サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Another Time: The Hilversum Concert (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

Another Time: The Hilversum Concert (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

  • 発売日:2017/08/25
  • レーベル:Resonance
  • カタログNo.:KKJ1023
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Another Time: The Hilversum Concert (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

Bill Evans (piano)

CDも発売!ビル・エヴァンス世紀の発掘音源!日本語解説付き先行発売されたLPですでに各方面から話題騒然!モントルーから一週間、スタジオ録音『サム・アザー・タイム』から2日...

もっと見る

Another Time: The Hilversum Concert (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

2,600(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. You're Gonna Hear from Me (4:30)
  2. Very Early (5:14)
  3. Who Can I Turn To? (5:36)
  4. Alfie (5:29)
  5. Embraceable You (5:05)
  6. Emily (4:22)
  7. Nardis (8:34)
  8. Turn Out the Stars (4:53)
  9. Five (2:26)

その他のバージョン

CD Another Time: The Hilversum Concert INT輸入盤 発売日 : 2017/08/25 1~3日

商品説明

CDも発売!
ビル・エヴァンス世紀の発掘音源!
日本語解説付き


先行発売されたLPですでに各方面から話題騒然!
モントルーから一週間、スタジオ録音『サム・アザー・タイム』から2日後、3人が集った3つ目の音源にして、圧倒的な深化を見せた最高の記録!
『Some Other Time』、 否『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』を愛聴する全てのファン必聴の音源!

ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットによるトリオの3つ目の音源にして、最高の演奏の記録! 驚くべき音源が、またもResonanceの手によって発掘され、陽の目を見ます。
 エヴァンス、ゴメス、ディジョネットによるトリオは活動期間がわずか6ヶ月。昨年(2016年)初頭までは、このトリオの音源は『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』のみと言われていたところに、まさかのスタジオ録音の存在が明らかになり『Some Other Time』として作品化。文字通り、歴史の一頁が書きかえられましたが、実にその2日後の記録が発見され、歴史の一頁を新たに明らかにします。
 1968年6月22日オランダのヒルフェルスムで行われたコンサートの音源。これはNetherlands Radio Unionのもので、音質もリアルにして最高! しかし、なにより、この日のトリオの演奏が興味をそそってやみません。モントルーの舞台をふみ、パワフルな演奏を見せた3人は、その後MPSのスタジオへ。そのスタジオでの集中した時間がトリオのなにかを変えたのか、この日の調子がよかったのかは、全ツアー音源を聴かないと判明しませんが、ビル・エヴァンスの美しさはもちろんのこと、この日のトリオのインプロヴィゼーションの「様」には、その前とは明らかに違うダイナミズムがあるのです。もちろん、一期一会のライヴには、スタジオ録音とは違った演奏が存在するもの。しかし、ここに記録された音源は、スタジオ録音とライヴという違いを越えたトリオの変化とも思えます。
 特に、ジャック・ディジョネットの演奏は、ピアノの美しさに寄り添いつつ、しなやかなシンバル・ワークあり、ブラッシによる繊細さを保ちつつトリオをプッシュする場面あり、バンドを鼓舞するパワフルなドラミングあり。クライマックスとも言える「Nardi s」を聴けば、ディジョネットがこのバンドの中で、より自由を獲得し、かつ、バンドを別の次元に引き上げている様子も伺えます。
 もちろん、至高のエヴァンス・サウンドは絶品!『Some Other Time』でも聴かれた「Very Early」の他、バート・バカラックの名曲「Alfie」や、「Emily」といったバラード曲も最高の魅力。ビル・エヴァンスのこれぞエヴァンス! という詩的な演奏の素晴らしさは言うまでもありません。
 ところで、『Some Other Time』の解説書に掲載されたゴメス、ディジョネットの言葉によれば、「この後のロンドン、ロニー・スコッツでのライヴがとにかく素晴らしかった」とあり、今回もディジョネットがその時を振り返りますが、ディジョネットはこのヒルフェルスムの音源を聴いて相当な驚きを覚えた様子がライナーを読むと伺えます。というのも、ディジョネット自身、「集中力もみなぎるこの演奏が捕らえられていたことがうれしく、ほとんど忘れ去られようとしたこの音源がリリースされるなんて、本当に素晴らしい」と語り、スタジオ録音時のインタビューとは明らかに違う熱のこもった様子も見せるのです。
 そののち、マイルス・デイヴィスがディジョネットのセンスを確信。バンドに引き連れていってしまった結果、このトリオは6ヶ月という短命になるものの、それも、このトリオが素晴らしい演奏をしていたことを証明する歴史的事実。ロニー・スコッツでの音源がさらに、発掘されないか・・・などというのは夢のまた夢かも知れませんが、本作は、見果てぬ大きな夢と妄想をも抱かせてやまない歴史的音源の作品化と言えます。
 『Some Other Time』のみならず、『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』を愛聴する全てのファンの方、正に必聴の一作です! 数々の写真と証言を収めた豪華解説書付(欧文)。(輸入元情報)

