サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

朝倉化学大系 7 有機反応論

朝倉化学大系 7 有機反応論

  • 佐野 博敏(編集顧問)/ 富永 健(編集幹事)/ 徂徠 道夫(ほか編集委員)/ 奥山 格(著)/ 山高 博(著)
  • 1 有機反応機構とその研究
    • 1.1 反応機構
    • 1.2 反応生成物の決定
    • 1.3 立体化学
    • 1.4 同位体標識
    • 1.5 交差実験
    • 1.6 反応中間体
    • 1.7 反応機構研究の展開
  • 2 反応のエネルギーと反応速度
    • 2.1 ポテンシャルエネルギー
    • 2.2 BEPモデル
    • 2.3 平衡と反応速度
    • 2.4 遷移状態理論と反応速度
    • 2.5 活性化パラメーター
    • 2.6 反応速度則
    • 2.7 実際の反応系
    • 2.8 律速段階の変化
  • 3 分子軌道法と分子間相互作用
    • 3.1 分子間相互作用
    • 3.2 分子軌道理論と有機電子論
    • 3.3 軌道相互作用と反応性
    • 3.4 フロンティア分子軌道
    • 3.5 ペリ環状反応の軌道相関
    • 3.6 量子化学計算
  • 4 溶媒効果
    • 4.1 気相反応と溶液反応
    • 4.2 溶媒の分類
    • 4.3 溶液の構造
    • 4.4 溶解のエネルギー
    • 4.5 混合溶媒
    • 4.6 ソルバトクロミズム
    • 4.7 溶媒パラメーター
    • 4.8 溶媒効果と反応機構
    • 4.9 理論的取扱い
  • 5 酸・塩基と求電子種・求核種
    • 5.1 Brønsted酸と塩基
    • 5.2 媒質の酸性度
    • 5.3 Lewis酸と塩基
    • 5.4 求核種と求電子種
    • 5.5 カルボアニオンとカルボカチオン
  • 6 反応速度同位体効果
    • 6.1 同位体効果とは
    • 6.2 同位体効果の理論
    • 6.3 同位体効果の大きさ
    • 6.4 一次同位体効果と二次同位体効果
    • 6.5 反応経路の決定
    • 6.6 遷移状態構造の推定
    • 6.7 溶媒同位体効果
  • 7 置換基効果
    • 7.1 酸解離平衡と反応速度
    • 7.2 電子効果と立体効果
    • 7.3 Hammett則
    • 7.4 置換基定数の多様性
    • 7.5 湯川-都野式
    • 7.6 脂肪族飽和系における置換基効果
    • 7.7 置換基効果と反応機構
  • 8 触媒反応
    • 8.1 特異触媒と一般触媒の区別
    • 8.2 特異酸触媒反応
    • 8.3 一般酸触媒反応
    • 8.4 塩基触媒反応
    • 8.5 特異酸・一般塩基触媒反応
    • 8.6 Brønsted則
    • 8.7 pHと速度の関係
    • 8.8 強酸中における反応
    • 8.9 求核触媒反応
    • 8.10 求電子触媒反応
    • 8.11 多官能性触媒と分子内触媒
  • 9 反応経路と反応機構
    • 9.1 中間体寿命と反応機構
    • 9.2 飽和炭素における求核置換反応
    • 9.3 不飽和炭素における求核置換反応
    • 9.4 脱離反応
  • 10 電子移動と極性反応
    • 10.1 一電子移動
    • 10.2 Marcus理論
    • 10.3 電子移動反応と極性反応
    • 10.4 Marcus理論の水素移動への拡張