サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/時代のタクト(12CD+BOOK)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/時代のタクト(12CD+BOOK)

  • 発売日:2015/06/17
  • レーベル:King International
  • カタログNo.:KKC8626
  • 組み枚数:12枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/時代のタクト(12CD+BOOK)【CD】 12枚組

もっと見る

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/時代のタクト(12CD+BOOK)【CD】 12枚組

22,680(税込)

ポイント :210pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


限定豪華本(12CD+Book)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/IM TAKT DER ZEIT(時代のタクト)


2014年より正式にスタートしたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」。現在は次期音楽監督の選出でも大いに話題となっています。
 「IM TAKT DER ZEIT(時代のタクト)」と名付けられたこの商品は、数年前に単売されていたディスク12枚と、歴史あるベルリン・フィルの伝統が詰まった資料および写真が掲載された豪華本がセットとなったもの。CDの内容は既発ながらも、現在は入手しにくい貴重な盤です。
 1913年録音のヘルツの『パルジファル』抜粋。ベルリン・フィル2代目の常任指揮者のニキシュの1920年の録音。1954年のフルトヴェングラーとベルリン・フィル最後の演奏会のベートーヴェン。1972年収録のオイストラフ指揮によるチャイコフスキーの『悲愴』。ラトルとベルリン・フィル初顔合わせとなった1987年のマーラー第6番。1996年収録のアバド指揮のモーツァルト『ハフナー・セレナード』。2002年収録アーノンクール指揮のバッハなど、ベルリン・フィルの歴史を彩った13人の指揮者たちの貴重な演奏は必聴です。
 豪華写真集は、最初に1882年10月17日のベルリン・フィル初舞台時のプログラムが掲載され、創立以来133年間オーケストラの最高峰に君臨するベルリン・フィルの栄光を堪能することができます。本にはシリアルナンバーが添付され、創立年である1882冊を発行しています。
 また日本限定特典として、ベルリン・フィルを代表する偉大なる指揮者、フルトヴェングラー、カラヤン、アバド、ラトルの写真がプロクオリティの生写真で付属します(いずれかの指揮者の写真が付属。写真は選べません)。さらに写真にはベルリン・フィル公認の刻印スタンプがついた限定仕様となっています。

【商品内容】
● CD12枚
● 豪華写真集(全80ページ)
● 日本限定特典:ベルリン・フィル・オリジナル刻印付きアーティスト生写真
 1. フルトヴェングラー
 2. カラヤン
 3. アバド
 4. ラトル
 *上記のいずれかの指揮者の写真が付属します。種類は選べません。

 商品サイズ:H410mm W285mm D16mm

【収録情報】

アルフレート・ヘルツ/アルトゥール・ニキシュ (BPH0601) [59:16]
● ワーグナー:『パルジファル』からの組曲 [36:59]

 アルフレート・ヘルツ(指揮)
 録音:1913年9月12,13,15,16日、ベルリン(モノラル)

● リスト:ハンガリー狂詩曲第1番へ短調 [13:29]
● ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』 [8:37]

 アルトゥール・ニキシュ(指揮)
 録音:1920年、ベルリン(モノラル)

黎明期のワグネリアンで、ドイツ以外で最初に『パルジファル』を指揮したことでも知られるアルフレート・ヘルツ[1872-1942]はフランクフルトに生まれ、同地で音楽教育を修了、27歳の頃にはすでにワーグナー作品の指揮で名を成していました。ロンドンを経てニューヨークに渡った彼はその後、1915年までメトロポリタン歌劇場のドイツ・オペラ担当として活躍、同年、サンフランシスコ交響楽団の指揮者となり、1930年まで同オーケストラを指揮して活躍します。
 当CDに収録された『パルジファル』からの組曲は、ヘルツがすでにメトロポリタン歌劇場で名声を得ていた頃にベルリンで収録されたもので、第1幕前奏曲、第1幕の場面転換の音楽、第3幕の場面転換の音楽、聖金曜日の音楽を収録しています。
 組み合わせのアルトゥール・ニキシュ[1855-1922]の名前は、クラシック・ファンには『運命』最初の録音をおこなった人物として知られていますが、今回のCDに収められたのはその『運命』よりはだいぶ音響条件の良いアコースティック後期、1920年の録音です。
ヤッシャ・ホーレンシュタイン (BPH0602) [59:07]
● ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

