サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. ブルックナー:交響曲第9番、ベルク:ヴァイオリン協奏曲、ほか フェラス、カイルベルト&ベルリン・フィル(1960 モノラル)(2CD)

ブルックナー:交響曲第9番、ベルク:ヴァイオリン協奏曲、ほか フェラス、カイルベルト&ベルリン・フィル(1960 モノラル)(2CD)

  • 発売日:2011/10/08
  • レーベル:ORFEO DOR *CL*
  • カタログNo.:ORFEOR838112
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Germany
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

ブルックナー:交響曲第9番、ベルク:ヴァイオリン協奏曲、ほか フェラス、カイルベルト&ベルリン・フィル(1960 モノラル)(2CD)【CD】 2枚組

ブルックナー (1824-1896)

ただ一度きり!夢の顔合わせが実現!カイルベルト&ベルリン・フィルブルックナーの第9交響曲フェラス独奏 ベルクのコンチェルトドイツの名匠ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1...

もっと見る

ブルックナー:交響曲第9番、ベルク:ヴァイオリン協奏曲、ほか フェラス、カイルベルト&ベルリン・フィル(1960 モノラル)(2CD)【CD】 2枚組

2,689(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ただ一度きり!夢の顔合わせが実現!
カイルベルト&ベルリン・フィル
ブルックナーの第9交響曲
フェラス独奏 ベルクのコンチェルト


ドイツの名匠ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)は、記録によると、戦後1957年から1962年にかけて毎年ザルツブルク音楽祭に出演し、オペラとコンサートの双方でウィーン・フィルとの共演を重ね、おもにモーツァルトのオペラやシンフォニーの数々を演奏していますが、1959年からの3年間は、オーケストラ・コンサートにウィーン・フィルではなく、一年ごとにフランス国立放送管、ベルリン・フィル、シュターツカペレ・ドレスデンを率いて登場しています。
 このたびORFEOの、ザルツブルク音楽祭ドキュメント』に加わるアルバムは、1960年8月17日にカイルベルトがザルツブルク音楽祭でただ一度きり、ベルリン・フィルを指揮した演奏会当日の模様を収めたもので、名手フェラスを迎えたアルバン・ベルクの協奏曲と並び、メイン・プログラムにブルックナーの第9交響曲を取り上げているという、全篇ポイントだらけのものすごい内容となっています。
 カイルベルトによるブルックナーの交響曲録音では、1956年にハンブルク州立フィルとセッション録音した第9番や、1963年にベルリン・フィルとセッション録音した第6番がかねてより有名で、ORFEOからは1966年にケルン放送響を指揮した第8番のライヴ・レコーディングもリリースされていますが、そのいずれもがドイツ本流の伝統を汲んだ剛直なスタイルとスケールの大きさが特徴的で、みごとな演奏内容を示していました。
ここでは、そうしたカイルベルトの指揮に加えて、カラヤン色に染まり切る以前、古くからの響きをとどめた時期のベルリン・フィルが相手である点にも注目したいところです。
 いっぽう、前半に演奏されたベルクのヴァイオリン協奏曲は、プレートル指揮パリ音楽院管とのセッション録音(1963年)をはじめ、アンセルメ指揮スイス・ロマンド管とライヴ録音(1957年)、フレッチャ指揮ベルリン放送響とライヴ録音(1964年)していることからもわかるように、フェラスがもっとも得意とする作品として以前より知られるものです。
なお、カイルベルトとフェラスの顔合わせということでは、1967年におこなわれたフランス国立放送管とのライヴで取り上げたベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が屈指の出来ばえとしてファンには強く記憶されていたので、フェラスのザルツブルク音楽祭デビューという機会に実現したこちらの内容にもおおいに期待が持てそうです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・シューベルト:劇付随音楽、ロザムンデ』序曲Op. 26, D. 644
・ベルク:ヴァイオリン協奏曲
・ブルックナー:交響曲第9番ニ短調(原典版)

 クリスチャン・フェラス(Vn)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)

 録音時期:1960年8月17日ザルツブルク
 録音場所:祝祭大劇場
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 音源提供:ORF

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。