サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Tokyo 1975 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

Tokyo 1975 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

  • 発売日:2018/07/05
  • レーベル:Elemental
  • カタログNo.:KKJ1028
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD

CD

Tokyo 1975 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

Dexter Gordon

日本語解説付きデンマークSteeple Chaseに数々の作品もリリースしていた75年デクスター・ゴードン初来日公演の作品化。これぞデクスターといった歌ものフレーズもまじ...

もっと見る

Tokyo 1975 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

税込 2,648 24pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Fried Bananas (Dexter Gordon)
  2. Days of Wine and Roses (Henry Mancini-Johnny Mercer)
  3. Misty (Erroll Ganer-Johnny Burke)
  4. Jelly, Jelly, Jelly (Billy Eckstine-Earl Hines)
  5. Rhythm-a-Ning* (Thelonious Monk)
  6. Old Folks* (Dedette Lee Hill-Willard Robison)

その他のバージョン

CD Tokyo 1975 EUR輸入盤 発売日 : 2018/07/05 1~3日

商品説明

日本語解説付き
デンマークSteeple Chaseに数々の作品もリリースしていた75年
デクスター・ゴードン初来日公演の作品化。
これぞデクスターといった歌ものフレーズもまじえたソロも絶好調!
ケニー・ドリュー、ペデルセンの演奏も聴きもの!!


デクスター・ゴードンは、亡くなるまでに3度しか来日を果たせませんでした。82年8月に開催されたオーレックス・ジャズ・フェスティヴァルにジャム・セッションの一員として単身やってきたのが最後、その前は81年3月で、カーク・ライトシー、デイヴィッド・ユーバンクス、エディ・グラッデンというリズム・セクションを率いての単独公演でした。
 そして、デックス最初の来日は、デンマークを拠点にSteepl e Chaseなどへ盛んにレコーディングをしていた1975年のこと。同じくヨーロッパで活躍していたケニー・ドリュー(p)とアルバート・ヒース(ds)、デンマークの鬼才ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン(b)を加えたトリオとの来日で、ケニー・ドリューもこの時が初来日とあって、かなりの盛り上がりを見せたツアーとなりました。
 全員が充実しきった演奏を繰り広げ、ジャズ・エグザイルたちの凄さを見せつけてくれましたが、1970年の万博にヨーロッパ・オール・スターズのメンバーとしてやってきたのに続く2度目の来日となったペデルセンの超絶ベースも聴衆の度肝を抜きました。ここに収録されているのは10月1日の郵便貯金ホールでの演奏4曲ですが、絶好調の4人のパフォーマンスは圧巻。他の日のステージも是非発掘してほしいものです。
 なお、ボーナス・トラックとして、73年と77年の演奏が1曲ずつ収められていますが、73年のほうにはドリューとペデルセンが加わっている一方、77年の1曲は、ヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ録音『Homecoming』(CBS)と同じリズム隊(ロニー・マシューズ、スタフォード・ジェイムズ、ルイス・ヘイズ)を率いての演奏となっています。

【ライナーノーツは、マイケル・カスクーナとマキシン・ゴードンが執筆!!】
「今、私達はここにデクスターを聞くにつけ、彼のユーモア、彼の輝き、そして彼の作曲作品の裏にある真剣な思いに気づかされます。デクスターはいつも可能な限り最高のテナー奏者であろうと奮闘しました。そして彼はジャズミュージシャンである事を愛していました。これらの素晴らしい貴重な宝を発見し、それを我々に与えて頂いたエレメンタルに我々の感謝の気持ちを表します。」~MAXINE GORDON マキシン・ゴードン ライナーノーツから抜粋(輸入元情報)

メンバー:
Dexter Gordon(ts), Kenny Drew(p), Niels-Henning Orsted Pedersen(b), Albert “Tootie” Heath(ds)
Recorded At Yubinchokin Hall, Tokyo, Japan, October 1, 1975.

*Bonus Tracks:
5: Dexter Gordon(ts), Kenny Drew(p), Niels-Henning Orsted Pedersen(b), Espen Rud(d).
De Boerenhofstee, Laren, July 18, 1973.

6: Dexter Gordon(ts), Ronnie Matthews(p), Stafford James(b), Louis Hayes(d).
New Haven, May 5, 1977.

(日本語帯解説書付)
英文解説完全翻訳ブックレット

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。