サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. カンタータ集第1集~第81、129、182番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団

カンタータ集第1集~第81、129、182番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団

  • 発売日:2014/10/28
  • レーベル:J S Bach Stiftung
  • カタログNo.:A909CD
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

カンタータ集第1集~第81、129、182番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団【CD】

バッハ(1685-1750)

バッハ:カンタータ集 第1集ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団、合唱団ザンクトガレン・バッハ財団のバッハ・カンタータ全集始動!1984年にヘルムート・リリ...

もっと見る

カンタータ集第1集~第81、129、182番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団【CD】

3,229(税込)

ポイント :29pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バッハ:カンタータ集 第1集
ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団、合唱団


ザンクトガレン・バッハ財団のバッハ・カンタータ全集始動!
1984年にヘルムート・リリンクによって一人の指揮者によるバッハの教会カンタータ全曲録音が完成されて以来、多くの人たちがこの偉業に挑んでいます。その中には、めでたく完成を迎えたものもあり、この宝石のような名作たちが全集という形で、比較的容易に聴けるようになりました。
 そんなところに、最近になって今までにないような手法で、教会カンタータのみならず、バッハの声楽作品をすべて録音しようという人が現れました。それは、スイスのバーゼル・スコラ・カントルムで教鞭を取っているオルガンの即興演奏のオーソリティ、ルドルフ・ルッツです。彼は、1999年に、さる実業家と協力して「ザンクトガレン・バッハ財団」という個人的な財団を創設し、様々な準備を経て、2006年から毎月1回のペースで、まずは教会カンタータを教会で演奏、それをDVDとCDで販売しつつ、全曲演奏を目指すというプロジェクトをスタートさせました。現在までにおよそ三分の一のカンタータが演奏されていますから、全曲を演奏し終わるまでにはあと10年以上はかかることでしょう。
 このコンサート、始まる前に指揮者が聴衆と一緒にそこで演奏されるカンタータのコラールを歌ったり、様々な分野のゲストによるそのカンタータにちなんだトークを挟んで、全曲を2回演奏するというユニークなものです。この「参加型」のコンサートはかなりの反響を呼んでいるそうです。この模様は、実は映像(DVD)の形で市販されているのですが、残念ながらPAL仕様のみ。日本の従来の機材では再生できないのが残念なところです。そこで日本ではCDのみの販売となりますが、これだけでも、その生き生きとした演奏風景が伝わる貴重なものであることは間違いありません。ソリストも、当代最高の歌手たちを揃えています。その中には最近注目を浴びているヌリア・リアルや櫻田亮氏の名前も。心穏やかに、気長に見守りたいプロジェクトの登場です。

第182番は「枝の主日」または「受胎告知」の祭日用のカンタータ。人々が棕櫚の枝を手に持ってイエスを歓迎したといわれる喜びの日を描いた力強い作品です。第81番は「公現後第4主日」用のカンタータ。船の上で眠るイエスの姿と、荒れ狂う波におののく弟子たちを描いた劇的な音楽です。第129番は「三位一体の祝日」用。「父なる神」「子なるキリスト」「聖霊」は3つでありながら一つであるという教義に基づいた荘厳で美しい音楽です。3つのアリアを合唱ではさむという独特の形式で書かれています。(J.S.Bach-Stiftung)

【収録情報】
J.S.バッハ:
● カンタータ第182番『天の王よ、よくぞ来ませり』 BWV.182
● カンタータ第81番『イエス眠りたまえば、われ何に頼るべきや』 BWV.81
● カンタータ第129番『わが神なる主はたたえられん』 BWV.129

 ウルリケ・ホーフボイアー(ソプラノ:BWV.129)
 クラウデ・アイヒェンベルガー(アルト:BWV.129, 182)
 ロースヴイータ・ミュラー(アルト:BWV.81)
 ベルンハルト・ベルヒトールト(テノール:BWV.81, 182)
 ラファエル・ユード(バス:BWV.182)
 ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(バス:BWV.81)
 クラウス・ヘーガー(バス:BWV.129)
 バッハ財団合唱団
 バッハ財団管弦楽団
 ルドルフ・ルッツ(指揮、オルガン:BWV.81、チェンバロ:BWV.129)

 録音時期:2007年3月30日(BWV.182)、2008年1月18日(BWV.81)、2008年5月16日(BWV.129)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。