サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

Born Under Saturn

  • 発売日:2015/05/12
  • レーベル:Because
  • カタログNo.:2564.61328
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Born Under Saturn【CD】

Django Django

2012年、セルフタイトルのデビュー・アルバムがNMEやローリング・ストーン、Qやピッチフォークなどのメディアから高く評価され、英国の権威あるマーキュリー・プライズにもノ...

もっと見る

Born Under Saturn【CD】

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Giant
  2. Shake and Tremble
  3. Found You
  4. First Light
  5. Pause Repeat
  6. Reflections
  7. Vibrations
  8. Shot Down
  9. High Moon
  10. Beginning to Fade
  11. 4000 Years
  12. Break the Glass
  13. Life We Know

その他のバージョン

CD Born Under Saturn UK輸入盤 発売日 : 2015/05/04 購入できません
CD Born Under Saturn US輸入盤 発売日 : 2015/05/04 購入できません
CD Born Under Saturn AUS輸入盤 発売日 : 2015/05/01 購入できません

商品説明

2012年、セルフタイトルのデビュー・アルバムがNMEやローリング・ストーン、Qやピッチフォークなどのメディアから高く評価され、英国の権威あるマーキュリー・プライズにもノミネートされた、エディンバラ出身のアート・ロック・バンド、ジャンゴ・ジャンゴ。その彼らの2年振りとなるニュー・アルバムが到着した!

デビュー・アルバムが高い評価を受ける中、グラストンベリーやフジロック・フェスティヴァルにも出演を果たした彼ら。その第1作目が完成した当時は「きっとエジンバラで6万人を集めるぐらいの宅録レコード」と本人たちは思っていたそうだが、あれよあれよという間に、ツアーが次々と舞い込み、彼らの人気と評判はいつしかスコットランドからイギリス、そしてヨーロッパ、アメリカ、さらには日本まで広がっていったのだった。

本作『BORN UNDER SATURN』は、ベッドルームから飛び出し、世界を経験したことによって、経験と自信を積んだジャンゴ・ジャンゴによる新作である。だからといって、彼らの根本にあるDIY精神は少しも変わっていない。ただ、イマジネーションを描き出すキャンバスのサイズが大きくなっただけである。

イースト・ロンドンにあるネティル・ハウス(Netil House)とオックスフォードシャー、バンベリーにあるアンジェリック・スタジオ(Angelic Studio)でレコーディングされ、プロデュースはバンドのドラマーであるデイヴ・マクリーンが手掛けている。「歌詞を書いていた時、生まれ変わりとか、人生の新たな一頁を開いて新しいことを始めようといったことを示唆する表現がいろいろ浮かんできた」そうデイヴは語り、こう続けた。「多分、全員がそう感じてたんじゃないかな」しかし、前作同様、実験的でジャンル不問のエレクトリックでサイケデリック、かつ生楽器のダイナミズムを取り入れたアート・ロック・サウンドも健在である。ちなみに、デイヴ自身、これは自分たちがアルバムよりミックス・テープを聞いて育ったことが影響しているのではないかと分析しているそうだ。

またデビュー作をリリースしてから本作までの間、ドラマーのデイヴは、デーモン・アルバーンのアフリカ・エクスプレスの一員としてマリに同行し、またキーボードのトミーと一緒にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台音楽を手掛けたりしていた。そしてこれらの活動を終えた後、メンバーはジャンゴ・ジャンゴの第2作を作りたくてうずうずしていたという。「音楽を再び作りたくて仕方がなかったよ。自分の部屋でローファイな宅録アルバムをパジャマ姿で作っていたところから、大勢の人たちの前で演奏するところまで行く間に、ずいぶんたくさんのことを学んだからね」そうデイヴは語った。

ジャンゴ・ジャンゴならではの、エレクトリックでサイケデリック、かつ生楽器のダイナミズムを取り入れたアート・ロック・サウンドを、さらに多くのジャンルやスタイルを取り込み、一段と大きく、壮大に進化させた最新作『BORN UNDER SATURN』。“少数の好きモノが買ってくれるような、小さなアートスペースでライヴを行うようなバンドだと自分たちも思っていた”ジャンゴ・ジャンゴが、自分たちも想像していなかったところにまで行ったとき――「じっとしていることなんて出来ないよ。とことんやっていくしかないんだ」そうメンバーも語るように、彼らはまた新たな世界の扉を開くのだ。

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。