サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Chopin Meets The Blues Live

Chopin Meets The Blues Live

  • 発売日:2015/09/04
  • レーベル:Magic Ball Jazz Reco
  • カタログNo.:MBJ74601
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Chopin Meets The Blues Live【CD】

Peter Beets

リタ・ライスの歌伴や、コンセルトヘボウ・ジャズ・オーケストラのレギュラー・ピアニストもつとめるオランダ・ハーグ生まれの屈指のピアニスト、ピーター・ビーツの最新トリオ作品!...

もっと見る

Chopin Meets The Blues Live【CD】

2,581(税込)

ポイント :23pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Nocturne in F minor (opus 55 #1) (10:17)
  2. Nocturne in Eb major (opus 9 #2) (9:57)
  3. Prelude in B minor (opus 28 #6) (7:28)
  4. Mazurka in A minor (opus 17 #4) (4:11)
  5. Prelude in E minor (opus 28 #4) (14:28)
  6. Nocturne in B major (opus 9 #3) (7:33)

その他のバージョン

CD Chopin Meets The Blues Live JAP輸入盤 発売日 : 2015/09/04 購入できません

商品説明

リタ・ライスの歌伴や、コンセルトヘボウ・ジャズ・オーケストラのレギュラー・ピアニストもつとめるオランダ・ハーグ生まれの屈指のピアニスト、ピーター・ビーツの最新トリオ作品!98年には、マーシャル・ソラール・ジャズ・コンペティションで入賞。90 年代終わりから一気に頭角を現し、2001 年には、名ジャズ・レーベルCri ss Crossで初の作品をリリース。その常連アーティストともなり、現代のジャズ界において、誰もが認める実力者といえましょう。

ジャズの伝統に根ざしたフレージングをベースにしたピアノは、ブルージーであり、かつ、ソフィスティケートされたもので、歌心も満点。抜群のテクニックはもちろんのこと、スウィンギーなリズムに乗せたメロディアスなピアノは、ジャズが本来もった美学を感じさせます。

そんなピーター・ビーツは、2010年にショパン生誕200年を記念し、Criss Crossから『Chopin Meets the Blues』をリリースしましたが、本作は編成をトリオにシフト、傑出したライブ・パフォーマンスを集めた作品!

収録された楽曲は、日本で”いわゆる”「ノクターン」とよんで親しまれる名曲(M2) を含め、すべてスタジオ録音で試みられた親しみのある曲。Criss Cross の作品がリリースされた時から、“クラシックとジャズを融合させるという多くの企画盤の中で、極上の1枚に属する”と話題になりましたが、ショパンの詩的な楽曲の美しい旋律を活かしながら、ブルージーなジャズ・フィーリングをミックスして描き上げるアレンジは秀逸そのもの。即興演奏は、正にピーター・ビーツの粋が出たジャズ・ピアノ・トリオ演奏ともいえましょう。

そんな中、今回の魅力は、ライブならではの、さらなる即興の冒険!オープニングの流麗なイントロを聴けば、原曲にのっとった雰囲気。しかし、テンションも入れ込んだブロック・コードが鳴って、ソロに突入すれば、ドライブするベースにも引っ張られ、ビ・バップ的な古き良きジャズの熱気がわきあがります。一方、あのノクターンは、まさかの粋なミディアム・スウィング。あのロマンティシズム溢れるショパンの超有名曲がまさかブルースに大変身するとは・・本当に驚きですが、CDからは、その演奏を楽しむ会場の様子も心地よく伝わってきます。

速いパッセージも正確に決め、パッションを込めた演奏には、バド・パウエルが見え隠れ。一方、軽やかさも魅力に、可憐に歌う所には、ピーターソンが見え隠れ・・。正にジャズの巨匠の演奏を現代に継承したピーター・ビーツならではの演奏の数々です。特に、名門コンセルトヘボウで演奏された1曲目は、華麗なる演奏に、観客も大いにわき上がり、大歓声で盛り上がっています。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。