サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

Clark

  • 発売日:2014/11/02
  • レーベル:Warp
  • カタログNo.:BRC446
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Clark【CD】

Clark (Chris Clark)

エイフェックス・ツインやオウテカの血を引く、UKテクノの後継者として登場した00年代の<WARP>の象徴にして、レーベル随一の多作家でもあるクラークが、自身の名を冠した最...

もっと見る

Clark【CD】

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

曲目

ディスク1
  1. Ship Is Flooding
  2. Winter Linn
  3. Unfurla
  4. Strength Through Fragility
  5. Sodium Trimmers
  6. Banjo
  7. Snowbird
  8. The Grit In The Pearl
  9. Beacon
  10. Petroleum Tinged
  11. Silvered Iris
  12. There’s A Distance In You
  13. Treat
  14. Everlane (Bonus Track for Japan)

その他のバージョン

CD Clark UK輸入盤 発売日 : 2014/11/03 1~3日
CD Clark (Ltd) 国内盤 発売日 : 2015/04/26 購入できません

商品説明

エイフェックス・ツインやオウテカの血を引く、UKテクノの後継者として登場した00年代の<WARP>の象徴にして、レーベル随一の多作家でもあるクラークが、自身の名を冠した最新アルバム『Clark』のリリースを発表し、その全貌を明らかにした。ファンからの熱い要望に応えて2012年に日本盤化されたデビュー作『Clarence Park』(2001年)に始まり、今もコアファンの間で根強い人気を誇る『Body Riddle』(2006年)、クラークの狂気の“陰”と“陽”とも言うべき『Turning Dragon』(2008)と『Iradelphic』(2012)といった名作たちを世に残し、本年度の『Superscope』EPと「Phosphor」と名付けられた強烈なヴィジュアルを取り入れたライヴ・ショウによって、ますます進化を遂げた、彼のストーリーのクライマックスとなる本作には、優れたメロディと、繊細かつ気まぐれに変化するムードとが詰まった印象的な楽曲群が並ぶ。誰も真似出来ない独創的サウンドを創作し、ジャンルという枠をエレクトリック・ミュージックで壊していくという<WARP>の理想を体現し、どんなスタイルの楽曲でも一聴してクラークとわかる狂気を纏った彼だからこそ辿り着いた、文字通り渾身の一枚である。

「このアルバムでは"環境”を取り入れたかったんだ」CLARKは説明する。「これは外向的な作品で、外の世界のサウンドがたっぷりと含まれている。人の手が介在しないサウンドがね。風で枝が折れる音、嵐が近づいてくる音、積もる雪の静けさ。機械が生み出す音の中に混じって、そういったものがすべてここに収められているんだ」


(メーカー・インフォメーションより)


【初回生産盤: 豪華パッケージ仕様】
■型抜アウタースリーヴ
■アートカード2枚封入

【国内盤特典】
■ボーナストラック1曲収録

アーティスト紹介

Clark (Chris Clark)

エイフェックス・ツインやオウテカの血を引く、UKテクノの後継者として登場した00年代の〈WARP〉の象徴にして、レーベル随一の多作家にして、現在はベルリンを拠点に活動。2001年に『Clarence Park』で衝撃のデビューを飾り、これまでに7枚のオリジナル・アルバム、8枚のEP、そして自身のリミックス仕事をまとめた・・・

エイフェックス・ツインやオウテカの血を引く、UKテクノの後継者として登場した00年代の〈WARP〉の象徴にして、レーベル随一の多作家にして、現在はベルリンを拠点に活動。2001年に『Clarence Park』で衝撃のデビューを飾り、これまでに7枚のオリジナル・アルバム、8枚のEP、そして自身のリミックス仕事をまとめた編集盤を驚異的なペースでリリース。2014年に自身の名を冠してリリースし多くの賞賛を得た『Clark』を携え行われたワールドツアーの後、サマンサ・モートンやタハール・ラヒム、ジョン・ハートが出演して話題の海外ドラマ『The Last Panthers』のサウンドトラックを書き下ろし、さらにYoung Vicシアターで上演された『マクベス』の音楽を担当。2016年の終わりには、The Echo Societyオーケストラに『Enter The Void』を作曲し、この曲はJoe Trapane(M83 & ダフト・パンクのコラボレーター)の指揮のもと、LAの由緒あるAce Theatreで上演されるなど表現活動の振幅を広げてきた。2017年4月には3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Death Peak』をリリースする。

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。