 ヤッシャ・ホーレンシュタイン(指揮)
 録音:1928年、ベルリン(モノラル)

オーストリア人を母にウクライナに生まれたヤッシャ・ホーレンシュタイン[1898-1973]は、6歳からヴァイオリンを勉強し始め、1911年にウィーンに移ってからはインド哲学と音楽を学び、アドルフ・ブッシュ、ヨーゼフ・マルクス、フランツ・シュレーカーらに師事。学生たちとアマチュア・オーケストラをつくって指揮したりしていたホーレンシュタインですが、やがて、ベルリン高等音楽院でアロイス・ハーバやエルンスト・クルシェネックに作曲を学び、やがてシューベルト聖歌隊の指揮者となり、その後、フルトヴェングラーの助手も経験。そして1922年にウィーン交響楽団を指揮してマーラーの交響曲第1番でそのキャリアをスタートします。1924年にはベルリンでも指揮を始め、1926年にはベルリン・フィルを指揮して成功、1928年にはフルトヴェングラーの推薦によりデュッセルドルフ・オペラの監督に就任します。このアルバムに収録されたブルックナーは、1928年の録音なので、ちょうどその頃の録音ということになり、快進撃を始めたホーレンシュタイン若き日の貴重な記録としても大きな意味をもっています。
 ブルックナー第7交響曲の最初の録音は、1924年にオスカー・フリート[1871-1941]がベルリン国立歌劇場を指揮した独ポリドールのアコースティック録音盤で、4年後、やはり独ポリドールによって録音されたホーレンシュタイン盤は電気録音としては最初のものということになります。SP時代の当時、7枚組という高額な大作のレコーディングになぜまだ29歳か30歳だったホーレンシュタインを独ポリドールが抜擢したのかはよくわかりませんが、演奏そのものは快適なテンポで聴きやすいものとなっています。
エーリヒ・クライバー (BPH0603) [68:47]
● モーツァルト:セレナード『アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク』 [13:00]
● ウェーバー:『プレツィオーザ』序曲 [6:35]
● シューベルト:交響曲第8番ロ短調『未完成』 [21:57]
● リスト:タランテラ [6:43]
● R.シュトラウス:『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 [14:13]
● スッペ:『軽騎兵』序曲 [6:19]

 エーリヒ・クライバー(指揮)
 録音:1930-35 年、ベルリン(モノラル)

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (BPH0604) [74:41]
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調『運命』 [33:25]
 録音:1943年6月30日、ベルリン(モノラル/ライヴ)

● ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第2組曲 [16:27]
 録音:1944年3月20-22日、ベルリン(モノラル/ライヴ)

● ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調 [24:31]
 録音:1954年9月19日、ベルリン(モノラル/ライヴ)

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

セルジウ・チェリビダッケ (BPH0605) [62:06]
● ドビュッシー:『遊戯』 [16:06]
 録音:1948年3月20日、ベルリン、フィルハーモニー(モノラル)

● メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調『イタリア』 [28:29]
 録音:1950年1月20日、ベルリン、フィルハーモニー(モノラル)

● ミヨー:フランス組曲 [17:14]
 録音:1951年3月31日、ベルリン、フィルハーモニー(モノラル)

 セルジウ・チェリビダッケ(指揮)

ヘルベルト・フォン・カラヤン (BPH0606) [65:26]
● ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱』

 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 ジークリンデ・ヴァーグナー(コントラルト)
 ルイジ・アルヴァ(テノール)
 オットー・ヴィーナー(バリトン)
 ベルリン聖ヘドヴィヒ教会合唱団
 RIAS室内合唱団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1963年10月15日、ベルリン、フィルハーモニー(ステレオ/ライヴ)

