サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

Nexus

  • 発売日:2015/03/17
  • レーベル:Highnote Records (us
  • カタログNo.:HCD7274
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Nexus【CD】

Pat Martino

パット・マルティーノが1994年に実質上完全復帰した際、大きく貢献したピアノ奏者ジム・リドルとの貴重なデュオ音源!その飽くなき探究心とストイックな姿勢からギター神とまで謳...

もっと見る

Nexus【CD】

2,365(税込)

ポイント :21pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Recollection
  2. Tenetree
  3. Sun on My Hands
  4. The Phineas Trane
  5. Country Road
  6. Interchange
  7. Oleo
  8. Naima

商品説明

パット・マルティーノが1994年に実質上完全復帰した際、大きく貢献したピアノ奏者ジム・リドルとの貴重なデュオ音源!

その飽くなき探究心とストイックな姿勢からギター神とまで謳われるパット・マルティーノ。人気絶頂のまっ只中の1980年に脳動脈瘤の手術で記憶を失い、両親の手厚い看護のもと、長く過酷なリハビリを経て、87年にN.Y.でのライヴ盤『The Return』で復帰・・・したかに見えたが、今度は両親の健康状態が悪化してマルティーノは看病のために再び引退生活を余儀なくされる。しかし89年に母が、翌90年に父が相次いで他界。喪失感に苛まれてフィラデルフィアの自宅にこもっていた92年のある日、ふと街の小さなクラブに入ったとき、たまたまピアノを弾いていたのが、当時はフィラデルフィア界隈でしか知られていなかった無名のジム・リドルであった。

彼の演奏に心打たれたマルティーノは、思わず声を掛ける。2人の友情が始まった瞬間だ。リドルはその後1994年にマルティーノが本格的な復帰を果たす際に大きな役割を果たし、同年に録音された3アルバムに参加している(James Ridl=ジェームス・リドルとクレジットされているが同一人物)。

本作は1990年代半ばにフィラデルフィアのTin Angelというクラブへ出演したときの音源。演奏曲は、94年の本格復帰第1弾『Interchange』にも収録されていたM1やM6、2003 年の『Think Tank』に収録されていたハロルド・メイバーン作曲のM4など、いずれも粒ぞろい。中でも興味深いのが、2000年のオルガン・トリオ作『Live At Yoshi's』にも収録されていて、その後のマルティーノのライヴでも時々披露されてきているM7。ご存知ソニー・ロリンズ作で元々はリズム・チェンジ曲なのだが、『Live At Yoshi's』などではコード一発のモード・チューンと、原曲とはまったく異なるフォーマットとなっている。実はこれがジム・リドルのアレンジによるものであったというのには驚く。つまり、本作ではその原型とも言える演奏が聴けるのだからして貴重極まりない。また、マルティーノのキャッチーなメロディが最高にメロウなM5 は教則のDVD やワークショップで有名ながら、作品としてのリリースはこれが初出! コルトレーンの名バラードで渾身の演奏を見せるラストまで、必聴の8トラックです。

Pat Martino (g)
Jim Ridl (p)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。