サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

【HB施策】ティザー『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

Kings Among Scotland

  • 発売日:2018/04/27
  • レーベル:Ward Records
  • カタログNo.:GQBS90355
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:DVD
  • 国内送料無料

DVD

Kings Among Scotland【DVD】 2枚組

Anthrax

※こちらの商品は通常盤ライヴDVD+ドキュメンタリーDVDです。この他、【初回限定盤ライヴDVD+ドキュメンタリーDVD+2枚組ライヴCD】【通常盤ライヴCD2枚組】も同...

もっと見る

Kings Among Scotland【DVD】 2枚組

税込 6,050 55pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. イントロ
  2. A.I.R.
  3. マッドハウス
  4. イーヴル・ツイン
  5. メドゥーサ
  6. ブロッド・イーグル・ウィングス
  7. ファイト・エム・ティル・ユー・キャント
  8. ビー・オール, エンド・オール
  9. ブリージング・ライトニング
  10. アマング・ザ・リヴィング
  11. コウト・イン・ア・モッシュ
  12. ワン・ワールド
  13. アイ・アム・ザ・ロー
  14. ア・スケルトン・イン・ザ・クローゼット
  15. N.F.L.
  16. A.D.I. / ホラー・オブ・イット・オール
  17. インディアンズ
  18. イミテーション・オブ・ライフ
  19. アンティソーシャル
ディスク2
  1. “オン・ザ・ロード” ドキュメンタリー
  2. ”アンスラックス・ギア” ドキュメンタリー

その他のバージョン

DVD Kings Among Scotland (+cd)(Ltd) 国内盤 発売日 : 2018/04/27 1~3日
DVD Kings Among Scotland US輸入盤 発売日 : 2018/04/27 1~3日

商品説明

※こちらの商品は通常盤ライヴDVD+ドキュメンタリーDVDです。

この他、【初回限定盤ライヴDVD+ドキュメンタリーDVD+2枚組ライヴCD】【通常盤ライヴCD2枚組】も同時発売されます。

『キングス・アマング・スコットランド』はANTHRAXによる最新ライヴDVD作品だ。2016年発表の通算11枚目のアルバム『フォー・オール・キングス』に伴うツアー中、いつも熱狂的な反応が返ってくる英国スコットランドはグラスゴーにある会場『Barrowland Ballroom』での撮影と録音を実施、新たなライヴ作品を制作することになった。

 当日のライヴは二部構成で行なわれ、第一部ではファン投票によって選ばれた「マッドハウス」「ビー・オール, エンド・オール」「A.I.R.」「メドゥーサ」という初期の人気曲や「ブリージング・ライトニング」「ブラッド・イーグル・ウィングス」「イーヴル・ツイン」等の新曲を演奏、第二部ではバンドにとっての出世作である3rdアルバム「アマング・ザ・リヴィング」を最初から最後まで演奏するという趣向を披露、その試みは世界中のメタルヘッドから大いに注目された。

 当日は17台ものカメラを駆使して撮影を敢行、多種多様なアングルから彼らはライヴ・パフォーマンスが堪能出来る他、各メンバーとのインタビューやオフ・ステージの映像等も収録、ANTHRAXのオン・ザ・ロードの様子があらゆる視点から窺えるという内容となっている。なお、アートワークは彼らの敬愛するKISSの1976年発表アルバムである『ロック・アンド・ロール・オーヴァー』をモチーフにしたものとなっており、彼らの創造面に息づく遊び心を今なお示し出すものと言えるだろう。

 2018年の年明け1月末から3月初旬にかけて、アンスラックスはKILLSWITCH ENGAGEをサポートに迎えた北米巡業『THE KILLTHRAX TOUR』に出ていたが、5月からは、バンドとしての引退を表明したSLAYERにとっての最後のワールド・ツアーの一環である北米ツアー第一部に、LAMB OF GOD、BEHEMOTH、TESTAMENTらと共に参加することが決まっている。2018年もアンスラックスが耳目を集め続けることは確実である。

(レーベルインフォメーションより)

アーティスト紹介

Anthrax

アンスラックスはニューヨーク拠点とするヘヴィ・メタル・バンド。1984年にアルバム「FISTFUL OF METAL」でデビューを果たし、彼らと同時期に登場した西海岸出身のメタリカやスレイヤーやメガデスらと共に、“スラッシュ・メタル”あるいは“スピード・メタル”と呼ばれる新たなスタイルの確立に貢献した。

アンスラックスはニューヨーク拠点とするヘヴィ・メタル・バンド。1984年にアルバム「FISTFUL OF METAL」でデビューを果たし、彼らと同時期に登場した西海岸出身のメタリカやスレイヤーやメガデスらと共に、80年代半ばから後期にかけて、従来のヘヴィ・メタルよりも更に過激で攻撃的な音楽を標榜する“スラッシュ・メタル”あるいは“スピード・メタル”と呼ばれる新たなスタイルの確立に貢献した。

 

