サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Happiness! Live At Kuumbwa

Happiness! Live At Kuumbwa

  • 発売日:2017/04/21
  • レーベル:Sunnyside
  • カタログNo.:SSC1485
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD

CD

Happiness! Live At Kuumbwa【CD】

Benny Green

ベテランの域にも突入した人気ピアニスト、ベニー・グリーンの大絶好調ライヴの登場!場所は、カリフォルニア州サンタ・クルーズにあるクンブワ・ジャズ・センター! この場所は、ベ...

もっと見る

Happiness! Live At Kuumbwa【CD】

税込 2,629 23pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. introduction
  2. The St. Vitus Dance (Horace Silver)
  3. announcement
  4. Down Under (Freddie Hubbard)
  5. Martha's Prize (Cedar Walton)
  6. Sixth Avenue (Cedar Walton)
  7. 50-21 (Thad Jones)
  8. Chant (Duke Pearson)
  9. Pittsburgh Brethren (Benny Green)
  10. Twisted Blues (Wes Montgomery)

その他のバージョン

CD Happiness! Live At Kuumbwa (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤) JAP輸入盤 発売日 : 2017/04/21 購入できません

商品説明

ベテランの域にも突入した人気ピアニスト、
ベニー・グリーンの大絶好調ライヴの登場!


場所は、カリフォルニア州サンタ・クルーズにあるクンブワ・ジャズ・センター! この場所は、ベニーのジャズ・キャリアにとってホーム・グラウンドというべき、重要な拠点。このクラブはベティ・カーター、ブレイキーのメンバーとして出演した場所であり、のち93年にレイ・ブラウンの作品を録音したのもこのクラブで、30歳の誕生日を祝ってもらった場所でもあるのです。さらに、2013年、14年には、50歳を迎えたことを節目ととらえ、クラブオーナーと相談し、ライヴ録音を決行。その成果が『Live in Santa Cruz!』として作品化されたのは、記憶に新しいところです。
 そして、本作は、再び同地での、なじみの仲間とのライヴ録音。デヴィッド・ウォン、ロドニー・グリーンとは、昨年2016年に来日も果たしており、その内容の高さは、背景だけみてもお墨付きという感じですが、実際、このライヴには、聴く人の心を躍らせるものがあります。
 しかし、それもそのはず。本作(本ライヴ)、最初は、作品化を考えずいつもの習慣のように録音していただけながら、その録音をベニー・グリーン自身が聴いて驚き、作品化を決意したというものなのです。つまり、アーティスト自身が、予想を越える演奏の好調ぶりを感じての結果がここにあるのです。
 “自分自身の気分を最高に高めてくれる魔法の空間”とベニー・グリーンが語る場所には、その夜も熱心な観客が集合。その熱気がトリオにさらにエネルギーを与えたのは、いうまでもないでしょう。演奏前のイントロダクションだけでも、観客の期待が伝わってやみませんが、演奏が始まると、その場の空気は白熱の一途。勢いあふれるスウィンギーなリズムに、ジャズ・ピアノの王道というべきブルーズ感覚を感じさせるフレージングが、抜群のテクニックをもって決まり、会場には熱があふれます。
 『Live in Santa Cruz』とはうって変り、今回はスタンダード・ナンバーが中心の構成も興味深いところ。ブレイキーのバンドで活動したグリーンらしく、ホレス・シルヴァー、フレディ・ハバード、シダー・ウォルトン、サド・ジョーンズ、デューク・ジョーダン、ウェス・モンゴメリーといった黄金のジャズ時代を物語る名曲が並びます。
 2016年6月13日録音。52歳となったピアニストの好調ぶりを伝える名ライヴ作品です!(輸入元情報)

メンバー:
Benny Green(p)
David Wong(b), Rodney Green(ds)

録音:2016年6月13日、カリフォルニア州サンタクルーズ、クンブワ・ジャズ・センター

アーティスト紹介

Benny Green

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。