サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Tokyo '81 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

Tokyo '81 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)

  • 発売日:2018/07/05
  • レーベル:Elemental
  • カタログNo.:KKJ1029
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD

CD

Tokyo '81 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

Woody Shaw

日本語解説付きウディ・ショウ、自身のグループでの2度目の来日公演を作品化!3月に『United』(CBS) を同メンバーで録音、翌年1月のenja 盤『Lotus Flo...

もっと見る

Tokyo '81 (帯・解説付き国内盤仕様輸入盤)【CD】

税込 2,648 24pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Rosewood (Woody Shaw)
  2. ‘Round Midnight (Thelonious Monk)
  3. Apex (Mulgrew Miller)
  4. From Moment To Moment (Woody Shaw)
  5. Song Of Songs (Woody Shaw)
  6. Theme For Maxine (Woody Shaw)
  7. Sweet Love Of Mine* (Woody Shaw)

その他のバージョン

CD Tokyo '81 EUR輸入盤 発売日 : 2018/07/05 1~3日

商品説明

日本語解説付き
ウディ・ショウ、自身のグループでの2度目の来日公演を作品化!
3月に『United』(CBS) を同メンバーで録音、翌年1月のenja 盤『Lotus Flower』との間を埋める録音
ウディ・ショウのMCも収録! 当時の雰囲気もパッケージ化


ウディ・ショウの来日は6度に及んでいますが、そのうちの3回はブルーノート・マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァルなどでアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに加わったりしての来日で、自己のグループでやってきたのは初来日だった80年12月と81年11月、そして82年11月の3度。最初だけドラムがヴィクター・ルイスで、2度目以降はトニー・リーダスが加わっていましたが、その他はスティーヴ・ターレ(tb)、マルグリュー・ミラー(p)、スタッフォード・ジェイムズ(b)がすべての来日公演に付き合っています。
 今回リリースされたのは2度目の来日中、81年12月7日の東京公演での演奏6曲。この年は、3月に『United』(CBS)を同じメンバーで録音しており、この来日公演は、それと翌年1月のenja盤『Lotus Flower』(これも同じ顔触れ)との間を埋める録音ということになりますが、“Apex”、“From Moment to Moment”の2曲は、これまで聴けた録音よりもここでの演奏のほうが古く、これら2曲がこの来日時点ですでにクインテットのレパートリーとなっていたことがわかります。また、ショウ自身のMCもたっぷりと入っており、会場の雰囲気を思い出させてくれます。
 ボーナス・トラックはショーの書いた名曲“Sweet Love Of Mine”ですが、これは、ショウも加わっていたパリス・リユニオン・バンドによる85年のオランダでの14分にも及ぶ演奏で、作曲者のショウ(カデンツァも最高!)はもちろん、ジョニー・グリフィンやケニー・ドゥルーなどのソロも聴くことができます。

【ライナーノーツは、マイケル・カスクーナとウディ・ショウ三世が執筆!!】
「多くの偉大なバンドがそうであるように、このクインテットも運命づけられていたかのように集まったメンバーで作られた。ショウとトゥーレの融合と息の合い方、そしてミラー、ジェイムズ、リーダスの正確な連携は、驚くべき独自の音のアンサンブルを作り出してくれた。1989年5月10日にウディは44歳で早逝し、新たに見つかったこれらの録音は、彼の素晴らしい遺産に計りしれない価値を追加してくれた。」~MICHAEL CUSCUNA マイケル カスクーナ~2018年年筆 / ライナーノーツから抜粋(輸入元情報)

メンバー:
Woody Shaw (tp, flh), Steve Turre(tb, perc), Mulgrew Miller(p), Stafford James(b), Tony Reedus(ds)
Live In Tokyo, Japan, December 7, 1981.

* Bonus Track:
The Paris Reunion Band: Recorded Live In Den Haag, July 14, 1985.

(日本語帯解説書付)
英文解説完全翻訳ブックレット

アーティスト紹介

Woody Shaw

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

モダンジャズ ランキング

モダンジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。