サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~Bunkamuraセレクション~ 新たな文化の扉を開けよう ~1/11

  • 発売日:2017/04/05
  • レーベル:Niimi Records
  • カタログNo.:NIR001005
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD

CD

Tempo【CD】

木下ときわ

2曲目を聴いてみてください。ロシアでの単独ライブを経験した木下ときわの素敵さがわかります。「Tempo」とはポルトガル語で「時、時間」の意味です。「時」に寄り添い、「時」...

もっと見る

Tempo【CD】

税込 2,547 23pt

現在お取り扱いができません

納期/配送の目安について

24時間

ご注文後24時間以内に出荷します。

1~3日

ご注文後1〜3日以内に出荷します。手配上の都合により出荷の遅れや出荷できない場合があります。在庫切れなどにより出荷できない場合は、その旨お知らせします。

3〜9日

ご注文後3〜9日以内に出荷します。手配上の都合により出荷の遅れや出荷できない場合があります。在庫切れなどにより出荷できない場合は、その旨お知らせします。

7~21日

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。出版社・製造元での在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。
約3週間経過後も未入荷の際には入手不可と判断し、その旨お知らせします。

予約可

近日発売予定の商品をご予約いただけます。発売後、入荷次第出荷します。
予約商品の価格および発売日は出版社・製造元により予告なく変更される場合があります。
また、既刊商品の重版予約を行う場合がございます。その場合は在庫が入荷次第出荷します。

その他の発送可能日の出荷目安を見る

商品ご購入に際してのご注意

当商品は在庫が無い為、お取り寄せとなります。
ご注文後に出版社・製造元へ取り寄せを行い、商品が調達でき次第発送いたします。
調達が難しい場合、3週間程度でご注文は自動でキャンセルとなります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. 過ぎゆく時への手紙
  2. 蝉のように
  3. 時代おくれ
  4. あなただけを
  5. Forca Estranha
  6. Alfonsina y el mar
  7. 愛燦燦
  8. 石狩挽歌
  9. 時の過ぎゆくままに
  10. Desenredo
  11. 黒い鷲
  12. 届かない花々

商品説明

2曲目を聴いてみてください。
ロシアでの単独ライブを経験した木下ときわの素敵さがわかります。

「Tempo」とはポルトガル語で「時、時間」の意味です。
「時」に寄り添い、「時」を見つめる12のうた。
自宅スタジオと、佐賀・七山にて山の息吹を感じながらレコーディングをしました。
全てギタリスト新美博允との同時録音で、語りかけるような伴奏も聞きどころです。
 
全曲カバー、ヴォーカルとガットギターの音しかしないアルバムです。
昭和の歌謡曲とボサノバなどが含まれているのですが、アルバムを通して聴いても違和感がありません。
通常のアルバムでは混在する事のない楽曲たちが同居しています。
これは木下ときわがジャンルという部分に縛られず、「マジメな音楽であるか」だけにこだわっている事の現れです。
そこに彼女の要求に応え、世界観を強化する新美博允のギターとアレンジが加わる事で“独特の異国感“のようなものが全体を包んで調和しています。
 
耳の肥えた音楽通にはもちろんですが、音楽通ではない人達、むしろ音楽を聴かない人達にも届く確かな美しさがあります。
 
ジャズ系ウェブマガジン(http://jazztokyo.org/reviews/kimio-oikawa-reviews/post-10527/)
バイク雑誌(Out Rider/2017・2月号)等のバラバラな世界で紹介・評価されています。

●ヴォーカル木下ときわについて
2002年に自身のユニットDois Mapas(ドイス・マパス)でファーストアルバム『Dois Mapas』を自主制作により発表。ラジオ、雑誌で紹介されるなど反響を呼ぶ。2006年にはギタリスト小畑和彦のプロデュースによりソロアルバム『Tokiwa』を発売、モーション・ブルー・ヨコハマにてリリースライブを行う。
 
2009年にセルフプロデュースでアルバム『海へ来なさい』を発売した頃からソロ歌手としての活動を本格化。ギタリスト新美博允とのデュオライブを主としてライブハウスはもとよりカフェ、レストラン、寺院、美術館、山間の廃校、病院施設などさまざまな場所で演奏し、また町おこしイベントなどにも多数参加している。大地を思わせる暖かい歌声が聴くものを包み込み、言葉の深みに迫る真摯な表現力が幅広い世代に支持されている。
 
全国各地でのライブ活動の他、2008年に韓国(全州)、2012年にはロシア(モスクワ、エカテリンブルグ)での公演を行い、「やさしさの中に力強さがある稀有の歌声」と海外での評価も高い。
 
●ギター新美博允について
1976年愛知県生まれ。15歳からギターを始め、16歳でハードロックのコピーバンドを結成。フォーク、ロック、ブルース、ジャズなどの音楽に親しむ。
18歳から東京在住。この頃からナイロン弦のガットギターを弾くようになり、おもにジャズ、ボサノバ、アルゼンチンタンゴなどのバンドに加入して都内ライブハウスで経験を積む。
 
22歳のころ、演奏の仕事で出会った歌手の木下ときわ、千田利貞(per)とともにバンド「Dois Mapas」を開始。2002年に自ら作詞・作曲・録音を手がけた1stアルバム「Dois Mapas」発売。打ち込みやサンプリングと、アコースティック楽器が絶妙にブレンドされたアレンジが、おもにブラジル音楽ファンの間で話題となり、Tokyo FM、J-waveなどのラジオ各局にゲスト出演、雑誌 Ku:nel で木下ときわが特集されるなどの広がりとなった。
 
2004年にはフィッシュマンズの柏原譲をプロデューサーに迎えた2nd「1.9.0」をポリスターからリリース。さらに2006年には久保田麻琴プロデュースのライブ録音盤を2枚組「極東組曲」「Aguas de Marco」として自主レーベルからリリース。
 
Dois Mapasとしての活動は終えたが、その後も木下ときわとともに音楽活動の幅を広げ、2007年には韓国の日本大使館ジャパンウィークに招聘、全州の大学で演奏。自ら作詞作曲した「極東組曲」が、当大学の日本語学科にて教材となった。2009年、歌とギターを主体にしたアルバム「海へ来なさい」リリース。
 
ここ数年のギタリスト個人としての仕事は、阿久悠作詞集「続・人間万葉歌」(Victor entertainment)に渚ようこの伴奏として、また細野晴臣、鈴木慶一らが参加するあがた森魚作品「Taruphology」などがある。
 
また日本舞踊の西川千麗の舞台作品「カミーユ・クローデル」の京都公演でギターを担当しその音楽性が高く評価され、続けてフランスのパリ日本文化会館などヨーロッパ(スイス、フランス)でも共演。
作詞した作品としては、EMIの企画で冨田恵一作曲の曲に歌詞をつけた「団塊少女」など。
特にナイロン弦のガットギターを得意とし、ギターの音色、歌もののバンドでのアレンジに評価が高い。

オフィシャルHP:
木下ときわ:http://tokiwakinoshita.com/
新美博允:http://niimi.ararunacolors.com/

(メーカーインフォメーションより)

アーティスト紹介

木下ときわ

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。