サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ロック
  5. Sound Of Blue (紙ジャケット)

Sound Of Blue (紙ジャケット)

  • 発売日:2015/06/03
  • レーベル:Vivid
  • カタログNo.:VSCD4295
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:SHM-CD
  • 国内送料無料

SHM-CD

Sound Of Blue (紙ジャケット)【SHM-CD】

Phil Manzanera

ロキシー・ミュージックのメンバー(G.)で、コンポーザーとしてはブライアン・フェリーと共にロキシー・ミュージックのヒット曲を数多く創り、ソロ・アーティストとしても幾つかの...

もっと見る

Sound Of Blue (紙ジャケット)【SHM-CD】

2,808(税込)

ポイント :26pt

SHM-CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. 遥かなるマグダレナ川 Magdalena
  2. 1960年、カラカス(フィーチャリング・ソニア・ベルナルド) 1960 Caracas featuring Sonia Bernardo
  3. ザ・サウンド・オブ・ブルー ~ 蒼の追憶  The Sound of Blue
  4. ローズマリオンの頂き Rosemullion Head
  5. ハルムスタッドの情景 Halmstad
  6. トラムンターナへの旅路 Tramuntana
  7. アトラス山脈からの風 High Atlas
  8. 私の家 Mi Casa
  9. アンディとの対話 In Conversation with Andy MacKay
  10. 自分を信じろ(フィーチャリング・ソニア・ベルナルド) No Church in The Wild featuring Sonia Bernardo

その他のバージョン

CD Sound Of Blue ASA輸入盤 発売日 : 2015/04/28 購入できません

商品説明

ロキシー・ミュージックのメンバー(G.)で、コンポーザーとしてはブライアン・フェリーと共にロキシー・ミュージックのヒット曲を数多く創り、ソロ・アーティストとしても幾つかのプロジェクトを率いて名盤・名曲を創り出し、プロデューサーとしてはピンク・フロイドの最新アルバムやディヴィッド・ギルモアのソロ・アルバムを手掛けヒットに導いた、フィル・マンザネラ。そんなブリティシュ・プログレッシヴ・ロック・シーンを代表するギタリスト、コンポーザー&プロデューサーのフィルが満を持してリリースする3年振り、かつインストゥルメンタル・アルバムとしては『プリミティヴ・ギターズ』以来、何と33年振りとなるギター・アルバム『ザ・サウンド・オブ・ブルー』が完成!インストゥルメンタル中心で構成された本作は正にフィル・マンザネラのマルチ・アーティストとしての全てを才能を投入したファンマストの強力作だ。クルーエル・レコード主宰の瀧見憲司氏が神田朋樹氏と組んだDJチーム、Being Boringsがリミックスを手がけ発展させたタイトル曲「The Sound Of Blue」をはじめ、2011年にジェイ・Zとカニエ・ウエストのコラボで話題となり、翌年デンゼル・ワシントン主演映画『デンジャラス・ラン』のテーマ曲にもなった大ヒット曲「No Church in The Wild」は、フィル・マンザネラの「K-Scope」のギターリフがサンプリングされたことでも知られているが、なんと本作ではその曲を逆カヴァー。原曲を活かしながらもロック的アプローチで表現したホットなナンバーで話題になること必至!!

<ザ・サウンド・オブ・ブルー ~ 蒼い追憶>

“この新しいインストゥルメンタル・ナンバーで構成されたアルバムを制作する時、それぞれのナンバーの為にある種の可能性が秘めた物語を考えました。
その為に『ザ・サウンド・オブ・ブルー』と題したアルバムを制作している間、私は何年も再訪することが出来なかったおいで深い土地での記憶や自分自身の当時の感情を呼び起こし始め、10の楽曲に投影することにしました。
幼少期に過ごしたラテン・アメリカのコロンビアのマグダレーナとベネズエラのカラカス、
コロンビア出身の私の母、
1970年代前半の初期のロキシー・ミュージックで活動していた時の目がくらむような疾走する日々、
音楽的視野を拡げる為に旅した時に滞在したスウェーデンのハルムスタッドとスペインのトラムンタナ、
1960年代の幼児期、イギリスのコーンウェルで過ごしていた時に近くにある美しい岬のローズマリオン・ヘッドを探検した日々、
さらに世界的なヒップ・ホップ・アーティストの2人のスターが私のサウンドをサンプリングし、想像もできないアプローチで楽曲に使用してくれた・・・

この私のニュー・アルバム『ザ・サウンド・オブ・ブルー』はそんな私のこれまでに体験した記憶の短編映画のサウンドトラックであり、それは私の音楽で表現した自叙伝といえるものです“
                                    2015年2月10日火曜日
フィル・マンザネラ

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。