第2次大戦中に空襲で破壊され、斬新なデザインで再建されたフィルハーモニーザールの柿落とし公演ライヴ。これまで出回っていた海賊盤はモノラルでしたが、正規発売の今回は、嬉しいことにステレオで登場です。
 当日は、午前に、ミシェル・シュヴァルベ、トマス・ブランディス、ハインツ・キルヒナー、エバーハルト・フィンケという豪華メンバーによるハイドンの弦楽四重奏曲『皇帝』の演奏、ボリス・ブラッハーによって開場記念のために作曲されたファンファーレの初演、そして、ベートーヴェンの『レオノーレ』序曲第3番も演奏されるというセレモニーの後、午後からこのカラヤンの第9が演奏されました。
 開場記念の公演ということもあってか、この公演では、当地ベルリンの聖ヘドヴィヒ教会合唱団と、ベルリン放送(RIAS)の室内合唱団が起用され、ソリストにも、ウィーン国立歌劇場の若きスターでカラヤンお気に入りのグンドゥラ・ヤノヴィッツ、大ヴェテランのアルト(コントラルト)ジークリンデ・ヴァーグナー、ロッシーニとモーツァルトのスペシャリストとして一世を風靡したルイジ・アルヴァ、さらに、ワーグナー『マイスタージンガー』のザックス役などでバイエルン国立歌劇場に君臨していたオットー・ヴィーナーと、大変豪華な人選がなされています。
ダヴィド・オイストラフ (BPH0607) [48:28]
● チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調『悲愴』 [48:02]

 ダヴィド・オイストラフ(指揮)
 録音:1972年3月16日、ベルリン、フィルハーモニー(ステレオ/ライヴ)

ダヴィッド・オイストラフ[1908-1974]はヴァイオリニストとして1969年にベートーヴェンの三重協奏曲でベルリン・フィルと共演し、1970年と1971年にはモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集で弾き振りで共演。今回初登場となる1972年の指揮者としてのベルリン・フィルとの共演は、まさに満を持しての登場といったところで、プログラムにも『悲愴』が選ばれているのが注目されます。オイストラフは1960年代初頭から指揮者としても活動するようになり、ショスタコーヴィチのレニングラード交響曲、バルトークのオケコン、マーラーの第4交響曲、プロコフィエフの第5交響曲、ロメオとジュリエット、ブラームスの第1交響曲、第2交響曲、ベートーヴェンの第4交響曲、ベルリオーズのイタリアのハロルド等々けっこうな量の作品の録音が残されています。中でも1972年8月23日にウィーン・フィルを指揮したチャイコフスキーの第5交響曲の濃厚な熱演の評判がよかっただけに、その5ヶ月前の今回の『悲愴』も大いに期待できるところです。なにしろ当時のベルリン・フィルはカラヤンの指揮の下、『悲愴』のすぐれた演奏をおこなっていた時期にあたり、この演奏の半年前にはEMIに有名なセッション録音をおこなっており、翌年にはやはりカラヤンとユニテルで映像作品を収録しているのです。オイストラフ自身も『悲愴』はすでに1968年にモスクワ・フィルを指揮して経験済みなので、これはもしかすると凄いことになっているかもしれません。演奏時間をカラヤンのものと比較してみると、オイストラフとの演奏では中間2楽章はさほど変わらないものの、両端楽章の演奏時間がだいぶ長めになっていることから、おそらくかなり濃厚な表現がおこなわれているものと推察されます。
サイモン・ラトル (BPH0608) [79:27]
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』 [79:27]

 サイモン・ラトル(指揮)
 録音:1987年11月14,15日、ベルリン、フィルハーモニー(ステレオ/ライヴ)

