演出)】
1939年、市川段四郎(三世)の長男として東京に生まれる。1963年三代目猿之助を襲名。1968年の『義経千本桜・川連法眼館』で宙乗りを復活して人気を集める。歌舞伎古典の継承、復活、新しい歌舞伎の演出方法を試みたり、歌舞伎の技法を取り入れた舞台を創作するなど意欲的な活動を行い、特に1986年に初演された『ヤマトタケル』は「スーパー歌舞伎」という全く新しいジャンルを切り開いた。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。