サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『トゥーランドット』全曲 エスペル演出、カレッラ&リセウ大歌劇場、デヴォル、フリットリ、他(2005 ステレオ)(日本語字幕付)

『トゥーランドット』全曲 エスペル演出、カレッラ&リセウ大歌劇場、デヴォル、フリットリ、他(2005 ステレオ)(日本語字幕付)

  • 発売日:2010/05/19
  • レーベル:日本コロムビア
  • カタログNo.:COBO4899
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:DVD
  • 国内送料無料

DVD

『トゥーランドット』全曲 エスペル演出、カレッラ&リセウ大歌劇場、デヴォル、フリットリ、他(2005 ステレオ)(日本語字幕付)【DVD】

プッチーニ (1858-1924)

リセウ大歌劇場 2005年プッチーニ:トゥーランドットイタリアの誇るベルカント・ソプラノ、バルバラ・フリットリが歌う一途で可憐なリュー!「誰も寝てはならぬ」で有名なプッチ...

もっと見る

『トゥーランドット』全曲 エスペル演出、カレッラ&リセウ大歌劇場、デヴォル、フリットリ、他(2005 ステレオ)(日本語字幕付)【DVD】

6,264(税込)

ポイント :58pt

DVDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リセウ大歌劇場 2005年
プッチーニ:トゥーランドット
イタリアの誇るベルカント・ソプラノ、バルバラ・フリットリが歌う一途で可憐なリュー!


「誰も寝てはならぬ」で有名なプッチーニの代表的オペラ『トゥーランドット』。作曲途中でプッチーニが死去したため、ラスト・シーンは友人でもあったアルファーノによって補筆されました。トスカニーニにより初演されたことでも有名な傑作オペラです。
 イタリアを代表するスター・ソプラノであるバルバラ・フリットリがリュー役で出演! 『グランド・オペラ vol.36 (2006 Spring)』(音楽之友社刊)では、堂々の女声歌手ランキングNo.1に輝いたフリットリですが、この映像はその前年2005年に収録されたもので、まさに絶頂期とも言えるフリットリの絶唱が最大の魅力です。
 トゥーランドット役にはワーグナーの諸役で存在感を示し続けてきた円熟のソプラノ、ルアナ・デヴォル。またカラフ役には、同役を得意としメトでもカラフを歌ったフランコ・ファリーナが起用され、「誰も寝てはならぬ」では、逞しい喉と高音を見事に披露しています。
 『トゥーランドット』上演ではアルファーノによる補筆部分の解釈も気になるところです。この舞台では、スペインを代表する大女優でもある演出のヌリア・エスペルが驚きかつ納得の結末に仕上げています。伝統的手法ともあいまって、初心者でも楽しめる映像となっています。(コロムビアミュージックエンタテインメント)

【収録情報】
・プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』全曲
 ルアナ・デヴォル(トゥーランドット)
 フランコ・ファリーナ(カラフ)
 バルバラ・フリットリ(リュー)
 ステファノ・パラッチ(ティムール)、他
 ヴィヴァルディ合唱団
 リセウ大歌劇場管弦楽団&合唱団
 ジュリアーノ・カレッラ(指揮)
 演出:ヌリア・エスペル

 収録時期:2005年
 収録場所:バルセロナ、リセウ大歌劇場(ライヴ)

 収録時間:132分
 画面:カラー、16:9
 音声:リニアPCMステレオ、DTS 5.1ch
 字幕:日本語、イタリア語
 NTSC
 Region 2

ルアナ・デヴォル(トゥーランドット)
サンフランシスコ生まれ。1980年代半ばよりヨーロッパの歌劇場に登場し、主にドイツ・オペラのレパートリーで活躍。86/87年に《オイリアンテ》の題名役でベルリン・ドイツ・オペラにデビュー。その後、ワーグナーの諸役を中心に歌う。2000年にはブリュンヒルデ役で、オペルンヴェルト誌の「最優秀女性歌手」を受賞。

フランコ・ファリーナ(カラフ)
アメリカ生まれのテノール。1995年《シモン・ボッカネグラ》アドルノでパリ・オペラ座デビューなど、世界の主要歌劇場に出演。2001年にはフィレンツェ歌劇場来日公演《トゥーランドット》カラフを歌ったほか、新国立劇場《ドン・カルロ》でも来日。最近は、メトロポリタン歌劇場やウィーン国立歌劇場などに出演。

バルバラ・フリットリ(リュー)
ミラノ生まれ。1989年にデビュー、滴るような美声、知性的な歌と演技、そして類い稀な気品によって、瞬く間に各地の劇場で活躍するようになる。ことにムーティが彼女を重用し、スカラ座での重要な公演に数多く出演している。ヴェルディやプッチーニの諸役で高い評価を得る一方で、ザルツブルクやウィーンではモーツァルトのオペラで人気を博している。2009年9月のミラノ・スカラ座公演《ドン・カルロ》に出演、および来日特別演奏会としてリサイタルを開催し好評を博した。2010年7月のトリノ王立歌劇場来日公演《ラ・ボエーム》に主役ミミで出演予定。

(以上、コロムビアミュージックエンタテインメント)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。