1985年発表のセカンド・アルバム「Spreading the Disease」制作時、ジョーイ・ベラドナがリード・シンガーとして加入、そこでジョーイ以下、スコット・イアン(リズム・ギター)、ダン・スピッツ(リード・ギター)、フランク・べロ(ベース)、チャーリー・ベナンテ(ドラムス)という黄金時代のラインナップが揃った。以後、「AMONG THE LIVING」(1987年)、「STATE OF EUPHORIA」(1988年)、「PERSISTENCE OF TIME」(1990年)といったアルバムをコンスタントに発表、更には世界を股にかける精力的なツアー活動も功を奏し、前述のメタリカ、スレイヤー、メガデスらと共にアメリカのヘヴィ・メタル・シーンを代表するバンドの1つとして君臨するようになった。

 

ところが1992年、音楽性やバンド活動に対するスタンスの相違を理由にジョーイを解雇、バンドの今後の動向に注目が集まったが、かつてメタリカからも加入要請をされたことのあるアーマード・セイントのジョン・ブッシュを新しいシンガーとして迎え入れてバンドの態勢を立て直した。ジョンを擁するアンスラックスは、「SOUND OF WHITE NOISE」(1993年)、「STOMP 442」(1995年)、「VOLUME 8 – THE THREAT IS REAL」(1998年)、「WE’VE COME FOR YOU ALL」(2003年)、「THE GREATER OF TWO EVILS」(2004年/初期楽曲の再録音アルバム)といった作品をリリース。ダン・スピッツが1995年に脱退して以降、ポール・クルック、ロブ・カッジアーノらがリード・ギタリストを務めていたが、バンド・サウンドは依然として強靭さを保ったままだった。

 

そして2005年。バンドにとっての出世作とも呼べる「AMONG THE LIVING」全曲をライヴで再現する特別企画のアイディアが持ち上がり、アンスラックスは同作発表当時の5人、ジョーイ、スコット、ダン、フランク、チャーリーというクラシック・ラインナップでツアーを行なった。その編成でアルバム制作を行なうのか否かにも注目が寄せられたが、当時のジョーイにはそのつもりはなく、またダンも時計作りの職人として成功を収めていたこともあり、そのツアーが終わると早々とバンドから離れたのだった。

 

2007年、アンスラックスは新しいシンガーとしてダン・ネルソンを迎え、またロブ・カッジアーノを復帰させてツアーを再開、同時にアルバム制作の準備にも取り掛かったが、ダンとは上手くいかないことが判り2009年に彼を解雇、バンドにはジョン・ブッシュが再び加わり、ジョンを擁する編成で新作のレコーディングを行なうものと目されるようになった。

 

ところが、メタリカ、スレイヤー、メガデス。アンスラックスというTHE BIG 4による初の合同ツアーを開催されることが明らかになると、ナレーターや声優といった音楽以外の仕事で成功を収めていたジョン・ブッシュがフルタイムでバンドに関われないことを理由にアンスラックスからの再離脱を表明、2010年にジョーイ・ベラドナがバンドへの二度目の復帰を果たしたのだった。THE BIG 4による初の合同ツアーは大成功を収め、2010年6月のブルガリア・ソフィア公演の模様はDVD/Blu-ray『THE BIG FOUR : LIVE FROM SOFIA, BULGARIA』として同年10月にリリースされた。そしてジョーイがバンドにそのまま留まることも決定、2007年より棚上げ状態にあったニュー・アルバムのヴォーカルの録音もジョーイが行なうことも決まり、2011年9月には前作「WE’VE COME FOR YOU ALL」から実に8年振りとなるオリジナル・スタジオ・アルバム「WORSHIP MUSIC」をリリースした。

 

「WORSHIP MUSIC」でのツアーは各地で好評を博したが、2013年にロブが脱退を表明(彼は後にデンマークのヘヴィ・メタル・バンド、ヴォルビートに加入)、バンドにはマサチューセッツのヘヴィ・メタル・バンド、シャドウズ・フォールに籍を置くジョナサン・ドネイズが新たにリード・ギタリストとして加わった。2015年10月、彼らは『LOUD PARK』に出演するために久々に来日したが、それはジョナサンを擁する編成としては初めての来日だった。

その『LOUD PARK』出演時、アルバム制作は既に佳境を迎えており、日本からアメリカに戻った彼らはすぐさま最終調整に入った。そして完成したのが前作「WORSHIP MUSIC」から4年半振りとなる、通算では11枚目のオリジナル・アルバム「フォー・オール・キングス」だ。本作のリリースに合わせて彼らはツアー開始を発表、第一弾はアイアン・メイデンによる『THE BOOK OF WORLD TOUR』南米ツアーに同行することが既に決定している。

 

メンバー:
スコット・イアン(リズム・ギター/バッキング・ヴォーカル)
チャーリー・ベナンテ(ドラムス)
フランク・ベロ(ベース/バッキング・ヴォーカル)
ジョーイ・ベラドナ(ヴォーカル)
ジョナサン・ドネイズ(リード・ギター/バッキング・ヴォーカル)

 

(メーカーインフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

ロック ランキング

ロックのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。