サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

Story Of Sonny Boy Slim

  • 発売日:2015/09/11
  • レーベル:Wb
  • カタログNo.:9362.492637
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Story Of Sonny Boy Slim【CD】

Gary Clark Jr

Story Of Sonny Boy Slim【CD】

2,052(税込)

ポイント :19pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. The Healing 4:49
  2. Grinder 3:22
  3. Star 4:44
  4. Our Love 4:12
  5. Church 5:10
  6. Hold On 3:47
  7. Cold Blooded 3:43
  8. Wings 4:12
  9. BYOB 1:00
  10. Can’t Sleep 3:48
  11. Stay 3:45
  12. Shake 3:18
  13. Down to Ride 7:52

その他のバージョン

CD Story Of Sonny Boy Slim: サニー ボーイ スリムの物語 国内盤 発売日 : 2015/09/16 購入できません

アーティスト紹介

Gary Clark Jr

12歳の時からギターを手にしたゲイリー・クラーク・ジュニアは、早くから地元オースティンの音楽シーンンに迎え入れられ、数多くのミュージシャンを見出し、育ててきたことで有名なブルース・クラブ・オーナー、クリフォード・アントンと、ファビュラス・サンダーバーズ他で知られるブルース・ギタリスト、ジミー・・・

12歳の時からギターを手にしたゲイリー・クラーク・ジュニアは、早くから地元オースティンの音楽シーンンに迎え入れられ、数多くのミュージシャンを見出し、育ててきたことで有名なブルース・クラブ・オーナー、クリフォード・アントンと、ファビュラス・サンダーバーズ他で知られるブルース・ギタリスト、ジミー・ヴォーンの庇護を受ける。クリフォード・アントンは彼をジェイムス・コットンら、大物ミュージシャンと一緒のステージ立たせ、ジミー・ヴォーンは彼にギターの弾き方から数々の伝説的ミュージシャンと彼らの音楽的ルーツを教えた。
2007年にはオースティン・ミュージック・アウォードで「ベスト・ブルース・アーティスト」を受賞した彼の話題は、徐々にオースティン以外にも広がるようになり、伝説的ギタリスト、エリック・クラプトンの知るところとなる。2010年、彼はゲイリーをシカゴのクロスロード・フェスティヴァルに招いただけでなく、同年秋のブラジル・ツアーのオープニングにも抜擢した。
2011年12月にEP『Bright Lights EP』をリリース。米ローリング・ストーン誌は4つ星という高得点レビューの中で、「ゲイリー・クラークの最高にエキサイティングなところは、彼はどの方向にも――もしくはありとあらゆる方向に行けるということだ」と大絶賛した。2012年2月には、オバマ大統領夫妻が主催する音楽イベント『In Performance at the White House: Red, White and Blues』に、全国的にはまだ無名に近い新人にも関わらず、出演。ミック・ジャガーやBBキング、バディ・ガイやジェフ・ベックといった大御所と共にステージに立つ姿は全米中に放映され、一層世間の注目を集める。
2012年、マイク・エリゾンド(Dr.Dre、Fiona Apple、Eric Hutchinson他)とワーナーブラザース会長でもあるロブ・カヴァロ(Green Day、Dave Matthews Band、My Chemical Romance他)をプロデューサーに迎えたアルバム『ブラック・アンド・ブルー』でアルバム・デビュー、全米チャート6位を記録。また、その圧倒的なギター・ワークとパフォーマンスは世界中から絶賛され、コーチェラやグラストンベリー、ロラパルーザ、フジ・ロック・フェスティヴァルから、メタリカが主催するオリオン・フェスや、Jay-Zが主催するメイド・イン・アメリカなど、世界各国のフェスティヴァルへも出演、Rolling Stone誌は「キング・オブ・サマー・フェス」との称号を彼に与えるほど、その強力なインパクトをシーンに与えていく。2013年のグラミー賞では「エイント・メッシン・アラウンド」という楽曲でベスト・ロック・ソング部門にノミネート、翌2014年のグラミー賞ではベスト・トラディショナル・R&B・パフォーマンス部門を受賞。

(メーカー・インフォメーションより)

また、音楽だけではなく彼は俳優としての一面も持っており、2007年には映画『Honeydripper』でソニー・ブレイクという架空のブルースマンの役を演じたり、映画『Chef』でもバンドマンとして出演、映画内でもパフォーマンスを披露している。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。