サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第2番『復活』 シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団、エルツェ、コノリー

交響曲第2番『復活』 シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団、エルツェ、コノリー

  • 発売日:2011/09/29
  • レーベル:Accentus Music
  • カタログNo.:ACC10238BD
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:Blu-ray
  • 国内送料無料

Blu-ray

交響曲第2番『復活』 シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団、エルツェ、コノリー【ブルーレイ】

マーラー(1860-1911)

シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団マーラーの『復活』2011年最新ライヴ映像2005年より第19代カペルマイスターを務めるリッカルド・シャイー率いるゲヴァントハウス管弦楽...

もっと見る

交響曲第2番『復活』 シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団、エルツェ、コノリー【ブルーレイ】

5,065(税込)

ポイント :46pt

Blu-rayをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

その他のバージョン

DVD 交響曲第2番『復活』 シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団、エルツェ、コノリー EUR輸入盤 発売日 : 2011/09/29 購入できません
Blu-ray Sym, 2, : Chailly / Lgo & Cho Oelze Connolly Etc 国内盤 発売日 : 2014/03/15 購入できません
DVD Sym, 2, : Chailly / Lgo & Cho Oelze Connolly Etc 国内盤 発売日 : 2014/03/15 購入できません

商品説明

シャイー&ゲヴァントハウス管弦楽団
マーラーの『復活』2011年最新ライヴ映像


2005年より第19代カペルマイスターを務めるリッカルド・シャイー率いるゲヴァントハウス管弦楽団によるマーラーの映像作品が登場します。交響曲第2番『復活』は、作曲者歿後100周年を記念して、2011年5月に地元ライプツィヒで行われた「国際マーラー音楽祭」での模様を収めたものです。

【コンセルトヘボウとの全集以来、シャイーによるマーラー再演ライヴ】
シャイーが首席指揮者時代にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と完成させたマーラーの交響曲全集では、第2番は2001年11月の収録でしたので、このたびのライヴは10年ぶりの再録音ということになります。前回も、マーラー演奏に屈指の伝統を誇る名門コンセルトヘボウとの顔合わせということで充実の内容を聴かせていたものですが、シャイーは当オケともすでに「マーラー版」によるシューマンの交響曲録音を発表するなど、レコーディング、実演ともにたいへん精力的で、就任6年目を迎えた現在もますますの好調ぶりが伝えられるだけに、ここでの内容もおおきな期待を持って迎えられるところです。

【収録情報】
・マーラー:交響曲第2番ハ短調『復活』

 クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ)
 サラ・コノリー(メゾ・ソプラノ)
 MDR放送合唱団
 ベルリン放送合唱団
 ゲヴァントハウス合唱団
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 リッカルド・シャイー(指揮)

 収録時期:2011年5月17,18日
 収録場所:ライプツィヒ、ゲヴァントハウス(ライヴ)

 収録時間:95分42秒
 画面:カラー、16:9、Full HD
 音声:PCMステレオ、DTS HD Master Audio 5.1
 字幕:独・英・仏
 Region All

ブルーレイディスク対応機器で再生できます。


【ゲヴァントハウス管弦楽団によるマーラー録音】
18世紀半ばに起源を遡るゲヴァントハウス管弦楽団は、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、ブルックナー作品の数多くの初演を手掛けてきた名門であり、数多くのレコーディングもおこなっているものの、意外なことにマーラーの録音については決して多いとは言えないようです。

・第1番:マルケヴィチ(1982年3月ライヴ)
・第5番:ノイマン(1966年1月セッション)
・第6番:ノイマン(1966年1月セッション)
・第7番:ノイマン(1968年5月セッション)、マズア(1982年9月セッション)
・第9番:ノイマン(1967年11月セッション)
・第10番アダージョ:セバスティアン(1963年セッション)
・『さすらう若人の歌』:ローレンツ(Br)マズア(1979年1月セッション)
・『亡き子を偲ぶ歌』:ローレンツ(Br)マズア(1979年1月セッション)

このたびのシャイーによるライヴは、正規の商業録音としてゲヴァントハウス管弦楽団にとって初のレパートリーとなります。

【ジャケット・デザインについて】
ジャケットには、世界的に有名なドイツ現代のアーティスト、ネオ・ラウフ[1960-]による油絵があしらわれています。当プロジェクトにあたり、ライプツィヒのレーベル「アクサンタス」と、同じくライプツィヒ出身のラウフとのコラボによる実現したもので、交響曲第2番には、ラウフが以前にデザインしたもので、「夜明け」と題された作品が選ばれています。(キングインターナショナル)

アーティスト紹介

マーラー(1860-1911)

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。