サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Modern Lore (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

Modern Lore (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

  • 発売日:2018/01/25
  • レーベル:Mack Avenue
  • カタログNo.:KKE074
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD

CD

Modern Lore (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

Julian Lage

当代屈指の才能、ジュリアン・ラージ最新作!『アークライト』と同メンバー&プロデューサーでのタッグ再び!ロック、カントリー、フォーク、ジャズ・・ギターをリード・ヴォイスに、...

もっと見る

Modern Lore (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

税込 2,547 23pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. The Ramble (3:56)
  2. Atlantic Limited (3:51)
  3. General Thunder (5:25 )
  4. Roger The Dodger (4:12)
  5. Wordsmith (4:01)
  6. Splendor Riot (3:56)
  7. Revelry (3:31)
  8. Look Book (3:01)
  9. Whatever You Say, Henry (4:11)
  10. Earth Science (2:15)
  11. Pantheon (4:18)

その他のバージョン

CD Modern Lore US輸入盤 発売日 : 2018/01/25 1~3日

商品説明

当代屈指の才能、ジュリアン・ラージ最新作!
『アークライト』と同メンバー&プロデューサーでのタッグ再び!
ロック、カントリー、フォーク、ジャズ・・
ギターをリード・ヴォイスに、アメリカのスピリッツを自在に盛り込んだ一作
日本語解説付き


待望! ジュリアン・ラージの最新作品がいよいよ登場です!
 4歳で父親にギターを与えられ、8歳でドキュメンタリー映画に出演。ゲイリー・バートンに抜擢されてジャズ界でさらに広く知られるところとなりましたが、今や、ジャズという範疇に留まらず、時代を代表する最高峰のギタリストといえましょう。本2017年は、自己のトリオに加えて、パンチ・ブラザーズのクリス・エルドリッジとのデュオでも再来日。マイク1本を前に、精妙かつ芳醇な音楽空間をアコースティック・ギター2本で見せてくれた演奏は、凄まじいテクニックを繰り出しながら、超然として、正に圧巻。また、この秋にはコリングス・ギターから、ジュリアン・ラージのシグネチャー・モデルも発売されたというニュースも飛び込んできました。
 そして本作は、『アークライト』の路線をつきつめる注目作!!
 プロデューサーには再びジェシー・ハリスを迎え、リズム・セクションも、憧れのジム・ホールのバンドで出会ったスコット・コリーとケニー・ウォルセンという不動のトリオ。『アークライト』制作にあたってジュリアンは、バップ以前の楽曲にフォーカスし、ジャズ、フォーク、カントリー・ミュージックといった音楽を包括するようなアメリカン・クラシック的な音楽を聴かせてくれましたが、本作も基本的に同路線。しかし、今回は全曲オリジナル・ナンバーで固め、エレクトリック・ギターをリード・ヴォイスにして新しい世界を切り拓いています。
 ジュリアン自身曰く「本作モダン・ロアでは、オリジナル曲を通して、進化したサウンドになった。これらの曲は、最初の一小節でサウンドの基調を打ち出してしまうようなリトル・リチャードやボ・ディドリーといったアーティストの、初期のロックンロール的なイメージにより強く沿って、描きだした。バンドのサウンドはグルーヴしていて、ギターもよりダイナミックになって爆発している!」とのことですが、その自身の言葉通り、アルバムはオープニングから、アップテンポで、勢いにあふれたカラフルなサウンド。ロックンロールのスピリットも満載しつつ、最高にキャッチーで、カッティングエッジなフィーリングも感じさせます。しかし、そうしたロックなスピリッツや、現代性の中に、様々な要素が混じり合っているのが、ジュリアンの演奏。アメリカの中西部の平原を感じさせるようなカントリー・ムードあり、スペイシーなハーモニーにパット・メセニーやビル・フリゼールあたりの音風景を想起させるナンバーあり、ビートルズ的なセンチメンタルなメロディあり、そうかと思えば、尊敬しているミュージシャンとしてその名をあげるオーネット・コールマンのハーモロディック的な演奏までをも自在に織り込む展開! しかし、それだけの要素がありつつ、一人のアーティストのサウンドとして昇華させているのがジュリアンの才能。ジュリアン自身、「このバンドのサウンドは、万華鏡のよう。でも、メロディは、自分が、実際に歌いやすいメロディを書いた」といっていますが、様々な影響を受けながら、それが自分のものとなっているからこその音楽で、この作品の世界といえそうです。
 正に、21世紀を代表するアーティスト! 華々しくデビューを飾り、スケール・アップを続けるジュリアン・ラージから、目を離せそうにありません!!(輸入元情報)

メンバー:
Julian Lage(g), Scott Colley(b), Kenny Wollesen(ds, vib)
Producer: Jesse Harris

日本語帯、解説付

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。