サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. ニューイヤー・コンサート2017 グスターボ・ドゥダメル&ウィーン・フィル

ニューイヤー・コンサート2017 グスターボ・ドゥダメル&ウィーン・フィル

  • 国内送料無料

DVD

ニューイヤー・コンサート2017 グスターボ・ドゥダメル&ウィーン・フィル【DVD】

New Year's Concert

ニューイヤー・コンサート2017グスターボ・ドゥダメル&ウィーン・フィル生まれ変わったかのようなワルツとポルカの饗宴!!毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイ...

もっと見る

ニューイヤー・コンサート2017 グスターボ・ドゥダメル&ウィーン・フィル【DVD】

税込 5,170 47pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

その他のバージョン

商品説明

ニューイヤー・コンサート2017
グスターボ・ドゥダメル&ウィーン・フィル


生まれ変わったかのようなワルツとポルカの饗宴!!
毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界80カ国以上に放送され、4億人が視聴するというビッグ・イベント。1939年に始まる75年以上の歴史を誇るこのコンサートでは、音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカが演奏され、その高額のチケットは世界一入手困難と言われています。
 2017年は、ベネズエラ出身で今最も勢いに乗る指揮者グスターボ・ドゥダメルが初登場。ウィーン・フィルの指揮台にも頻繁に登場する彼が出演を電話で打診された時、「踊り上がって、叫び声をあげて、大喜びした」(楽団長談)というほどのノリで、初出演に向けて大きな意気込みを抱いています。
 演奏曲目は、定番の『美しく青きドナウ』『ラデツキー行進曲』などに加えて、「ウィーン・フィル創立175周年」、「女帝マリア・テレジア生誕300年」などの記念イヤーやドゥダメルのパーソナリティに相応しい曲などの観点から選曲される予定で、新鮮味十分です。鮮明な映像と音声は、たくさんの花で美しく彩られたウィーン・ムジークフェラインの黄金のホールでく広げられる音楽の饗宴を生々しく楽しむ贅沢を与えてくれます。

【アーティストプロフィール】
「音楽の未来を作るロックな指揮者」と称されるグスターボ・ドゥダメルは、1981年ベネズエラ生まれ。エル・システマの音楽教育を受け、12歳で初めてオーケストラを指揮。18歳でシモン・ボリバル・ユース管音楽監督就任。ラトルのアシスタントをつとめ、2004年第1回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクール優勝。2009年以来ロサンゼルス・フィル音楽監督。(メーカー資料より)

【収録情報】
第1部
● 喜歌劇『ウィーンの女たち』より『ネヒレディル行進曲』(レハール)★
● ワルツ『スケートをする人々』 Op.183(ワルトトイフェル)★
● ポルカ『帝都はひとつ、ウィーンはひとつ』 Op.291(ヨハン・シュトラウス2世)
● ポルカ・シュネル『冬の楽しみ』 Op.121(ヨハン・シュトラウス2世)
● ワルツ『メフィストの地獄の叫び』 Op.101(ヨハン・シュトラウス2世)
● ポルカ・シュネル『そんなに怖がることはない』 Op.413(ヨハン・シュトラウス2世)

第2部
● 喜歌劇『スペードの女王』序曲(スッペ)★
● 喜歌劇『財務責任者』よりワルツ『ヘラインシュパツィールト(いらっしゃいませ)』 Op.518(ツィーラー)
● 喜歌劇『ウィンザーの陽気な女房たち』より 月の出の合唱(ニコライ)★
● ペピータ・ポルカ Op.138(ヨハン・シュトラウス2世)★
● ロトンダ・カドリーユ Op.360(ヨハン・シュトラウス2世)★
● ワルツ『無法者』 Op.205(ヨハン・シュトラウス2世)★
● インド人のギャロップ Op.111(ヨハン・シュトラウス1世)
● ポルカ・マズルカ『ナスヴァルトの森娘』 Op.267(ヨーゼフ・シュトラウス)
● ポルカ・シュネル『いざ踊らん』 Op.436(ヨハン・シュトラウス2世)★
● 喜歌劇『インディゴと40人の盗賊』よりワルツ『千夜一夜』 Op.346(ヨハン・シュトラウス2世)
● チク・タク・ポルカ Op.365(ヨハン・シュトラウス2世)

アンコール
● ワルツ『美しく青きドナウ』 Op.314(ヨハン・シュトラウス2世)
● ラデツキー行進曲 Op.228(ヨハン・シュトラウス1世)

 ★この8曲はニューイヤー・コンサート初登場の作品

 ウィーン楽友協会合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 グスターボ・ドゥダメル(指揮)

 収録時期:2017年1月1日
 収録場所:ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ)


【歴代ニュー・イヤー・コンサート】
1939 クラウス(1)(第1回のみ大晦日開催)
1941 クラウス(2)
1942 クラウス(3)
1943 クラウス(4)
1944 クラウス(5)
1945 中止
1946 クリップス(1)
1947 クリップス(2)
1948 クラウス(6)
1949 クラウス(7)
1950 クラウス(8)
1951 クラウス(9)
1952 クラウス(10)
1953 クラウス(11)
1954 クラウス(12)
1955 ボスコフスキー(1)
1956 ボスコフスキー(2)
1957 ボスコフスキー(3)
1958 ボスコフスキー(4)
1959 ボスコフスキー(5)
1960 ボスコフスキー(6)
1961 ボスコフスキー(7)
1962 ボスコフスキー(8)
1963 ボスコフスキー(9)
1964 ボスコフスキー(10)
1965 ボスコフスキー(11)
1966 ボスコフスキー(12)
1967 ボスコフスキー(13)
1968 ボスコフスキー(14)
1969 ボスコフスキー(15)
1970 ボスコフスキー(16)
1971 ボスコフスキー(17)
1972 ボスコフスキー(18)
1973 ボスコフスキー(19)
1974 ボスコフスキー(20)
1975 ボスコフスキー(21)
1976 ボスコフスキー(22)
1977 ボスコフスキー(23)
1978 ボスコフスキー(24)
1979 ボスコフスキー(25)
1980 マゼール(1)
1981 マゼール(2)
1982 マゼール(3)
1983 マゼール(4)
1984 マゼール(5)
1985 マゼール(6)
1986 マゼール(7)
1987 カラヤン(1)
1988 アバド(1)
1989 クライバー(1)
1990 メータ(1)
1991 アバド(2)
1992 クライバー(2)
1993 ムーティ(1)
1994 マゼール(8)
1995 メータ(2)
1996 マゼール(9)
1997 ムーティ(2)
1998 メータ(3)
1999 マゼール(10)
2000 ムーティ(3)
2001 アーノンクール(1)
2002 小澤征爾(1)
2003 アーノンクール(2)
2004 ムーティ(4)
2005 マゼール(11)
2006 ヤンソンス(1)
2007 メータ(4)
2008 プレートル(1)
2009 バレンボイム(1)
2010 プレートル(2)
2011 ヴェルザー=メスト(1)
2012 ヤンソンス(2)
2013 ヴェルザー=メスト(2)
2014 バレンボイム(2)
2015 メータ(5)
2016 ヤンソンス(3)
2017 ドゥダメル(1)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。