メンバー:
Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Jack DeJohnette(ds)

Recorded Live at the Netherlands Radio Union (NRU) VARA Studio 8 in Hilversum on June 22, 1968

■ 36ページの英文ブックレット
■ 別冊日本語ブックレット(36ページ)
■ 児山紀芳氏書き下ろしライナーノーツ掲載
■ 英文完全翻訳掲載
■ 解説書内容:ゼヴ・フェルドマン(Resonance Recordプロデューサー)、マーク・マイヤーズ(ジャズ評論家)、エディ・ゴメス/インタビュー、ジャック・ディジョネット/インタビュー、スティーヴ・キューン/インタビュー他、録音当時の背景を明かす貴重証言を収録

アーティスト紹介

Bill Evans (piano)

William John Evans こと Bill Evansは、大恐慌が勃発した1929年8月16日、ニュージャージー州、プレインフィールドに生まれている。長じてビルは奨学金で南ルイジアナ大学に入学している。 William John Evans こと Bill Evansは、大恐慌が勃発した1929年8月16日、ニュージャージー州、プレインフィールドに生まれている。長じてビルは奨学金で南ルイジアナ大学に入学している。

 ジャズ・ピアノに一大センセイションを巻き起こすビルの初期の「プラクティス・レコーデョング」は、近年、エヴァンス・オーガナイゼイションによって、『Practice Tape No. 1』『 Homecoming - Live At Southeastern Louisiana University 』としてCD化された。

 Herbie Fields とのツアーでプロ生活を本格化させたビルは、残念ながらすぐにシカゴ周辺に徴兵され、除隊後、1954年、やっとジャズのメッカ、ニューヨークにたどり着いている。Tony Scottに見出されたエヴァンスは、次いでGeorge Russellという大きなバックボーンを得て、人脈的にも音楽理論的にも飛躍を遂げていく。

 1956年、初期の“早すぎたリーダー作”『New Jazz Conception』を録音する。ビバップ・イディオムが横溢するこの作品は、「Pre-Evans」時代の作品といえる。

 1958年春、エヴァンスにとって決定的な役割を果たすMiles Davisのグループに加入、モーダルな演奏を聞かせたジャズ史上不滅の金字塔『Kind Of Blue』の録音に参加。時を前後してEvannsは自己のトリオによる音楽表現に向かって出発、Scott LaFaroとPaul Motianと共に史上稀に見る「三相交流型ピアノ・トリオ」を完成。Bud Powell以来のピアノ・トリオのコンセプトを一新させる。『Extrapolation』における透明感溢れる音の塊、一連の「Vanguard Session」でライヴでの究極の完成度の高さを示し、「時代」の最前線に躍り出たとたん、神はエヴァンスからラファロを奪っていった。

 しばらくの低迷が続くが、Eddie Gomez、Jack Dejehneteで望んだスイス・レマン湖ほとりでの『Live At Montreaux Jazz Festival』は、録音の素晴らしさもあって、エヴァンスの第二期黄金時代の幕開けを告げた作品だった。

 Marty Morellという、やや小粒なドラムを迎えて、二等辺三角形的なピアノ・トリオを完成。エヴァンスは12音階法を含めた高度な作曲を駆使した、新時代のピアノ・トリオを築いていった。

 そして、Marc Johnsonとの出会いによって、ラファロの死後、本当の意味でのハイテンションな地平を捨てていたかのようだったエヴァンスは、最後の瞬間に向かって自らの命を削りながら最後で最高のの黄金時代を迎える。この時期のピークのひとつを伝えるのが、『Paris Concert-Edition 1 & 2』だ。

 70年代後半、エヴァンスは盛んに欧州樂旅を行っており、さまざまな演奏記録が後年作品化された。ベストではないが最後期の演奏が『Consecration - The Final Recordings Part 2 Live At Keystone Corner 』として聴くことが出来る。

ピアニストとしてのビル・エヴァンスの影響は、すべての国に及んでおり、Keith Jarrett出現までの全ジャズピアノにとって多かれ少なかれエヴァンスの影響を排除することは不可能だった。

 ベース=ドラムスとの三相交流における自由さ、小節毎にベースの音のキープを振り替えていくような一体化した行き方は、それまでのいわゆる「ベース=基本の音」という概念と「ドラム=リズムキープ」という役割を脱した演奏形態を確立した。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。