サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 映画『白鯨』の音楽 ストロンバーグ&モスクワ交響楽団

映画『白鯨』の音楽 ストロンバーグ&モスクワ交響楽団

  • 発売日:2015/08/25
  • レーベル:Naxos *classic*
  • カタログNo.:8573367
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:International
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

映画『白鯨』の音楽 ストロンバーグ&モスクワ交響楽団【CD】

Sainton , Philip (1891-1967)

フィリップ・セイントン:白鯨ストロンバーグ&モスクワ交響楽団19世紀後半、アメリカの捕鯨船団は世界の海で盛んに鯨を捕らえていました。そんな時代、捕鯨船ピーク...

もっと見る

映画『白鯨』の音楽 ストロンバーグ&モスクワ交響楽団【CD】

1,555(税込)

ポイント :14pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フィリップ・セイントン:白鯨
ストロンバーグ&モスクワ交響楽団


19世紀後半、アメリカの捕鯨船団は世界の海で盛んに鯨を捕らえていました。そんな時代、捕鯨船ピークォド号に乗り込むことになった船乗りイシュメイルは、ピークォド号の船長であるエイハブと出会い、少しずつ彼の狂気に巻き込まれていくことになります。1851年に発表されたハーマン・メルヴィルの長編小説「白鯨」は、その壮大な物語性と、鯨に関する科学的な記述(作者は実際に捕鯨船に乗船し、技術を得ていました)が人気を呼び、たびたび映画化されています。
 3回目の映画となったのが、この1956年のジョン・ヒューストン監督によるものでした。主演のグレゴリー・ペックの渋い演技は高く評価されましたが、あまりにも原作に忠実だったため、雰囲気が暗く難解になってしまったため、興行的には失敗作の烙印を押されてしまったというから驚きです。このフィリップ・セイントンによるサウンド・トラックは、海の多彩な表情を鋭く捉えながら、展開する人間ドラマを丁寧に描き出しています。フィンジやハウエルズなどの近代イギリス音楽を愛する人にも満足していただける素晴らしい音楽と言えるでしょう。(NAXOS)

【収録情報】
●セイントン:映画『白鯨=モビー・ディック』の音楽 (1956)
~J.モーガン、W.ストロンバーグによる再構築版
 メイン・タイトル
 海の音楽
 クィークェグの登場
 鯨のあばら骨と恐怖(賛美歌)
 賛美歌(リプライズ)
 ドックの情景
 ドックの情景(異稿)
 船上のイシュメイルのサイン
 クィークェグは歌う
 出発
 見知らぬ人-出発のための準備
 ピークォド号の出発-海へ
 エイハブ船長の自己紹介
 あそこで鯨が潮を吹いているぞ
 旅は続く
 謝肉祭
 海上でのミーティング
 見張り台の上で
 待つばかり
 モビィ・ディック
 探索は続く
 セント・エルモの灯
 エイハブ船長の狂気
 偉大なる白鯨
 不気味な落ち着き-彼は目覚める
 終曲

 モスクワ合唱団のメンバー
 モスクワ交響楽団
 ウィリアム・ストロンバーグ(指揮)

 録音時期:1997年4月
 録音場所:モスクワ、モスフィルム・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 旧品番:8225050 (MARCOPOLO)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。