サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

MIRROR

  • 発売日:2015/09/09
  • レーベル:ユニバーサル
  • カタログNo.:UCCQ1046
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:SHM-CD
  • 国内送料無料

SHM-CD

MIRROR【SHM-CD】

須長和広

ありのままの自分を写しだす、13のメロディ。クラブ・ジャズ・シーンをリードしてきたquasimodeのベーシストとしてだけでなく、日本のミュージック・シーンを支え続けてき...

もっと見る

MIRROR【SHM-CD】

3,240(税込)

ポイント :30pt

SHM-CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Coexistence(作詞/作曲:須長和広)
  2. リズム(作詞/作曲:須長和広)
  3. Spicy featuring 大橋トリオ(作詞:市川和則 / 作曲:須長和広)
  4. The Butterfly(作詞/作曲:須長和広)
  5. 空が落ちて(作詞/作曲:須長和広)
  6. Step Into The Sky featuring sugar me(作詞:sugar me / 作曲:須長和広)
  7. Showtime(作詞:須長和広, Ryo Hamamoto / 作曲:須長和広)
  8. After The Storm(作曲:須長和広)
  9. Suzanne featuring 神谷洵平 (作詞:Ryo Hamamoto / 作曲:須長和広)
  10. Help Me (作詞/作曲:Joni Mitchell)
  11. Spring Wind featuring Kan Sano(作詞:佐野観 / 作曲:須長和広)
  12. ミレニアルズ(作詞/作曲:須長和広)
  13. Everywhere featuring Maya Hatch (作詞:Maya Hatch / 作曲:須長和広)

商品説明

ありのままの自分を写しだす、13のメロディ。

クラブ・ジャズ・シーンをリードしてきたquasimodeのベーシストとしてだけでなく、日本のミュージック・シーンを支え続けてきた須長和広が、今の自分を投影させたソロ・デビュー・アルバム。

★日本のクラブ・ジャズ・シーンをけん引しつつも、今年 2 月に活動を休止したquasimodeのベーシストにして、今までにaiko、松任谷由美、東方神起、大橋トリオといったJ-POP シーンを代表するアーティストのツアーやレコーディングのメンバーとしても活躍している須長和広のソロ・デビュー・アルバム。
★ベーシストとして称賛を浴びてきた須長ですが、本作では作/編曲はもちろん、ヴォーカルやギターも披露。タイトルの『MIRROR』があらわす通り、自分自身の音楽性を十分に発揮した作品です。
★アルバムへは大橋トリオ、Sugar Me、マヤ ハッチもゲスト・ヴォーカルとして参加しています。
★アートワークに使用されている写真は TOWER RECORDS『NO MUSIC NO LIFE』キャンペーンでも有名な写真家、平間至が撮影。

<須長和広>
東京生まれ。18 歳の頃からセッション・ミュージシャンとしてキャリアをスタートし、以来 2003 年から加入したジャズバンド、quasimode(クオシモード)の正式メンバーとしての活動を軸に、aiko、東方神起、大橋トリオ、ユーミンなど、スタジアム・クラスの様々なアーティストのライヴやレコーディングに参加している、超多忙なベース・プレイヤーである。エレクトリック・ベース、アコースティク・ベースともに自在に弾きこなすマルチ・ベース・プレイヤーであり、自ら作曲、作詞、アレンジもこなし、高い評価を得ている音楽人である。2015年9月、自身初となるソロ・アルバム『MIRROR』をリリース。これに先立ち7月、先行シングルの「リズム」が、本人自らヴォーカルを担当し、NHK-E テレの人気番組「やさいの時間」のエンディングテーマとして採用され、人気を博した。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。