サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブックフェア

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『オテロ』全曲 モシンスキー演出、ビシュコフ&メトロポリタン歌劇場、ボータ、フレミング、シュトルックマン、他(2012 ステレオ)

『オテロ』全曲 モシンスキー演出、ビシュコフ&メトロポリタン歌劇場、ボータ、フレミング、シュトルックマン、他(2012 ステレオ)

  • 発売日:2015/08/20
  • レーベル:Decca *cl*
  • カタログNo.:0743892
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:Blu-ray
  • 国内送料無料

Blu-ray

『オテロ』全曲 モシンスキー演出、ビシュコフ&メトロポリタン歌劇場、ボータ、フレミング、シュトルックマン、他(2012 ステレオ)【ブルーレイ】

ヴェルディ(1813-1901)

もっと見る

『オテロ』全曲 モシンスキー演出、ビシュコフ&メトロポリタン歌劇場、ボータ、フレミング、シュトルックマン、他(2012 ステレオ)【ブルーレイ】

3,888(税込)

ポイント :36pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


ヴェルディ:『オテロ』全曲
モシンスキー演出、ビシュコフ指揮、ボータ、フレミング、シュトルックマン、他
2012年メトロポリタン歌劇場ライヴ


世界屈指のヘルデンテナーとして活躍するヨハン・ボータが、オテロ役を歌い上げた舞台のライヴ映像。ボータの声は体躯同様に大きなもので、強靭な声の求められる場面でも余裕をもって歌えています。一方でオテロの死の場面などでは抒情的な表現にも長けているところを見せてくれますし、現代の歌手らしく、楽譜を尊重する態度は演劇的なオテロ像とはまた違った味があるようにも思えます。
 ボータと同じくワーグナーでも活躍するファルク・シュトルックマンの演ずるイアーゴも凄い迫力で、主役をくってしまうほどの悪役ぶりがさすが。
 フレミングの演ずるデズデモナは、純情無垢な悲運の妻を表現力豊かに演じたもので、「柳の歌~アヴェ・マリア」の美しさは感動的でした。
 モシンスキーの演出は1994年に制作された伝統的で豪華な写実スタイルで、歌の邪魔をしない見やすいものとなっています。
 ビシュコフの指揮はヴェルディ随一といわれるこの作品のオーケストレーションの素晴らしさを完璧に引きだしてみせた見事なもの。メトのオーケストラの巧さを改めて感じさせる仕上がりです。
 なお、ロドヴィーコ役として、かつてのヴォータン歌い、ジェイムズ・モリスが出演しています。(HMV)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『オテロ』全曲


 ヨハン・ボータ(テノール:オテロ)
 ルネ・フレミング(ソプラノ:デズデモナ)
 ファルク・シュトルックマン(バリトン:イアーゴ)
 マイケル・ファビアーノ(テノール:カッシオ)、他
 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団
 セミョン・ビシュコフ(指揮)

 演出:イライジャ・モシンスキー

 収録時期:2012年10月27日
 収録場所:ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場(ライヴ)

 画面:カラー、16:9、HD
 音声:PCMステレオ、DTS-HD Master Audio 5.1
 字幕:英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。