サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

目次

国際ビジネス・エコノミクス 新しい研究課題とその方向性

国際ビジネス・エコノミクス 新しい研究課題とその方向性

  • M.カソン(著)/ 江夏 健一(監訳)/ 桑名 義晴(監訳)/ 大東和 武司(監訳)
  • 第1章 多国籍企業のモデル:新しいリサーチ・アジェンダ
    • 1.1 イントロダクション
    • 1.2 新しいリサーチ・アジェンダ
    • 1.3 「黄金時代」の終焉
    • 1.4 変移性と柔軟性の必要性
    • 1.5 国の競争優位の探求
    • 1.6 競争力を保持するための政策
    • 1.7 独占を回避するための柔軟性
    • 1.8 企業の柔軟な境界:ネットワークと合弁事業
    • 1.9 柔軟性と内部組織
    • 1.10 企業の柔軟性と立地の柔軟性の相互作用
    • 1.11 柔軟性と企業特殊的な競争優位
    • 1.12 柔軟性のコスト:信頼をいかに高めるか
    • 1.13 欧米のMNEと「株主資本主義」
    • 1.14 新しい分析手法:その一例
    • 1.15 結論
  • 第2章 海外市場参入戦略の決定:内部化理論の公式的な拡張
    • 2.1 イントロダクション
    • 2.2 理論の歴史的発展
    • 2.3 モデルの公式化
    • 2.4 モデルの解法
    • 2.5 結論に関する議論
    • 2.6 結論と将来の研究へのインプリケーション
  • 第3章 企業の境界:グローバル・システムのパースペクティブ
    • 3.1 イントロダクション
    • 3.2 システム・ワイドなパースペクティブの歴史的背景
    • 3.3 一層の検討
    • 3.4 システム的視点の再考
    • 3.5 モデルの概要
    • 3.6 施設立地とリンケージの地理的配置との関係
    • 3.7 内部化を最適化する:「トライアングル問題」
    • 3.8 トライアングル問題の解決策
    • 3.9 単純化の範囲
    • 3.10 1つの計算例
    • 3.11 適用
    • 3.12 拡張
    • 3.13 結論
  • 第4章 限定された合理性,メタ合理性と国際ビジネス論
    • 4.1 イントロダクション
    • 4.2 限定された合理性:空箱か?
    • 4.3 合理性:厳密な意味は何か?
    • 4.4 メタ合理性
    • 4.5 手続とルーティン
    • 4.6 記憶
    • 4.7 内部コミュニケーション
    • 4.8 外部コミュニケーション
    • 4.9 合理的学習
    • 4.10 要約と結論
  • 第5章 多国籍企業の組織:情報コスト・アプローチ
    • 5.1 イントロダクション
    • 5.2 情報コストと取引コスト
    • 5.3 マーケティングと調達:組織構造への影響
    • 5.4 中間財フローの調整
    • 5.5 市場創造型多国籍企業
    • 5.6 情報経済学の原理
    • 5.7 合成
    • 5.8 決定力:なぜ連鎖的手続に選択価値があるのか
    • 5.9 意思決定手続を改善するために相関関係を活用する
    • 5.10 記憶の経済学
    • 5.11 伝統対革新
    • 5.12 兆候と観察誤差のコントロール
    • 5.13 副産物としての情報
    • 5.14 経路依存性
    • 5.15 分業とコミュニケーション
    • 5.16 コミュニケーション・コストと分権化
    • 5.17 新しい情報技術
    • 5.18 結論
  • 第6章 国際合弁事業
    • 6.1 イントロダクション
    • 6.2 国際合弁事業の類型
    • 6.3 戦略的選択肢
    • 6.4 戦略的選択肢における内部化要因
    • 6.5 グローバル経済におけるイノベーションのダイナミクス
    • 6.6 IJVの選択の公式モデル
    • 6.7 市場規模と変移性の相互作用
    • 6.8 モデルの適用:グローバル経済におけるIJV
    • 6.9 モデルの拡張
    • 6.10 研究結果の一般化
    • 6.11 結論
  • 第7章 国際ビジネスにおけるリアル・オプション
    • 7.1 イントロダクション
    • 7.2 リアル・オプション理論の原則
    • 7.3 リアル・オプションと金融オプションの関係
    • 7.4 分析手法
    • 7.5 実物投資のタイミング:国際ビジネスにおける契約的なオプションの単純な役割
    • 7.6 不確実な需要状況
    • 7.7 投資の規模と修正可能性
    • 7.8 リアル・オプションとしての情報収集への投資
    • 7.9 リアル・オプションとしての国際合弁事業
    • 7.10 国際ハブへの投資
    • 7.11 多国籍企業の生産の柔軟性
    • 7.12 広範なインプリケーション:環境変移,情報収集と柔軟性との関係
    • 7.13 結論
  • 第8章 企業家精神と国際ビジネス・システム:シュンペーター学派とオーストリア学派の展開
    • 8.1 イントロダクション
    • 8.2 国民経済からグローバル経済へ
    • 8.3 シュンペーター学派とオーストリア学派のパースペクティブ
    • 8.4 シュンペーター学派とオーストリア学派の限界
    • 8.5 両学派の相互補完性
    • 8.6 国際ビジネス・システムの進化
    • 8.7 図解分析
    • 8.8 いくつかの「歴史からの教訓」
    • 8.9 これからの研究領域
    • 8.10 結論
  • 第9章 国際ビジネスにおけるネットワーク
    • 9.1 イントロダクション
    • 9.2 ネットワークへの経済的アプローチ
    • 9.3 基礎概念と定義
    • 9.4 情報の質
    • 9.5 ネットワーク関係を設計する感情的メカニズム
    • 9.6 機能上有用な道徳的価値観
    • 9.7 メンバーが重複・兼務するグループ
    • 9.8 企業家精神:変移する環境での判断力のある意思決定
    • 9.9 企業家ネットワークと国際貿易の成長
    • 9.10 ネットワークの結合構造
    • 9.11 高レベルの企業家ネットワークのための場所
  • 第10章 結論:国際ビジネスの研究方法の重点課題
    • 10.1 イントロダクション
    • 10.2 グローバル・システム的視点:要約と再説
    • 10.3 国際ビジネスのモデル構築をめぐる学際的な競争
    • 10.4 ポーターのフレームワーク
    • 10.5 ホワィトリーのグローバル経済に対する「国家特有なビジネス・システム」アプローチ
    • 10.6 結論