サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ロック
  5. Cover Version (紙ジャケット)

Cover Version (紙ジャケット)

  • 発売日:2014/08/20
  • レーベル:Whd Entertainment
  • カタログNo.:IEZP79
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Cover Version (紙ジャケット)【CD】

Steven Wilson

スティーヴン・ウイルソン『カヴァー・ヴァージョン』は彼のソロ、ポーキュパイン・ツリー、ブラックフィールド、Nomanその他(いったいいくつのプロジェクトを稼働させているこ...

もっと見る

Cover Version (紙ジャケット)【CD】

2,916(税込)

ポイント :27pt

現在お取り扱いができません

曲目

ディスク1
  1. Thank You
  2. Moment I Lost
  3. The Day Before You Came
  4. Please Come Home
  5. A Forest
  6. Four Trees Down
  7. The Guitar Lesson
  8. The Unquiet Grave
  9. Sign `o` The Times
  10. Well You`re Wrong
  11. Lord Of The Reedy River
  12. An End To End

その他のバージョン

CD Cover Version EUR輸入盤 発売日 : 2014/06/30 1~3日

商品説明

スティーヴン・ウイルソン『カヴァー・ヴァージョン』は彼のソロ、ポーキュパイン・ツリー、ブラックフィールド、Nomanその他(いったいいくつのプロジェクトを稼働させていることやら・・・)とはちょっと離れたごく私的なプロジェクトとして始まった。この企画がスタートしたのは2003年3月のこと。2トラック・シングルのシリーズとしてカヴァー曲1曲(アラニス・モリセットの「Thank U」)と彼のオリジナル1曲(「Moment I Lost」)をカップリングした形でCover Version Iのタイトルで発表。スティーヴン・ウイルソンのパーソナル・イントレストが垣間見られる企画として好評を博し、以降、2010年2月の「Cover Version IV」まで、6曲のカヴァー曲と同数の自作曲を発表してきた。このシリーズをまとめた2枚組LPが今年の春、イギリスで発売になり、企画の存在は知っていても、すぐに売り切れてしまうCover Versionが一般のロック・ファンにも知れ渡るようになった。本リリースは、そのLP版に続く待望のCDヴァージョン。最初のカヴァー・ヴァージョン、アラニス・モリセットからABBA、ザ・キュアー、Momus、プリンス、ドノヴァンとスティーヴン・ウイルソンの頭の中の大宇宙の一端を覗くことのできる作品となっている。

輸入盤アセンブル仕様:ヨーロッパ発売盤に国内製造の紙ジャケット、日本語解説がつきます。

(メーカー・インフォメーションより)

アーティスト紹介

Steven Wilson

1967年、英国ヘメル・ヘムステッド出身。8才のときに父が聴くPink Floydの『狂気』と、母が聴くドナ・サマーの『愛の誘惑』により音楽に目覚める。80年代には、Porcupine TreeやNo-Manというプロジェクトを始動。当初Porcupine Treeはスティーヴンのソロ・プロジェクトであったが、93年以降はバンド形態となり・・・

1967年、英国ヘメル・ヘムステッド出身。8才のときに父が聴くPink Floydの『狂気』と、母が聴くドナ・サマーの『愛の誘惑』により音楽に目覚める。80年代には、Porcupine TreeやNo-Manというプロジェクトを始動。当初Porcupine Treeはスティーヴンのソロ・プロジェクトであったが、93年以降はバンド形態となり、2010年に活動休止に入るまで、いくつもの傑作を世に送り出した。2008年には、初のソロ名義作品『インサージェンス』を発表。彼のエンジニアとしての手腕も高く買われ、King CrimsonやEmerson, Lake & Palmerの名盤が再発される際には、スティーヴンに最新リミックスが依頼されるほど。その音への拘りは自身のPorcupine Treeでも発揮され、2007年発表の『フィアー・オブ・ア・ブランク・プラネット』や、2009年の『ジ・インシデント』は、そして、ソロ第2弾『グレイス・フォー・ドロウニング』は、米グラミー賞の「ベスト・サラウンド・サウンド・アルバム」にノミネートされた。

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

オルタナティヴ ランキング

オルタナティヴのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。