サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

Hearts Wide Open

  • 発売日:2011/09/30
  • レーベル:Le Chant Du Monde
  • カタログNo.:KKJ105
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD

CD

Hearts Wide Open【CD】

Gilad Hekselman

注目のイスラエル出身ギタリスト、ギラッド・ヘクセルマンの新作。本作は、ジョー・マーティンに、ロイ・ヘインズの孫の凄腕ドラマー、マーカス・グルモアとによるレギュラー・グルー...

もっと見る

Hearts Wide Open【CD】

2,365(税込)

ポイント :21pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Prologue
  2. Hazelnut Eyes
  3. One More Song
  4. Flower
  5. Brooze
  6. Hearts Wide Open
  7. The Bucket Kicker
  8. Understanding
  9. Will You Let It?
  10. Epilogue

その他のバージョン

CD Hearts Wide Open EUR輸入盤 発売日 : 2011/10/13 購入できません

商品説明

注目のイスラエル出身ギタリスト、ギラッド・ヘクセルマンの新作。本作は、ジョー・マーティンに、ロイ・ヘインズの孫の凄腕ドラマー、マーカス・グルモアとによるレギュラー・グループ。そして4曲においてはあのマーク・ターナーが参加とくるのですから、世界はもうまさにN.Y.と言うものです。

ギラッド・ヘクセルマンは系譜で言えば、「New York Times」でも評しているように、パット・メセニー、そして、カート・ローゼンウインケルの流れをくむスタイル。そのクリアなギターの音色は一聴して心地よく、トリオによるオープニングでは、パット・メセニーも参加したマーク・ジョンソンのベース・デザイヤーズ『Sound of Summer Running』の世界を彷彿とさせるもの。そこには、スペイシーなコードの広がりあり、牧歌的でちょっとセンチメンタルなカントリー的な香りが・・・かと思うと、マーク・ターナーをフィーチャーして、トリスターノ系の世界もバリバリに。その音は、カートのヴィレッジ・ヴァンガードのライブ『レメディ』を彷彿とさせます。今回は、”パワフル”というイメージが強いマーカス・ギルモアの繊細なドラミングも大きな聴き所。(新譜インフォより)

Gilad Hekselman(g)
Mark Turner(ts on M-3,5,6,8)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。