サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ロック
  5. Back To The Beginning: The Brian Auger Anthology

Back To The Beginning: The Brian Auger Anthology

  • 発売日:2015/09/04
  • レーベル:Freestyle
  • カタログNo.:FSRCD108
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:UK
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Back To The Beginning: The Brian Auger Anthology【CD】 2枚組

Brian Auger

Back To The Beginning: The Brian Auger Anthology【CD】 2枚組

2,571(税込)

ポイント :23pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Blues Three Four
  2. There Is No Greater Love
  3. Broadway
  4. Shake (Feat. Rod Stewart)
  5. That Driving Beat (Feat. Julie Driscoll)
  6. Save Me (Feat. Julie Driscoll)
  7. Black Cat
  8. I've Gotta Go Now
  9. Flesh Failures (Let the Sunshine in) [Feat. Julie Driscoll]
  10. Ellis Island
  11. Finally Found You Out
  12. Indian Rope Man (Feat. Julie Driscoll)
  13. Red Beans & Rice, Pt. 1 (Big Band Version)
  14. Fire in the Mind 15. Listen Here
ディスク2
  1. Freedom Jazz Dance
  2. Whenever You're Ready
  3. Beginning Again (Live at the Whisky a Go Go)
  4. Somebody Help Us
  5. No Time to Live (Feat. Julie Tippetts)
  6. Git Up (Feat. Julie Tippetts)
  7. Freddie's Flight
  8. Butterfly (Feat. Savannah Auger)
  9. Future Pilot (Live in Los Angeles) [Feat. Alex Ligertwood]

アーティスト紹介

Brian Auger

ブライアン・オーガーは1939年7月18日、ロンドン、ノース・ケンジントンに生まれ、シェパーズ・ブッシュに生まれる。ミュージカルやオペラのレコード・コレクターだった父親、ジャズのコレクターだった兄の影響から早くから音楽に目覚め、10代の頃にはアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに惚れ込み・・・ ブライアン・オーガーは1939年7月18日、ロンドン、ノース・ケンジントンに生まれ、シェパーズ・ブッシュに生まれる。ミュージカルやオペラのレコード・コレクターだった父親、ジャズのコレクターだった兄の影響から早くから音楽に目覚め、10代の頃にはアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに惚れ込みジャズ、以後マイルス・デイヴィスに傾倒するようになる。

ラジオから流れてくる音楽どんな音楽にも合わせてピアノを弾けるようになったオーガーは60年代を迎えるとすぐにローカルのジャズ・クラヴでピアノを弾くようになっていた。またこの時期イギリスを席巻していたハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズを代表とした黒人ブルースにも触れ音楽的素養を深めていく。

1963年頃にはレコード店の店頭で聴いた黒人オルガン奏者、ジミースミスのサウンドに衝撃を受け、それを機にハモンド・オルガンへ転向。後のジェフ・ベック・グループに参加するドラマーのミッキー・ウォーラーらとトリオを結成しロンドンのクラブで好評を博す。その後ロッド・スチュワート、ジュリー・ドリスコール、ロング・ジョン・ボルドリーという3人のヴォーカリストを擁した伝説のスティーム・パケットに参加し、シングル「フール・キラー」でレコード・デビューを飾る。

スティーム・パケット脱退後、自身のバンドの結成を画策したオーガーはマネージャー、ジョルジオ・ゴメルスキーの力を借り、トリニティを結成。1967年にはゴメルスキーのレーベル、マーマレードよりアルバム「オープン」にてデビューを飾り一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。トリニティはオーガーの真骨頂であるジャズの要素を強く取り入れながらもポップな側面も持ち、イギリス、ヨーロッパのみならずアメリカでも成功を収め、トリニティ名義では計4 枚のアルバムを残した。

(メーカー資料より)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。