サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『メニューインに捧ぐ』 ダニエル・ホープ、バーゼル室内管、アモン、アヴィタル、ロザコヴィッチ、他

『メニューインに捧ぐ』 ダニエル・ホープ、バーゼル室内管、アモン、アヴィタル、ロザコヴィッチ、他

  • 発売日:2016/02/05
  • レーベル:Dg
  • カタログNo.:4795305
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『メニューインに捧ぐ』 ダニエル・ホープ、バーゼル室内管、アモン、アヴィタル、ロザコヴィッチ、他【CD】

もっと見る

『メニューインに捧ぐ』 ダニエル・ホープ、バーゼル室内管、アモン、アヴィタル、ロザコヴィッチ、他【CD】

2,484(税込)

ポイント :23pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


ダニエル・ホープ/イェフディ・メニューインに捧ぐ

メニューインと親交のあったヴァイオリニスト、ダニエル・ホープが、メニューイン生誕100年ということでトリビュート・アルバムを制作。構成は、メニューインとの思い出の作品を中心としたもので、バロックから現代、ジプシー音楽までジャンルにこだわることなくさまざまな音楽家と交流したメニューインの人柄も偲ばさせる多彩な内容となっています。

【ダニエル・ホープとメニューイン】
ダニエル・ホープの母方の祖父母は、ドイツのポツダムに暮らすユダヤ系ドイツ人だったため、ナチから逃れて南アフリカに移住しますが、彼らの娘の夫となったアイルランドのカトリック教徒であるダニエルの父が、アパルトヘイトなどに反対する本を出版すると、ダニエルの一家は国外退去を命じられ、イギリスに移住する道を選びます。それはダニエルが生後まだ半年の1975年のことでした。
 その後、ダニエル・ホープは4歳よりヴァイオリンを始め、英国王立音楽大学と英国王立音楽院でザハール・ブロンほかに師事。10歳でイギリスのテレビに出演し、コントラバス奏者ゲーリー・カーとショスタコーヴィチの作品を共演するなどして話題となり、翌年にはメニューインの招きにより、ドイツのテレビでバルトークのヴァイオリン・デュオをメニューインと演奏、これがきっかけとなってメニューインとは60回を越す共演を重ねて親しく交流、最後のコンサートにも出演することとなります。

【収録内容】
プログラムの1曲目は、メニューインによって発見されたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ニ短調。メンデルスゾーンが13歳の時に完成したヴァイオリン独奏と弦楽合奏のための作品で、メニューインによって1952年に蘇演されています。ここではダニエル・ホープとバーゼル室内管弦楽団が共演。
 2曲目は、1957年にレバノンのベイルートに生まれ、パリに移住して活躍中の作曲家、ビシャラ・アル=フーリーによる『アンフィニッシュド・ジャーニー』。平和運動にも熱心だったメニューインとの思い出に捧げられた作品です。
 3曲目は、スティーヴ・ライヒのデュエット。1994年に作曲されメニューインに献呈、1995年にメニューインが初演した作品。メニューインが生涯を通じておこなっていた平和運動とその理想に捧げられたもので、2台のヴァイオリンと弦楽合奏のために書かれています。
 4曲目はヴィヴァルディの2つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調 RV.522。メニューインとダニエル・ホープが何度も共演した作品です。
 5曲目はジョン・タヴナーの天使の歌。現代イギリスの宗教的癒しの作曲家にメニューインが委嘱した美しい作品。ソプラノとヴァイオリン、弦楽合奏によって演奏されます。
 6曲目はヘンツェのアダージョ・アダージョ。ヴァイオリンとピアノ、チェロのための作品。メニューインが委嘱した作品で、1993年にメニューインが初演しています。
 7曲目はエルガー:愛の挨拶。メニューインの愛奏曲。
 8曲目はバルトーク:44のヴァイオリン二重奏曲 Sz.98から第35,28,36番。ダニエル・ホープとメニューインの思い出の作品。
 9曲目はエネスコ:ホラ・ウニリイ。恩師エネスコの愛らしい小品。ホラ・ウリニイとは、ルーマニアの手をつないで丸くなって踊るゆるやかな舞曲です。
 10曲目はクニューマンのルーマニア。ジョー・クニューマン(ヨーゼフ・ベルンハルト・クニューマン)は、ドイツのサロン音楽の作曲家。いろいろな国の名前を付けた作品でも知られていましたが、ここではジプシー風な物悲しさや一転して活気づく様子が印象的な『ルーマニア』を収録。マンドリンの名手、アヴィ・アヴィタルも参加。
 11曲目はラヴェルのカディッシュ。ユダヤの哀悼の祈りを題材に書かれた歌曲のヴァイオリンとピアノへの編曲ヴァージョン。トリビュート・アルバムを物静かに結びます。(HMV)

【収録情報】
1. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 MVW.03
2. ビシャラ・アル=フーリー:アンフィニッシュド・ジャーニー
3. スティーヴ・ライヒ:デュエット
4. ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調 RV.522
5. ジョン・タヴナー:天使の歌
6. ヘンツェ:アダージョ・アダージョ
7. エルガー:愛の挨拶 Op.12
8. バルトーク:44のヴァイオリン二重奏曲 Sz.98より第35,28,36番
9. エネスコ:ホラ・ウニリイ
10. ヨー・クニュマン:ルーマニア風
11. ラヴェル:カディッシュ


 ダニエル・ホープ(ヴァイオリン)
 バーゼル室内管弦楽団(1,2,3,4,5)
 ベルリン・ドイツ室内アンサンブル(7,10)
 シモス・パパナス(ヴァイオリン:3,4)
 アヴィ・アヴィタル(マンドリン:10)
 ジャック・アモン(ピアノ:6,7,9,10,11)
 ダニエル・ロザコヴィッチ(ヴァイオリン:8)
 チェン・レイス(ソプラノ:5)、他

 録音時期:2015年9月
 録音場所:ミュールハイム、マルティンズ教会&ベルリン、テルデックス・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。