サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0123-26)

旅立ちの朝

  • 発売日:2018/06/20
  • レーベル:リスペクト レコード
  • カタログNo.:RES308
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD

CD

旅立ちの朝【CD】

Boulevard Des Airs

ZAZも絶賛したフランスでNO.1のライブバンド、待望の日本デビューアルバムをリリース!21世紀のエディット・ピアフことZAZがゲスト・ヴォーカルとして参加!(4曲目)■...

もっと見る

旅立ちの朝【CD】

税込 2,860 26pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Si je m'endors mon amour (Intro) もし俺が眠ってしまったら、愛する人よ…(イントロ)
  2. Si je m'endors mon amour もし俺が眠ってしまったら、愛する人よ…
  3. Emmene-moi 俺を連れて行っておくれ
  4. Demain de bon matin (feat. ZAZ) 旅立ちの朝(ゲストヴォーカル:ZAZ)
  5. Tu danses et puis tout va 踊れ、それで大丈夫
  6. J'nous imagine 車中の思い
  7. Ce gamin la あの子
  8. On se regarde 見つめ合う俺たち
  9. Bruxelles ブリュッセル
  10. Mentira 嘘
  11. Je resterai 八方塞がり
  12. Laisser faire 成り行きまかせ
  13. Quiero sonar (feat. Pulpul de SKA-P) 夢見る権利
  14. Demain de bon matin (Live) 旅立ちの朝(ライブ・ヴァージョン)
  15. Bruxelles (Acoustic Session) ブリュッセル(アコースティック・セッション)
  16. Cielo Ciego 無常の空
  17. Je me dis que toi aussi 同じ空の下

商品説明

ZAZも絶賛したフランスでNO.1のライブバンド、待望の日本デビューアルバムをリリース!

21世紀のエディット・ピアフことZAZがゲスト・ヴォーカルとして参加!(4曲目)
■フランスのグラミー賞に当たる「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジック」でベスト・ライヴ・アクト賞を受賞!
■日本デビュー作でもある本アルバムはフランスでダブル・プラチナに輝く大ヒットを記録!
■ZAZ、ヴィアネなど多くのアーティストがリスペクトしています。

フランス本国ではサード・アルバムとなるこの日本デビューアルバムは2015年6月にリリースされると、瞬く間に20万枚を越える売り上げを記録し、ダブル・プラチナに輝きました。
ブールヴァール・デ・ゼール(以下BDA)のアルバムは全て、メンバーの出身地ピレネー山脈のオート・ピレネー県タルブでレコーディングされており、アルバムのプロデュース、エンジニアリングから作詞、作曲そして全ての演奏に至るまで、バンドのメンバーのみで行っています。
彼らが一貫して歌うのは旅への憧れであり、また現状に甘んじない決意であり、そしてそれは時にとても個人的な感情の発露であります。
「私が個人的な感情を語るのは、グループを作ることを決して望まないからです。グループを作ってしまうと、多様な個人の考えや思いが時に一緒くたになってしまうし、ただ一つの声しか語ることが許されない事態も起こるからです」(リード・ヴォーカルのシルヴァン・デュトュ)メンバーの個人的な思いから発せられた言葉はしかし大きな共感を呼び、2015年から2017年に渡ってフランスのみならず、スペインやベルギー、そしてニューカレドニアに至るまで100箇所
を超えるツアーを行い、フランスでNo.1のライブバンドとしての評価を得、人気は大ブレイクしました。
本アルバムも4曲目の旅への憧れ、9曲目の切ないラヴ・ソングなどメンバー個人の感情が吐露された楽曲で構成されていますが、そこにBDAが作り出す音
楽性が加味される事により、大きな普遍性を獲得し、一度聴いたら忘れられない大変魅力的な楽曲に仕上がっています。

・日本独自盤
・歌詞・対訳、解説付き
・ボーナストラック4曲収録


(メーカーインフォメーションより)

アーティスト紹介

Boulevard Des Airs

オート・ピレネー県の県庁所在地タルブのマリー・キュリー高校の同級生のバンドからスタートした。メンバーはフローランとジャン=ノエルのダスク兄弟と、シルヴァン・デュテュとローラン・グルニエの4人で2004年にグループを結成した。

オート・ピレネー県の県庁所在地タルブのマリー・キュリー高校の同級生のバンドからスタートした。メンバーはフローランとジャン=ノエルのダスク兄弟と、シルヴァン・デュテュとローラン・グルニエの4人で2004年にグループを結成した。

エネルギッシュなステージは結成当初から評判を呼び、2010年にはオランピア劇場でのコンサートを成功させる。2011年にリリースされたファースト・アルバムは、リリース後すぐにゴールド・ディスクを獲得し、フランスのグラミー賞「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジック」の「ベスト・ライブ・アクト」賞を受賞する。

その後2013年リリースのセカンドアルバムを経て、サードアルバムリリース時のメンバーは、シルヴァン・デュトュ(ヴォーカル)、フローラン・ダスク(ヴォーカル・ギター)、ジャン=ノエル・ダスク(ギター)、ローラン・グルニエ(ベース)、マニュ・オルセ(トランペット)、ジャン=バプテスト・ラベ(トロンボーン)、ポゼロ・デル・カスティロ・イヴァン“グエヴォ”(ドラム・パーカッション)、ジェレミー・プラント(ピアノ)、メリッサ・ドーヤ(ヴォーカル・サキソフォン)の9名である。

日本デビューアルバムでもある最新作は、ダブル・プラチナに輝く大ヒット作になり、アルバムリリース後2年間で100ケ所を超えるツアーを行った。

バンドとしての表現と創作の自由を守る為、作詞、作曲、アレンジ、プロデュースなど全てをバンドのメンバー自身で行っている。2018年6月には初来日公演を行う。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。