サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. カンタータ集第12集~第33、70、151番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団

カンタータ集第12集~第33、70、151番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団

  • 発売日:2015/06/23
  • レーベル:J S Bach Stiftung
  • カタログNo.:B261CD
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

カンタータ集第12集~第33、70、151番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団【CD】

バッハ(1685-1750)

バッハ:カンタータ集 第12集ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団&合唱団三位一体節後第26日曜日のためのカンタータである第70番は「最後の審判」を主題にし...

もっと見る

カンタータ集第12集~第33、70、151番 ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団【CD】

3,229(税込)

ポイント :29pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バッハ:カンタータ集 第12集
ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管弦楽団&合唱団


三位一体節後第26日曜日のためのカンタータである第70番は「最後の審判」を主題にした二部形式をとる規模の大きな作品で、冒頭からトランペットが大活躍することで知られています。とりわけ第9曲の激しいレチタティーヴォは印象的。嵐のような弦楽器を縫うかのようにトランペットによるコラールが高らかに鳴り響きます。劇的で聴き所の多いカンタータです。
 続く151番はクリスマスのためのカンタータ。基本的にソプラノが一人で静かに歓びを歌い上げます。ザーマンの歌声は、ちょっぴり翳りのありますが、それが却って俗世界に住むものを表現しているかのようです。
 つづく第33番は、三位一体主日後第13主日用のカンタータ。まるで合奏協奏曲のような楽器たちの戯れから始まり、合唱が美しく音を紡いで行きます。イエスへの究極の信頼と三位一体の歓びが歌われます。(J.S.Bach-Stiftung)

【収録情報】
J.S.バッハ:
1. カンタータ第70番『目覚めよ、祈れ、祈れ、目覚めよ』 BWV.70
2. カンタータ第151番『甘き慰め、わがイエスは来ませり』 BWV.151
3. カンタータ第33番『ただ汝にのみ、主イエス・キリストよ』 BWV.33


 グドルン・シドニー・オットー(ソプラノ:1)
 ゲルリンデ・ザーマン(ソプラノ:2)
 マーゴット・オイツィンガー(アルト:1)
 アレックス・ポッター(アルト:2)
 ルース・サンドホフ(アルト:3)
 ダニエル・ヨハンセン(テノール:1)
 クレメンス・フラミッヒ(テノール:2)
 アンドレアス・ポスト(テノール:3)
 マックス・フォルペルト(バリトン:3)
 ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(バス:1)
 フィリッペ・レイヨット(バス:2)
 バッハ財団合唱団
 バッハ財団管弦楽団
 ルドルフ・ルッツ(指揮)

 録音時期:2013年11月22日(1)、2013年12月13日(2)、2007年8月(3)
 録音場所:スイス、トロンゲン、福音教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。