サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

日本語史探究法

日本語史探究法 (シリーズ〈日本語探究法〉)

  • 小林 賢次(著)/ 梅林 博人(著)/ 小池 清治(編集)
  • 第1章 「古代語」から「近代語」へは,いつ,どのように変わったのか?
  • 第2章 古代語で9種類あった動詞の活用形式が,現代語ではなぜ,どのようにして5種類になったのか?
  • 第3章 「係り結び」は,現代語ではなぜなくなったのか?
  • 第4章 古代語の推量の助動詞「らむ」,「けむ」,「まし」,「めり」などは,なぜ現代語に残らなかったのか?
  • 第5章 「いとやむごとなき際にはあらぬが…」(『源氏物語』桐壷)の「が」は,接続助詞ではないのか?
  • 第6章 古典(文語)文法の「已然形」は,現代語(口語)文法では,なぜ,どのようにして「仮定形」と呼ばれるようになったのか?
  • 第7章 「知らざあ言って聞かせやしょう」(歌舞伎「白浪五人男」)の「ざあ」とは何か?
  • 第8章 形容詞の否定表現「山高からず」は,どうして現代では「山が高くない」と言うようになったのか?
  • 第9章 「飛び上がらんばかりに(驚いた)」は,飛び上がりそうになったのか?
  • 第10章 頭部をさすことばには,なぜ「あたま」のほかに「かしら」,「こうべ」,「くび」といろいろあるのか?
  • 第11章 芭蕉の「旅」は,現代の「旅」と同じか?
  • 第12章 「真っ赤な噓」は,本当に噓が赤いのか?
  • 第13章 「京都,大阪,そして神戸。そこには全然新しい世界があった。」古語とはいえない身近な表現は,日本語史の探究とは無関係か?
  • 第14章 敬語「おっしゃる」,「いらっしゃる」は,どのようにしてできたことばか?
  • 第15章 デス・マス体は,いつから,どのようにして広まったのか?