サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

Solo

  • 発売日:2015/09/04
  • レーベル:King International
  • カタログNo.:KKE050
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Solo【CD】

Fred Hersch

こちらは帯・解説付きの国内盤仕様輸入盤となります。現代最高峰のピアニスト、フレッド・ハーシュによる2014年8月NYでの筆舌に尽くしがたいソロ・コンサートを作品化したアル...

もっと見る

Solo【CD】

2,484(税込)

ポイント :23pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Olha Maria / O Grande Amor
  2. Caravan
  3. Pastorale (for Robert Schumann)
  4. Whirl (for Suzanne Farrell)
  5. The Song is You
  6. In Walked Bud
  7. Both Sides Now

その他のバージョン

CD Solo US輸入盤 発売日 : 2015/09/04 1~3日

商品説明

こちらは帯・解説付きの国内盤仕様輸入盤となります。

現代最高峰のピアニスト、フレッド・ハーシュによる2014年8月NYでの筆舌に尽くしがたいソロ・コンサートを作品化したアルバム。

通算10作目のソロ作品。『Let Yourself Go: Fred Hersch at Jordan Hall』『Fred Herssch in Amsterdom:Live at the Bimhius』『Alone at the Village Vanguard』に続く4作目のソロ・ライヴ音源。そして、ヴァンガードでの録音を除く2作品は、レコーディングを意図せず、アーカイヴとして録音していたドキュメンタリー的な音源だったとのことで本作はその偶然が生んだ3作目の録音。しかしそれらは、類まれな瞬間をとらえたもので、フレッド・ハーシュ曰く「In the Zone」と表現する、「心、精神、知性、そしてテクニックすべてが完全に集中している状況の演奏」であり、実に本演奏も、その状況にあった、とのことです。決して妥協というものを許さず、求道的なまでに、ピアノに向き合うアーティストがフレッド・ハーシュ。そのアーティストが自らそこまで表現するのですから、内容は、これ以上説明するまでもありませんが、全7曲は本当に比類なき世界観を湛えて響きます。

喜怒哀楽や不安-喜びのような複雑な感情〜サウダージが織りなされたジョビン・ナンバーを、極めたハーモニーとメロディ、タッチ、妙なるニュアンスで描き上げて行くオープニングから、正にフレッド・ハーシュの美的世界・・。いい環境と、いい楽器に囲まれて、その日は夕方まで自分の好きな曲を演奏するということしか決まっていなかったとのことですが、エリントン縁の「キャラヴァン」、そして、シューマンの世界に入り込み、そのエッセンスを見事に描き出したオリジナル「 パストラーレ」、復帰第一作のタイトル曲「ホワール」、ジェローム・カーンとモンクによるスタンダード・・どの曲もいつものフレッド・ハーシュのなじみのレパートリーの中でありながら、この一瞬しかあり得ない演奏があります。そして・・ラストはジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」。「15歳のころからジョニ・ミッチェルの曲を演奏してきた」、と語るハーシュは、これまでにも、「マイ・オールド・マン」や、「リヴァー」といった曲を収録した作品をリリース。どれも名曲名演ですが、この演奏には、特別な共鳴が広がります。
原曲にさかのぼれば、「青春の光と影」はジョニ・ミッチェルの曲の中でも特に含蓄深いメッセージが込められた名曲。美しいメロディもさることながら、比喩を通して、人生を深く問いかける中の一節では、こんな場面も・・・。「失ったものもあるし得たものもある・・・しかし本当に何ひとつわかっていません、人生のことは何一つ」。一方、ハーシュは、2ヵ月の昏睡状態を経て、すべてを失ったから、今がある、とも語る存在。そして実際、ハーシュに聞いてみれば・・こんな言葉が。「ジョニ・ミッチェルから、様々な意味で非常に大きく影響を受けてきた。」その中で、「この《青春の光と影》を演奏する時はいつも、詩の言葉を考えます。~若い時のエネルギーに満ちた時の感覚と、その後、より内省的となった感覚と、双方の彼女の表現を思いながら」・・・。

フレッド・ハーシュの演奏には、どんな曲にも、ある種の物語や切実な思いが滲むものですが、そんな曲への共感や、生への問いもあるからでしょう。美しく甘美、一方、哀しく諦観にも似た切なさも混じりながら、しかし、歓喜にも満ちた8分あまりの演奏は、深い余韻をのこし、静かに幕を下ろします。2010年代、屈指のピアノ・ソロの誕生。偶然にして必然の傑作。またの来日が待たれます。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。