サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Live At The Village Vanguard

Live At The Village Vanguard

  • 発売日:2014/10/20
  • レーベル:Sunnyside
  • カタログNo.:SSC1337
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Live At The Village Vanguard【CD】

Guillermo Klein

現代音楽の鬼才ギレルモ・クライン。アルゼンチン・ロック/ポップ・ミュージックのパイオニア、リリアナ・エレーロをフィーチャー! N.Y.ヴィレッジ・ヴァンガードの新たなる一...

もっと見る

Live At The Village Vanguard【CD】

2,365(税込)

ポイント :21pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Golondrinas (5:46)
  2. Dulzura Distante (3:50)
  3. Cartas De Amor Que Se Queman (5:22)
  4. Argentina (4:52)
  5. O Sacrum Convivium-Phase (11:32)
  6. Moreira (6:02)
  7. Brazadas (5:30)
  8. Milonga Triste (5:07)
  9. Zamba Del Arribeno (5:41)
  10. Se Me Va La Voz (4:05)
  11. Eternauta (7:12)

その他のバージョン

CD Live At The Village Vanguard ARG輸入盤 発売日 : 2015/02/17 購入できません

商品説明

現代音楽の鬼才ギレルモ・クライン。アルゼンチン・ロック/ポップ・ミュージックのパイオニア、リリアナ・エレーロをフィーチャー! N.Y.ヴィレッジ・ヴァンガードの新たなる一頁!

Fresh Sound や、本Sunnyside でリーダー作をリリース。鬼才アレンジャーぶりを発揮しているギレルモ・クラインによるN.Y.ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音。ヴァンガードと言えば、今や説明不要のジャズの聖地的な存在。ギレルモ自身は、自ら率いるLos Guachos などで、何度となく聖地に出演。しかし、この週は、雰囲気を異にした模様です。『Bienestan』(Sunnyside: SSC1245) という作品で双頭バンドに名を連ねたアーロン・ゴールドバーグを含む基本のクインテットに加え、昨今、来日も果たし、メルセデス・ソーサの後継者とも語られるアルゼンチンのポップ・ミュージックにおける草分け的( ロックとフォークロア的な音楽をブレンドし新たなる地平を拓いた) パイオニア、リリアナ・エレーロをフィーチャー。近年、自身も拠点を故国アルゼンチンに移したギレルモは、ルーツに回帰したステージをこの日展開していきます。タンゴの巨匠、カルロス・ガルデル、アルゼンチン・ロックのスター、ルイス・アルベルト・スピネッタ、そして、ギレルモとリリアナを橋渡ししたクチ・レギサモン、ウルグアイのシンガー・ソングライター、フェルナンド・カブレラの楽曲を演奏。実際、スピネッタ・バンドのベーシスト&ドラマーであった、マティアス・メンデス、セルジオ・ヴェルドゥネッリも参加し、ヴァンガードはさながら、アルゼンチンに移ったかのような世界になります。しかし、一方ではまた、現代音楽的なサウンド・クリエイターとしても才能を発揮するギレルモらしい楽曲も演奏。ミニマル・ミュージック的な要素も合い交えたインスト・ミュージックも披露されますが、これが、リリアナのヴォーカルをフィーチャーした楽曲と何の違和感もなく演奏され、一つの世界になっているところも注目。これは、お互いが本質的に音楽的世界を理解し共有しているからこそでしょう。出会いは、2009 年。スピリチュアリティと哀愁にじむ歌の世界と、明暗自在のギレルモのアレンジのコラボレーションは見事に溶けあって、たった6 人とは思えない壮大なものも描き出していきます。1935 年にオープンしたヴァンガードは、もうすぐ開店80 年。その最初の10 年間はカリプソや、ブルースが鳴り響き、また前衛芸術発表の場でもあったのだとか。長い歴史では異色と見えるこの日のライブですが、ある意味原点回帰であり、確実に新しい一頁を飾ったステージ。そんな演奏が、作品化されて登場です。

Richard Nant(tp, perc)
Aaron Goldberg(fender rhodes)
Matias Mendez(b & back-up vocal=M 1 & 10)
Sergio Verdunelli(ds)
Guillermo Klein(p, vo)
Liliana Herrero(vo)
Bill McHenry(ts on M7)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。