サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. セレナータ・ノットゥルナ、弦楽四重奏曲第1番(弦楽合奏)、カッサシオン 長岡京室内アンサンブル

セレナータ・ノットゥルナ、弦楽四重奏曲第1番(弦楽合奏)、カッサシオン 長岡京室内アンサンブル

  • 発売日:2015/02/27
  • レーベル:Fine Nf *classic*
  • カタログNo.:NF60107
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

セレナータ・ノットゥルナ、弦楽四重奏曲第1番(弦楽合奏)、カッサシオン 長岡京室内アンサンブル【SACD】

モーツァルト(1756-1791)

もっと見る

セレナータ・ノットゥルナ、弦楽四重奏曲第1番(弦楽合奏)、カッサシオン 長岡京室内アンサンブル【SACD】

4,104(税込)

ポイント :38pt

SACDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


長岡京室内アンサンブル、新たな境地へ!
ローディ、カッサシオン、セレナータ・ノットゥルナ
クァルテット配置で演奏!


長岡京室内アンサンブルの第7弾は、モーツァルトの3つの作品を収録しています。長岡京室内アンサンブルは、2001年に『長岡京室内アンサンブル Debut』(NF60101)をリリースし、「驚異のアンサンブル」と評され、衝撃のデビューを果たしました。特にモーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』は、今までどのアンサンブルからも聴かれない清心な響きと音色、精度の高い演奏で驚きをもってむかえられました。さらに、わが国初のハイブリッドSACDとして高品位録音としても大きな反響を呼びました。
 その後、第2弾の『In memory of Hideo Saito』ではモーツァルトのディヴェルティエントK.136-138を収録しており、これらの作品も含めてモーツァルトは演奏会でしばしばを取りあげられており、長岡京室内アンサンブルのレパートリーの中核をなす作曲家です。
 その後、長岡京室内アンサンブルは配置にもさまざまな工夫をこらし、『東洋と西洋』(NF6015)では、両翼にチェロ、中央にコントラバという、バス・ピラミッド配置を採用していまが、今回収録では、半円形の3つのクァルテットにソリスト群を加えた新たな配置を取り入れており、音色と響きにも一層の深化が聴き取れます。
 収録は、長岡京室内アンサンブルの発生の地であり、本拠地ともいえる長岡京記念文化会館で2014年の2月におこなわれた公演と、前日に行われた録音セッションから制作しており、高品位録音としてハイブリッドSACDでリリースします。
 長岡京室内アンサンブルの新たな境地を是非お聴きください。(fine NF)

【収録情報】
モーツァルト:
● 弦楽四重奏曲第1番ト長調 K.80『ローディ』(弦楽合奏版)
● カッサシオン ト長調 K.63
● セレナード第6番ニ長調 K.239『セレナータ・ノットゥルナ』

 長岡京室内アンサンブル
 音楽監督:森 悠子

 録音時期:2014年2月7,8日
 録音場所:京都府、長岡京記念文化会館
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション&ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.1 SURROUND

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。