ラトルとベルリン・フィルが1987年に共演した『悲劇的』のライヴ。この当時、バーミンガム市交響楽団との活動でめきめきと頭角を現していたラトルですが、ベルリン・フィルの指揮台に立つのはこのときが初めて。ラトルは得意のマーラー第6番を指揮して、この公演をいまだに語り草になるほどに大成功させ、その後も定期的にベルリン・フィルから招聘されることとなります。
 いまやベルリン・フィル芸術監督として親密かつ刺激的な共同作業を続けているラトル、これは、ラトルとベルリン・フィルの出会いを記録した、大変に貴重な一枚と言えるでしょう。
 なお、ラトルは2年後にバーミンガム市響とこの作品をセッション録音していますが、そこでの演奏はトータル・タイムが7分近くも長い冷静なスタンスのものになっており、ベルリンでのホットな演奏とはまったくアプローチが異なっているのが興味深いところです。
ダニエル・バレンボイム (BPH0609) [76:05]
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調 [37:28]
● ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 [36:14]

 ダニエル・バレンボイム(指揮、ピアノ)
 録音:1989年11月12日、ベルリン、フィルハーモニー(デジタル/ライヴ)

ベルリンの壁開放記念コンサート・ライヴの久々の復活。東ベルリンの人々のために無料で行われたこの特別コンサートではバレンボイムもベルリン・フィルもいつになく燃えており、特にティンパニが決まりまくる激しい第7交響曲では自由を得た人々を鼓舞するかのような勢いと高揚感が魅力的です。
クラウディオ・アバド (BPH0610) [58:01]
● モーツァルト:行進曲 ニ長調 K.249
● モーツァルト:セレナード第7番ニ長調『ハフナー』

 ライナー・クスマウル(ヴァイオリン)
 クラウディオ・アバド(指揮)
 録音:1996年12月13-15日、ベルリン、フィルハーモニー(デジタル/ライヴ)

1996年のライヴ。この時期、アバドとベルリン・フィルはモーツァルトのディヴェルティメントやセレナード、中期の交響曲などを取り上げており、『ポストホルン』セレナードはレコーディングもされていますが、この『ハフナー・セレナード』は、以前にドイツ銀行(Deutsche Bank)から出回っていた記録があるきりで、一般市販はもちろん初めて。流麗な旋律表現に秀でたアバドにぴったりの作品だけに、今回のリリースは非常に嬉しいところです。
クルト・ザンデルリング (BPH0611) [74:07]
● ハイドン:交響曲第82番ハ長調『熊』 [26:49]
 録音:1997年1月9日、ベルリン、フィルハーモニー(デジタル/ライヴ)

● ショスタコーヴィチ:交響曲第15番イ長調 [46:42]
 録音:1999年3月16日、ベルリン、フィルハーモニー(デジタル/ライヴ)

 クルト・ザンデルリング(指揮)

ザンデルリング得意のショスタコ15番、しかもベルリン・フィルという大注目の一枚。ザンデルリングはこの曲を2度レコーディング、実演でも、1997年にコンセルトヘボウ管弦楽団と演奏、ベルリン・フィルとはこのライヴと同年の春にザルツブルクでも共演と、さかんに取り上げていました。
 この作品のシリアスな表現としてはムラヴィンスキーと双璧といわれたザンデルリングだけに、このベルリンでのライヴも聴き逃せないところ。特に終楽章の独特な陰りのある静謐な世界が、ベルリン・フィルによってどのように演奏されているのか、大いに期待させます。
 組み合わせの『熊』は、ザンデルリングお得意の作品で、来日公演でも取り上げてあたたかい音楽を聴かせてくれていました。
ニコラウス・アーノンクール (BPH0612) [64:02]
● J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番ハ長調 BWV.1066 [25:22]
● J.S.バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲ニ短調 BWV.1060 [13:46]
● J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV.1068 [23:47]

 トーマス・ツェートマイヤー(ヴァイオリン)
 アルブレヒト・マイヤー(オーボエ)
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)
 録音:2002年10月5日、ベルリン、フィルハーモニー(デジタル/ライヴ)

2002年のライヴ。このところ古典派以降のレパートリーにスポットが当たりがちなアーノンクール。ベルリン・フィルともブルックナーやブラームスの交響曲をレコーディングしていましたが、今回登場するこのライヴはバッハ・プログラムという、かえって興味を抱かせる内容、しかも管弦楽組曲第1番&第3番と、ベルリン・フィル向きともいえる選曲も嬉しいところです。ソリストも豪華です。

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。