サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『西部の娘』全曲 マレッリ演出、ヴェルザー=メスト&ウィーン国立歌劇場、ステンメ、カウフマン、他(2013 ステレオ)

『西部の娘』全曲 マレッリ演出、ヴェルザー=メスト&ウィーン国立歌劇場、ステンメ、カウフマン、他(2013 ステレオ)

  • 発売日:2015/11/27
  • レーベル:Sony Classical *cl*
  • カタログNo.:88875064079
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:Blu-ray
  • 国内送料無料

Blu-ray

『西部の娘』全曲 マレッリ演出、ヴェルザー=メスト&ウィーン国立歌劇場、ステンメ、カウフマン、他(2013 ステレオ)【ブルーレイ】

プッチーニ (1858-1924)

もっと見る

『西部の娘』全曲 マレッリ演出、ヴェルザー=メスト&ウィーン国立歌劇場、ステンメ、カウフマン、他(2013 ステレオ)【ブルーレイ】

3,661(税込)

ポイント :33pt

Blu-rayをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


プッチーニ:『西部の娘』全曲
ニーナ・ステンメ、ヨナス・カウフマン
ヴェルザー=メスト&ウィーン国立歌劇場(2013)


ドイツのカウフマンとスウェーデンのステンメというワーグナー歌手としても人気の2人の出演が話題となったウィーン国立歌劇場での公演を収めたライヴ映像。彼らはこの少し前には、ゲルギエフの『ワルキューレ』で、ジークムントとブリュンヒルデとして共演しており見事な歌唱を聴かせていましたが、『西部の娘』が重めで暗めの声を求める作品ということもあり、ここでの彼らも手応えある歌唱と演技を見せてくれます。指揮はワーグナーも得意とするヴェルザー=メスト。起伏の大きな音楽づくりでプッチーニの旋律美や迫力ある闘争シーンを盛り上げます。
 『西部の娘』はプッチーニの代表作の一つで、『蝶々夫人』の作家でもあるベラスコの戯曲『黄金の西部の娘』をもとにつくられたものです。アメリカ先住民の歌や、19世紀半ばのアメリカの民謡などを巧みに引用し、ゴールド・ラッシュに湧く1850年代アメリカ西部の鉱山の町を舞台にした、いわゆる西部劇をオペラ化することに成功したという作品でもあります。
 筋立ては、酒場の女主人ミニーと盗賊の首領ディック・ジョンソンの純愛を軸に、荒くれ者たちや保安官たちとのやりとりを描いたというもので、中でもディック・ジョンソンの歌う「やがて来る自由の日」や、ミニーの歌う「ソレダードにいた時」は感動的な美しいアリアとして人気があります。
 『西部の娘』は初演が大成功だったことでも知られています。1910年にメトロポリタン歌劇場で、カルーソー、デスティン、アマートの歌、トスカニーニの指揮でおこなわれたそのときの上演は、プッチーニの生涯でも最高のセンセーショナルなものだったといわれており、その後のイマイチな人気とは対照的なものがあったようです。
 しかし、今回の上演はカウフマン出演ということもあってか、チケットはすぐに売り切れたということなので、やはりオペラの人気は演じる歌手に恵まれるかどうかということも大きな要因となることを痛感させられます。
 ちなみにステンメはミニー役を得意としているようで、以前、スウェーデン王立歌劇場でのライヴ映像もソフト化されていました。
 なお、カウフマンと対決するジャック・ランス保安官役は、やはりワーグナーを得意とするポーランドのトマス・コニエツニなので、重みのある雰囲気となっているのがこの上演の特徴でもあります。
 演出のマルコ・アルトゥーロ・マレッリは、チューリッヒ生まれのスイス人で、ハンブルクなど主にドイツ語圏の劇場で活躍、新国立劇場の『ドン・カルロ』も話題になりました。ここでは舞台を現代アメリカの工場と隣接する小さな酒場という設定に置き換えていますが、荒廃した雰囲気が作品のイメージにふさわしいとも思えます。(HMV)

【収録情報】
● プッチーニ:歌劇『西部の娘』全曲


 ニーナ・ステンメ(ソプラノ:ミニー)
 ヨナス・カウフマン(テノール:ディック・ジョンソン(ラメレス))
 トマス・コニエツニ(バリトン:ジャック・ランス)
 ノルベルト・エルンスト(テノール:ニック)
 パオロ・ルメツ(バス:アシュビー)
 ボアス・ダニエル(バリトン:ソノーラ)、他
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 フランツ・ヴェルザー=メスト(指揮)

 演出・装置・照明:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
 衣裳:ダグマール・ニーフィンド

 収録時期:2013年10月30日~11月5日
 収録場所:ウィーン国立歌劇場(ライヴ)
 映像監督:フェリックス・ブラザック

 画面:カラー、16:9、HD
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。