サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Tony Bennett At Carnegie Hall (Hyb)

Tony Bennett At Carnegie Hall (Hyb)

  • 発売日:2015/05/04
  • レーベル:Analogue Productions
  • カタログNo.:CAPP823SA
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

Tony Bennett At Carnegie Hall (Hyb)【SACD】

Tony Bennett

• Hybrid Multichannel SACD (3-Channel Stereo)• Mastered by Ryan Smith at ...

もっと見る

Tony Bennett At Carnegie Hall (Hyb)【SACD】

6,583(税込)

ポイント :60pt

SACDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Lullaby Of Broadway
  2. Just In Time
  3. All The Things You Are
  4. Stranger In Paradise
  5. Love Is Here To Stay
  6. Climb Ev’ry Mountain
  7. Ol’ Man River
  8. It Amazes Me
  9. Firefly
  10. I Left My Heart In San Francisco
  11. How About You
  12. April In Paris
  13. Solitude
  14. I’m Just A Lucky So And So
  15. Always
  16. Anything Goes
  17. Blue Velvet
  18. Rags To Riches
  19. Because Of You
  20. What Good Does It Do
  21. Lost In The Stars
  22. One For My Baby (And One More For the Road)
  23. Lazy Afternoon
  24. Sing You Sinners
  25. Love Look Away
  26. Sometimes I’m Happy
  27. My Heart Tells Me
  28. De Glory Road

商品説明

• Hybrid Multichannel SACD (3-Channel Stereo)
• Mastered by Ryan Smith at Sterling Sound from the original analog 3-track tapes
• This Hybrid SACD is playable on ALL CD Players

Tony Bennett (vo)
Ralph Sharon (p)
Al Cohn (ts)
Kenny Burrell (g)
Candido Camero (per)
Ralph Sharon Orchestra
Originally recorded in 1962

アーティスト紹介

Tony Bennett

1950年代にはコロンビアから、“ビコーズ・オブ・ユー”“コールド・コールド・ハート”などヒット・シングルを続け、“思い出のサンフランシスコ”でグラミー賞を受賞した。その後もコンンスタントに活躍を続け、ジャズ・ファンにとってはビル・エヴァンスとの共演盤は忘れられない作品。

イタリア移民の食料品店の息子として1926年8月3日クイーンズに生まれたAnthony Dominick Benedettoこと、トニー・ベネットはマンハッタンの美術高校に入学後、歌と絵画に情熱を傾けた。もちろん当時のアイドルはビング・クロスビーやナット・キング・コールだった。

 兵役後、ベネットはチャンスを掴み、1946年アストリア・ホテルの“シャングリラ”でタイリー・グレンのバンドで歌うことが出来た。1949年にはボブ・ホープに見出され、彼のショウに出ることになった。そのとき当時の芸名ジョー・バリーは、ホープによってオリジナル・ネイムからとったトニー・ベネットに代えられた。歌手トニー・ベネットの誕生である。
1950年代にはコロンビアから、“ビコーズ・オブ・ユー”“コールド・コールド・ハート”などヒット・シングルを続け、“思い出のサンフランシスコ”でグラミー賞を受賞した。その後もコンンスタントに活躍を続け、ジャズ・ファンにとってはビル・エヴァンスとの共演盤である「トニー・ベネット&ビル・エヴァンス」は忘れられない作品。

80年代初頭やや不調な時期を越え、息子のダニーがマネージャーを担当するようになって復活した。この息子が行なったのトニーの新しい魅力の発掘によって、トニーは不死鳥のように甦り、シナトラ亡き後のだ男性ヴォーカルのトップに君臨している.

トニー・ベネットはいまや三世代に渡ってのファンを持つ稀有な存在としてますます元気である。近年リリースしたエリントン作品集『ベネット・シングス・エリントン:ホット&クール』はいまだにトニーがナンバーワンであることを証明した。

 2001年に発表した作品は、御大シナトラを追うように、様々なジャンルの歌手達と共演したデュオ集。ベネットがシナトラ亡きあと最高のエンターテイナー歌手であることを証明した作品となった。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。