サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Presents Monk'estra Vol.1

Presents Monk'estra Vol.1

  • 発売日:2017/02/03
  • レーベル:Mack Avenue
  • カタログNo.:KKE062
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD

CD

Presents Monk'estra Vol.1【CD】

John Beasley

★2017年10月、生誕100年を迎えるセロニアス・モンクの楽曲を17ピースのビッグ・バンドにアレンジした話題作!★“ジャズ”, “ピアニスト”という範疇を越えて、“偉大...

もっと見る

Presents Monk'estra Vol.1【CD】

税込 2,640 24pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Epistrophy solo: Gary Burton(vib)
  2. Skippy solos: Bob Sheppard(as, ss), Brian Swartz, Bijon Watson(tp), Gary Novak(ds)
  3. Oska T solos: Gabriel Johnson(tp), Francisco Torres(tb), Brian Swartz(tp)
  4. Monk’s Processional (medley) solo: John Beasley(p)
  5. ‘Round Midnight
  6. Ask Me Now solo: Gregoire Maret(haca)
  7. Gallop’s Gallop Terreon Gully(ds)
  8. Little Rootie Tootie solos: Tom Luer(ts), Danny Janklow(as)
  9. Coming on the Hudson solos: Ryan Dragon(tb), Tom Peterson(bcl), John Beasley(p)

その他のバージョン

CD Presents Monk'estra Vol.1 US輸入盤 発売日 : 2016/08/19 7~21日

商品説明

★2017年10月、生誕100年を迎えるセロニアス・モンクの楽曲を17ピースのビッグ・バンドにアレンジした話題作!
★“ジャズ”, “ピアニスト”という範疇を越えて、“偉大なる音楽家”という存在感を放つセロニアス・モンク。偉業の数々はとても語りきれませんが、コンポジションのユニークさは、まぎれもないその大きな要素。かのジミー・ヒースは、「モンクの中には、全ての素晴らしい要素がすでに存在している」といい、強力なスウィング感、豊かなハーモニー、ヴォイシングのユニークさ等を語るとともに、楽曲には、テンポ・チェンジや、曲の構造をプレイヤーが好きなように変えられる自由さがある、と語っていますが、作曲家としてのモンクの存在は、音楽史に輝く存在といえましょう。
★そして、そんな楽曲を、鮮やかに蘇らせるのが、現代の才人、ジョン・ビーズリー。
★ジョン・ビーズリーは、若くしてフレディ・ハバードや、マイルス・デイヴィスのグループにも参加経験をもつほか、アレンジャーとしても大活躍。またチャカ・カーン、カーリー・サイモン、スティーリー・ダンといった数々のポップス・アーティストの録音にも参加してきたアーティストであり、映画音楽やアメリカの人気ホーム・ドラマの数々もアレンジ。ジェイムズ・ボンドの『007』や、ジェイムス・ブラウンの『Get on Up』といった映画のスコアや、TV 版『フェイム』『スタートレック』のアレンジを手がけたという一例だけでも、実力のほどは想像に難くありませんが、本作は、その数々の経験が活かされての多様なアレンジが、なんと言っても魅力的です。
☆インパクトは、オープニングから正に絶大。バスクラとピアノによるユニークなイントロと、華やかなブラス・セクションが劇的なコントラストを描くほか、ゲイリー・バートンのソロも大フィーチュア。途中テンポ・チェンジなども組み入れた華麗なソロも聴きものなら、オーケストラ・アレンジには、ショー的なダイナミズムも。かと思えば、M2“Skippy”は組曲的な構成で、ハンド・クラッピングも斬新に組み入れる構成。M6 あたりには、エリントン的なハーモニーに、ビッグバンドの王道を感じさせる一方、M4 は、ニューオリンズのセカンドラインのビートを導入しつつ、エレクトロなサウンドに突入する展開。名曲M5”Round Midnight”は、なんとヒップ・ホップ!しかし、西海岸のビート・ミュージック系のアーティストのプロジェクトにも参加するビーズリーに、この選択も大ありなのです。またM8”Little Rootie Tootie”では、マンボのリズムを取り入れつつ、ジェイムズ・ボンドの世界に迷い込むような錯覚も起こすユニークな展開も見せて行きます。
★ロサンゼルスのLuckman Jazz Orchestra からの制作依頼をルーツに、2013 年デビュー。それ以来、活動範囲を広げ、アメリカの西海岸の数拠点と、またJazzStandardのようなNYの名クラブでも活動中。その評判は俄然高まって、グラミー賞にも、2 部門(Best Large Jazz Ensemble Album / Best Arrangement, Instrumental or A Cappella) ノミネートのニュースも飛び
込んできたところでもあります。
★ 2017 年生誕100 年のモンク・アニヴァーサリーに向けてますます注目を集めること必至。ちなみに、タイトルは『モンケストラ“vol.1”』。続編も予感させています。

(メーカー・インフォメーションより

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

ジャズ ランキング

ジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。