サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

薬学のための無機化学

薬学のための無機化学

  • 桜井 弘(編著)
  • はじめに:なぜ無機化学を学ぶのか
  • 第1章 原子と分子
    • 1.1 元素と原子
    • 1.2 周期表
    • 1.3 元素の一般的性質
    • 1.4 化学結合と分子の構造
  • 第2章 生体関連分子の構造と特性
    • 2.1 生体分子の構造と特徴
    • 2.2 酸素分子や活性酸素の構造と特徴
  • 第3章 元素の化学
    • 3.1 元素の種類
    • 3.2 典型元素
    • 3.3 遷移元素
    • 3.4 希土類元素
    • 3.5 貴金属元素
  • 第4章 生体必須元素の摂取と生理作用
    • 4.1 生体必須元素
    • 4.2 生体必須元素の生理作用
    • 4.3 生体必須元素の有毒元素
    • 4.4 生体必須元素の摂取量
  • 第5章 錯体化学
    • 5.1 無機化合物と金属錯体
    • 5.2 配位化合物
    • 5.3 原子価結合理論
    • 5.4 結晶場理論
    • 5.5 分子軌道法
    • 5.6 立体化学
    • 5.7 錯体の安定性(安定度定数)
  • 第6章 生体関連金属錯体
    • 6.1 生体の機能に関連する金属錯体
    • 6.2 金属を含むタンパク質・酵素
    • 6.3 金属を含む医薬品
  • 第7章 水および非水溶液中の無機化合物
    • 7.1 溶液と溶解度
    • 7.2 酸と塩基の定義
    • 7.3 酸と塩基の強さ
  • 第8章 細胞と細胞膜
    • 8.1 非水溶媒と生体
    • 8.2 細胞と細胞膜
  • 第9章 無機化合物の酸化と還元
    • 9.1 酸化と還元
    • 9.2 酸化還元反応の基礎
    • 9.3 酸化還元電位
    • 9.4 生体内の酸化還元
  • 第10章 生体酸化還元系
    • 10.1 生体の酸化還元系
    • 10.2 ミトコンドリアの電子伝達系
    • 10.3 ミクロソームの薬物代謝系
  • 第11章 無機イオンの定性反応
    • 11.1 無機イオン定性反応の意味
    • 11.2 金属イオンの系統的分離
    • 11.3 日本薬局方で用いられている金属イオンの定性反応
  • 第12章 無機化合物の命名法
    • 12.1 化合物の命名
    • 12.2 二元化合物
    • 12.3 三元以上の多元化合物の命名法
    • 12.4 配位化合物(錯体)
  • おわりに:21世紀を担う無機化学