サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

Live In London

  • 発売日:2014/11/24
  • レーベル:Concert Live
  • カタログNo.:CLCD520
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:UK
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Live In London【CD】 2枚組

Kelis

UKのクラブ系レーベルのNinja Tuneに移籍し、リリースした待望のニューアルバム『Food』が高く評価されたケリスが、今度はライブ・アルバムを発表!今年7月14日、...

もっと見る

Live In London【CD】 2枚組

2,689(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Feeling Good (Intro)
  2. Breakfast
  3. Millionaire
  4. Rumble
  5. Cobbler
  6. Trick Me
  7. Got Your Money
  8. Friday Fish Fry
  9. Lil Star
  10. Get Along With You/Good Stuff/Glow
ディスク2
  1. Milkshake
  2. Bounce
  3. Forever Be
  4. 4th of July
  5. Acapella

商品説明

UKのクラブ系レーベルのNinja Tuneに移籍し、リリースした待望のニューアルバム『Food』が高く評価されたケリスが、今度はライブ・アルバムを発表!今年7月14日、ロンドンのサマセット・ハウスで行ったライブで、1stから「Get Along With You/Good Stuff/Glow」のメドレー、2003年に放った彼女の最大のヒット曲「Milkshake」、最新アルバムから「Rumble」や「Friday Fish Fry」などをパフォーマンス。今夏、再度出演したフジロックでのパワフルでファンキーなケリスに魅了されたという方もぜひ!

アーティスト紹介

Kelis

スーパー・プロデューサー・ユニット、Neptunesの秘蔵っ子と呼ばれた“サンダー・ビッチ”ケリスも、Nasと婚約し私生活も大充実。そして2003年リリースした「Tasty」ではNeptunesだけに頼らず多くのプロデューサーを起用し、新たなケリス・ワールドを展開。よくあるR&B系シンガーとは一線を画する強烈なアクの強さは、ロックファンをも魅了する。 ケリスのデビューは1999年。オール・ダーティ・バスタードの"Got Your Money"で注目を集めた後、シングル"Caught Out There"でいきなり世の男性の度肝を抜く。“あんんたなんか大っ嫌い!”と叫ぶこの曲で、ケリスは“サンダー・ビッチ”という強烈なあだなを頂いてしまう。ところが同年末にリリースしたアルバム「カレイドスコープ」ではシングルを凌ぐ衝撃を与える。自身が考えたという素っ裸にボディ・ペインティングを施した強烈ジャケ。これだけで、彼女が超個性派であることはよ~くわかる。

プロデューサー・ユニットネプチューンズのバックアップを受けたこのアルバムは、ケリス本人だけでなくネプチューンズのトータル・プロデュースの実力も大きく世間にアピールした作品となり、その後、ネプチューンズはベイビーフェイスアッシャージャスティン・ティンバーレイクなど大物アーティストとの仕事を数多く手がけるようになる。

一方、ケリスは2000年、フジロックのホワイトステージに登場。圧倒的な歌唱力で日本のオーディエンスの目を釘付けにするにとどまらず、ニルヴァーナの"スメルズ・ライク・ティーン・スピリット"のカヴァーを披露しロック・ファンのド肝を抜いたのも記憶に新しいところ。

そして2001年、再びネプチューンズが全面的にプロデュースしたセカンド・アルバム「ワンダーランド」をリリース。R&Bからヒップホップ、ロックとすべてを巻き込んだ表現で、独自のスタイルを築きあげる。ところが、この傑作アルバムは本国アメリカではリリースされなかった。先行発売の日本とヨーロッパのみ流通され、アメリカではお蔵入りとなってしまう。そんなアメリカ式ビジネスのやり方に憤りを感じたケリスは、ネプチューンズのレーベルであるスター・トラックに移籍(アメリカではBMG配給、「テイスティ」は日本とヨーロッパはヴァージン配給:アルバムの裏にはAristaとVirginとStar Trakのロゴが...)。

アーティストとして成長したケリスは、約2年ぶりとなるサード・アルバム「テイスティ」で自らエグゼクティヴ・プロデューサーを買って出る。デビュー以来、彼女の作品を手掛けてきたネプチューンズに加え、豪華、かつアクの強いプロデュース陣が結集させた。まずはTLCをはじめ多くのR&Bヒットを生み出したアトランタの重鎮ダラス・オースティンをはじめ、最新アルバムでは自作自演で濃密かつヘンタイ的な(?)トラックメイキングのセンスを見せつけたアウトキャストのアンドレ3000、元トニ・トニ・トニという説明は不要なほど、ソロ・アーティストとしてもプロデューサーとしても充実した活躍をみせているラファエル・サディーク、東海岸ヒップホップを代表するトラックメイカーであり、ジャネットクリスティーナ・アギレラなども手掛けるロックワイルダー……など、濃厚なメンツがズラリ。さらに、先ごろケリスと婚約したばかりのNasもラッパーとして参加するなど、話題性にも事欠かない。

ネプチューンズのプロデュースによる先行シングル"ミルクシェイク"は、エアプレイのみながら全米シングル・チャート3位まで急上昇。タブラのリズムが耳にのこる、トライバルでいて先鋭的なこの曲が注目されているのは、ネプチューンズがクリエイトするサウンドのインパクトももちろんのこと、ケリスの歌が感じさせる強烈な個性があってこそのこと。

それを裏付けるように、このアルバム「テイスティ」は、カラフルかつ大胆な、刺激的なサウンドが全編にわたって展開されていながら、かつてないほどにパーソナルな側面が打ち出され、彼女がみせるさまざまな感情が楽曲にリアリティを与えています。ファースト、セカンドに感じられた、鼻っ柱の強い自尊心に満ちたディーヴァといったようなイメージとはまたひと味違う、ケリスの飾らぬ素顔──アルバム「テイスティ」は、成熟の過程にある24歳の女性としての彼女の姿が、生々しく映し出された作品。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。