サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『フィエラブラス』全曲 P.シュタイン演出、メッツマッハー&ウィーン・フィル、シャーデ、クライター、他(2014 ステレオ)(日本語解説付)

『フィエラブラス』全曲 P.シュタイン演出、メッツマッハー&ウィーン・フィル、シャーデ、クライター、他(2014 ステレオ)(日本語解説付)

  • 発売日:2015/08/18
  • レーベル:King International
  • カタログNo.:KKC9117
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:Blu-ray
  • 国内送料無料

Blu-ray

『フィエラブラス』全曲 P.シュタイン演出、メッツマッハー&ウィーン・フィル、シャーデ、クライター、他(2014 ステレオ)(日本語解説付)【ブルーレイ】

シューベルト(1797-1828)

もっと見る

『フィエラブラス』全曲 P.シュタイン演出、メッツマッハー&ウィーン・フィル、シャーデ、クライター、他(2014 ステレオ)(日本語解説付)【ブルーレイ】

6,499(税込)

ポイント :60pt

Blu-rayをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


日本語解説付き
2014年ザルツブルク音楽祭ライヴ
メロディーメーカー、シューベルトの魅力が満載
オペラ『フィエラブラス』


2014年ザルツブルク音楽祭で上演されたシューベルトのオペラ『フィエラブラス』のライヴ映像。シューベルトは「歌曲王」として知られ、その美しい旋律で数多くの作品が歌い継がれています。しかしことオペラ作品となるとほとんど上演機会はなく、知られておりません。実際シューベルトは確認されているだけで10曲のオペラを書いていますが、生前にはほとんど上演されることはなかったといいます。理由としては、モーツァルトのようにダ・ポンテのような有力な台本には恵まれなかったことが大きいと言われています。しかし、どの作品にもシューベルト流の美しい音楽が全体を彩り、物語を生き生きとさせることができていると言えるでしょう。
 近年、シューベルトのオペラに対する再評価も進み、そうした中で上演されたのが2014年のザルツブルク音楽祭での『フィエラブラス』でした。『フィエラブラス』は1823年に作曲されたシューベルト最後のオペラ。クラウディオ・アバドが1988年に全曲演奏するなど再評価されてはいましたが、日本語の字幕がついて国内で販売されるのは初めて。指揮は、新日フィルとの共演で日本でもお馴染みのインゴ・メッツマッハー、演奏はウィーン・フィルという布陣。メッツマッハーの細やかでメリハリのある音楽をウィーン・フィルが完璧にサポートしています。
 そして充実の歌手陣にも注目。現代最高峰の美声テノール、ミヒャエル・シャーデがフィエラブラスを歌い、バス歌手として国際的に活躍しているゲオルク・ツェッペンフェルトは、貫禄たっぷりにカール王を演じています。さらに最近アーノンクール、ムーティといった巨匠指揮者との共演も多いソプラノ、ユリア・クライターは清潔感ある歌唱で好演し、古楽やリートで活躍しているドイツの名ソプラノ、ドロテア・レシュマンも安定した歌声を披露するなど女性陣の華やかさも舞台を引き立てています。演出はドイツの演劇界を牽引するペーター・シュタインで、シューベルトの音楽にフォーカスしたシンプルで美しい舞台となっています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● シューベルト:歌劇『フィエラブラス』全曲


 ミヒャエル・シャーデ(フィエラブラス)
 ゲオルク・ツェッペンフェルト(カール王)
 ユリア・クライター(エンマ)
 マルクス・ウェルバ(ローラント)
 ベンジャミン・ベルンハイム(エギンハルト)
 ドロテア・レシュマン(フロリンダ)
 マリー・クロード・シャピュイ(マラゴン)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 インゴ・メッツマッハー(指揮)

 演出:ペーター・シュタイン
 舞台:フェルディナント・ヴェーゲルバウアー
 衣装:アンナマリア・ハインリヒ
 照明:ヨアヒム・バルト

 収録監督:ペーター・シェーンホファー
 収録時期:2014年8月22,25日
 収録場所:ザルツブルク、モーツァルトハウス(旧祝祭小劇場)、ライヴ

● 特典映像:メイキング・オブ・フィエラブラス

 収録時間:本編174分、特典10分
 画面:カラー、16:9、1080i HD
 音声:PCMステレオ、DTS-HD Master Audio 5.0
 字幕(歌唱部分のみ):独英仏西中韓日(日本語字幕:井形ちづる)
 Region All
 日本語解説付き

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

【あらすじ】
舞台は、カール大帝の時代の南フランスとスペイン。フランク王国(南スペイン)のカール王とムーア人の国(スペイン)君主ボーラントは戦争を行っていた。お互いは異なる宗教を信仰していた。カール王の軍は、ボーラントの息子フィエラブラス率いる軍を打ち破り勝利を治め、フランク王国へ凱旋。カール王は騎士ローラントの進言を受け、捕虜として連れてきたフィエラブラスを解放する。すでにローラントとフィエラブラスは友情を育み、フィエラブラスは改宗もしていた。フィエラブラスはカール王の娘エンマに思いを寄せていたが、エンマはフランク王国の騎士エギンハルトと恋仲だった。一方ローラントもフィエラブラスの妹フロリンダと愛し合っていた。フィエラブラスはエンマを諦め、父ボーラントを説得し改宗させ、カール王に降伏、苦渋の決断をする。最後は両国が和解し、2組のカップルも結婚が成立、幸せのもと終了する。(キングインターナショナル)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。